スポンサーリンク



大鐘家のあじさい、裏山のあじさい(静岡県牧之原市)

◆大鐘家の裏山のあじさい

「大鐘家(おおがねけ)のあじさい祭」2019年5月30日から7月7日まで

この地方で最古の民家で18世紀初頭の建造物(母屋と長屋門は国の重要文化財指定)の大鐘家。

あじさい庭園が門前とお裏山の二か所に分かれてあります。

約4000坪の庭に、庭園には35種類約1万2株のあじさいが(敷地は1万坪)。

6月18日に行ったところ、今年は見頃が遅れているようです。

  • 大鐘家のあじさい
  • 時間・拝観料
  • 駐車場
  • イベント

について報告しますね!

スポンサーリンク

大鐘家のあじさい

大鐘家のあじさい、裏山への案内(静岡県牧之原市)

裏山の方がら見て回るとよい、とチケットを購入するときに説明があります。

大鐘家の中を拝見したあと、裏山にあがります。

スポンサーリンク

大鐘家裏山のあじさい

大鐘家のあじさい、裏山(静岡県牧之原市)

足もとは砂利道ですが、平で歩きやすいです。

上り坂をあがっていくと、木漏れ日の中、鮮やかに咲くあじさい。

清楚なあじさいもあります。

大鐘家のあじさい、裏山、道案内もわかりやすい(静岡県牧之原市)

姫あじさい、紅がくあじさい、隅田の花火、斑入りがくあじさい、柏葉あじさい、十二単衣、ブルースカイ、ミセスクミコ、アナベルなど。

大鐘家のあじさい、裏山のあじさい(静岡県牧之原市)

展望台に上ると、富士山と駿河湾が一望できる、ということですが、この日は曇っていてみられませんでした。

大鐘家門前のあじさい

裏山のあじさいを見たあとは、門前のあじさいへ。

大鐘家のあじさい、門前(静岡県牧之原市)

◆大鐘家門前のあじさい園

門前にもあじさい園が広がっています。

大鐘家のあじさい、門前(静岡県牧之原市)

門前の方が日当たりがよいのか、鮮やかなあじさいが多いようです。

西洋あじさい、ガクアジサイなど、遅咲きのあじさい「十二重衣」などは6下旬から見頃に。

回遊路になっていて、ほかの植物、樹木もこんもりと茂っているところです。

門前のあじさい園は平坦な道で散策向きです。

時間・拝観料

見学時間:午前9時から18時

拝観料:大人700円 小人400円

駐車場に車をとめると、入場券購入の受付を案内してくれます。

大鐘家のあじさい・駐車場

大鐘家のあじさい、駐車場(静岡県牧之原市)

駐車場は40台分くらいあるでしょうか。

平日でしたが、案内人の方が案内してくれます。

大鐘家のあじさい見学の人は、駐車場は無料です。

 

スポンサーリンク

大鐘家の建造物と調度品

大鐘家(静岡県牧之原市)

◆大鐘家の母屋

大鐘家の母屋には、貴重な調度品が数々展示されています。

大鐘家(静岡県牧之原市)とあじさい

離れ(農機具倉庫?)とあじさい。

資料館もありますよ。

大鐘家(静岡県牧之原市)の母屋の展示、つるしびなとあじさい◆大鐘家の母屋の展示、つるしびな

見事なつるしびな、全国の三大つるしびなといわれています。

いやースゴイ数、手仕事のち密なこと、女子はみとれますね。

1~5月の限定ではなかったのですね。

「五條博子ガラスとかまぼこ板への絵画展」(藤枝在住)も同時開催されていましたよ。

 

百葉茶のサービス

大鐘家のあじさいで百葉茶(静岡県牧之原市)

「百葉茶」の冷たい飲み物サービスがあります。さっぱりとした飲み心地。

もちろん販売も。

ほかには、山アジサイの販売、お土産品も販売ありました。

お手洗いは駐車場の横のお土産店に。

「アジサイ祭」は7月7日までとなっていますが、実際には期限はあいまい、でした。

駐車場管理の人に聞いたところ、「だいたい7月上旬くらい」とのこと。

今年はあじさいの見頃が遅くなっているので、もう少し先まで見頃かも?とも。

9月からは酔芙蓉、秋は菊花祭も行われるとのこと、素晴らしいお庭でした!

食事処(そば処)があるので昼食(ランチ)に⇒「大鐘家で食事はそば処「門膳」で・ゆとり派のランチに(静岡県牧之原市)

静岡県牧之原市片浜1033 大鐘家




スポンサーリンク