スポンサーリンク



「かんなみ仏の里美術館」道路沿いの看板と施設(静岡県函南町)

静岡県の函南町にある「かんなみ仏の里美術館」に行ってきました。

山間にひっそりとたたずむ美術館で、方形屋根が特徴的。

桑原地区で守ってきた仏像が函南町に寄贈され、それら文化財を保護するために平成21年度から3年かけて建てられています。

解説室では歴史や仏像の特徴などを展示。

仏像の展示は一室のみで、平安時代の「薬師如来像」、鎌倉時代の「阿弥陀三尊像」など二十四体が展示されています。

美術館内は撮影禁止でした。

営業時間や駐車場、展示品についてお話しますね。

2022年はNHK大河ドラマの舞台にもなるようです。

スポンサーリンク

「かんなみ仏の里美術館」営業時間・休館日

  • 営業時間:午前10時から午後4時30分まで
  • 休館日:毎週火曜日、12月29日から1月3日まで

※火曜日が祝日・休日の場合は、直後の平日

「かんなみ仏の里美術館」観覧料

  • 大人(高校生以上)300円
  • 子ども(小中学生)100円
  • 団体(10人以上)、65才以上は100円割引

※JAF会員一名100円割引

駐車場とアクセス

駐車場は施設に隣接、無料、約12台分

車のアクセス

  • 東名沼津ICまたは新東名長泉沼津ICより、伊豆縦貫道「大場・函南IC」経由約25分
  • 下田・修善寺方面から伊豆縦貫道の下の側道より「大場・函南IC」交差点を右折

※伊豆縦貫道「大場・函南IC」は、上り線に降り口がないので注意を。

電車のアクセス

  • JR東海道本線「函南駅」より車で約5分
  • 伊豆箱根鉄道「大場駅」より車で約15分

※路線バスなし。タクシー利用か徒歩で約35分。

スポンサーリンク

「かんなみ仏の里美術館」の仏像について

函南町桑原地区で守られてきた、24体の仏像群が展示されています。

スポンサーリンク

薬師如来坐像

「かんなみ仏の里美術館」の薬師如来坐像(パンフレットより)

◆「かんなみ仏の里美術館」の薬師如来坐像(パンフレットより)

「薬師如来坐像」は平安時代中期のもの。

静岡県指定有形文化財になっている。

薬師如来像は、桑原・小筥根山新光寺という七堂伽藍をもつ大寺が建立された(弘仁8年・817年)この新光寺の本尊であったと伝えられています。

阿弥陀如来及び両脇侍像

「かんなみ仏の里美術館」の阿弥陀如来及両脇侍像(パンフレットより)

◆「かんなみ仏の里美術館」の阿弥陀如来及両脇侍像(パンフレットより)

「阿弥陀如来」と侍像は鎌倉時代、「慶派」の実慶作。

国指定重要文化財になっている。

「阿弥陀三尊像」は、『吾妻鏡』に石橋山合戦で戦死した北条宗時(北条時政の嫡男)の墳墓堂が伊豆国桑原郷にあったことが記されていることなどから、

源頼朝の舅・時政が、戦死した息子の慰霊のために、慶派の仏師・実慶に造像させたと考えられています。

十二神将立像

「かんなみ仏の里美術館」の十二神将立像(パンフレットより)

◆「かんなみ仏の里美術館」の十二神将立像(パンフレットより)

当初は鎌倉時代初期に制作され、修復などで鎌倉初期から江戸初期まで制作年代の異なる像で構成。

静岡県指定有形文化財。

像高1m前後の大型。

本尊の薬師如来像に十二体すべて付随している貴重なもの。

建物の由来と桑原薬師堂

「かんなみ仏の里美術館」(静岡県函南町)の外観入り口付近

◆「かんなみ仏の里美術館」の外観入り口付近

永らく函南町の人々の心の拠りどころだった仏様たちの建物として、地区の象徴、また多くの人が集う建物『堂』として建てられたそうです。

「かんなみ仏の里美術館」(静岡県函南町)道路側から見た施設

◆「かんなみ仏の里美術館」道路側から見た施設

周辺の様子と桑原薬師堂

「かんなみ仏の里美術館」(静岡県函南町)桑原薬師堂方向の風景

◆桑原薬師堂をのぞむ景観

「かんなみ仏の里美術館」が建てられる前に安置されていた仏像のあった「桑原薬師堂」を見ている風景です。

美術館から数分くらいのところです。

昔からの暮らしが息づいているという感じです。

「かんなみ仏の里美術館」(静岡県函南町)の仏像が以前あった桑原薬師堂への案内版

◆「かんなみ仏の里美術館」の仏像が以前あった桑原薬師堂への案内版

案内版もでていますし、地図でも確認できるので、

「かんなみ仏の里美術館」(静岡県函南町)入り口にある地区の名所や散策コース案内図

◆地区の名所や散策コース案内図

散策をしてみるとより趣のある旅になるでしょうね。

仏像に向き合うと、やすらかで穏やかな気持ちになります。

大切な仏像が保護されてこうして拝見させていただけることに感謝。

2022年大河ドラマの舞台に

2022年大河ドラマ、三谷幸喜作×小栗旬主演「鎌倉殿の13人」だそうです。

華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き・・・

その舞台の一部になる予定で脚光を浴びることになりそうですよ。

2020年7月2日訪問記録

函南町にあるオラッチェ牧場もステキな所、お子さん連れならぜひ⇒「酪農王国オラッチェ・美味しいソフトとウサギやヤギへ餌やり(伊豆静岡県函南町)」

静岡県田方郡函南町桑原89−1 かんなみ仏の里美術館




スポンサーリンク