王滝渓谷で川遊びとバーベキュー・幼児OK持ち物リスト付き(愛知県豊田市)

スポンサーリンク



愛知県豊田市王滝渓谷岩場の深い方

愛知県豊田市にある「王滝渓谷」、名古屋から高速利用で1時間以内、幼児~低学年が満足できる水遊びスポットです。

砂地の浅瀬で緩やかな流れの場所あり、岩肌を縫うようなやや急な流れありで、子供の歓声はやみません。

広々とした岸辺でバーベキューもできます。

駐車場から近いのも魅力。

王滝渓谷の水遊びスポットの紹介と、持ち物リストを参考にしてください。

 

スポンサーリンク

王滝渓谷バーベキュー広場に近い駐車場

愛知県豊田市王滝渓谷の地図

王滝渓谷の地図、5か所ある駐車場に地図が掲げてあります。

名古屋方面からくると、「王滝渓谷駐車場」というと地図の一番下にあたる、乗用車50台止められる第二駐車場にまずつきます。

地図のちょうど真ん中あたりの広場がバーベキュー場、水遊び場になります。

この駐車場からは、サンダルばきではちょっと疲れるほどの道のりです。(ハイキングを兼ねたい場合はOK)

バーベキュー場の右側に位置する、第三、第四駐車場からが便利です。

第三、第四駐車場へは、この駐車場を通り越して二つ目ガソリンスタンドのある信号を左折、301号をしばらく行くと「王滝渓谷」の看板がでるので左折するとつきます。

食べ物やテントパラソルなどを持ち込むと、荷物が多いので、近くの駐車場がおすすめです。

 

バーベキュー広場で大人も一緒に楽しめる

 

愛知県豊田市王滝渓谷、バーベキュー場を見下ろす

駐車場から最初に見えてくる、バーベキュー場と川原の光景です。

愛知県豊田市王滝渓谷、有料バーベキュー場

有料のバーベキュー場は10組ほど利用できます。要予約です。

愛知県豊田市王滝渓谷、川の脇にテントをはって

川原はテントを張りやすい環境になっています。

とはいえ平坦というわけではないので、ベビーカーはゆっくりしかすすめないですね。

飲み物、食べ物は持参。売っていません。

有料のバーベキュー場の少し上にある赤い橋「王滝湖かけ橋」のそばにトイレがあり、橋をわたってすぐに飲み物の自販機があります。

愛知県豊田市王滝渓谷「王滝湖かけ橋」

「王滝湖かけ橋」はこんなに多きな橋、この橋の右前方が、バーベキュー場で、橋をわたったところにトイレ、橋を渡る手前に自販機あります。

王滝渓谷の王滝湖かけ橋と自販機

 

浅瀬とダイナミックに遊べる巨大岩のかげ

大滝渓谷の水遊びスポットは、バーベキュー場を降りてすぐの川岸です。

愛知県豊田市王滝渓谷岩場と浅瀬を分ける橋

川にかかる橋があって、山の方は岩場があり流れが急です。

下流はすぐに緩やかな流れになり、幅数メートルの平な水場が続きます。

橋の下はくぐれるようになっています。

大滝渓谷の水遊び・岩場の様子

愛知県豊田市王滝渓谷岩場、やや深く勢いのある流れ

岩場の方は巨大な岩がごつごつとむき出しに出ていて、その間を上流からの 流れが水しぶきを上げて降りてきます。

愛知県豊田市王滝渓谷岩場、やや深く勢いのある流れで遊ぶ

小学校の低学年 のこどもたちが、浮き輪にのって 岩場の間の急な流れに、滑り台のように乗って遊んでいます。

 

愛知県豊田市王滝渓谷、岩場の勢いのある流れで遊ぶ

ここが一番急なところと思います。見ているお母さんの大きさで岩の大きさがわかってもらえるかな。

浮き輪に体を乗せて、気持ちよさそうに滑り降りていきます。

こういう激しいところは数カ所あります。

 

愛知県豊田市王滝渓谷岩場の深い方

その少し下で、橋に近いところは、潜れるくらいの深さのある所もあるのでここは気をつけた方がいいです。

三角の岩の手前に男の子もぐってます。お父さんの胸のあたりまで水の深さがあります。

 

大滝渓谷の水遊び・浅瀬の様子

愛知県豊田市王滝渓谷浅瀬で遊ぶ親子

岩場と浅瀬を分けるはしを向こうの方に捉えてうつした写真です。

浅瀬は数メートルの幅で長く続いています。

深い所は大人の膝ぐらいまでありましたが、川岸はごくごく浅いので、歩けるようになったばかりの子でも遊べる場所です。

愛知県豊田市王滝渓谷浅瀬で遊ぶ親子

 

浅い川を下っていくと、なだらかな 川岸が開けてきて、片方の岸は草が生い茂り、草影で生き物を探している子供たちもたくさんいます。

大人も子どもと一緒に楽しめるますし、足をつけているだけでもとっても気持ちよくなり、景色も抜群です。

王滝渓谷の浅瀬でスイカを冷やして

冷えておいしそうなスイカ、誰のかな?

水ようかんを冷やしている人もいましたし、ビールも。天然冷蔵庫。

 

王滝渓谷水遊びでの持ち物リスト

水遊びをするなら、これだけは忘れたくないというリストです。

  • テント
  • シート
  • 水着
  • サンダル(バックベルトのあるもの)
  • 帽子・サングラス
  • バスタオルとフェイスタオル
  • 虫よけ・虫刺され用の塗薬
  • 傷バンド
  • 日焼け止め
  • 遊び道具

岩場は特にすべりやすいので、ゴム底の靴タイプのものをはいていると安心です。

サンダル履きで足にけがをしていた人がいたので、大人でもけがしやすいので傷バンドも。

陽射しの強い季節なので、日焼け止め、サングラス、帽子を忘れないでね。

年齢に合わせて、砂場遊びの道具、浮輪、虫取り網なども。

雨の降った翌日は水かさが増すと思いますから、いつも大人の目の届くところで危険のないように遊んでくださいね。

王滝渓谷

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy