しだれ梅が満開!名古屋農業センターに700本/駐車場とアクセス(でらファーム)

スポンサーリンク



名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり梅園

満開のしだれ梅が壮観な「名古屋市農業センター(でらファーム)」は、「しだれ梅まつり」を毎年開催。

平成31年(2019年)は 2月23日(土曜日)から3月17日(日曜日)まで(予定)

まつり期間中は無休です。

入場無料!

全国でも有数のしだれ梅園の規模ということで、まつり期間中特に満開の時期は長蛇の列ができます。

駐車場のこと、アクセス情報を満開の梅の画像とともにお伝えします。

 

スポンサーリンク

「梅まつり」期間は駐車場有料

駐車場はいつも無料なのが、この期間中は普通車500円かかります。

  • 第1駐車場に普通車190台
  • 第2駐車場に普通車34台

正面の駐車場に入る道の両脇にもしだれ梅が植えられていえて、ワクワクします。

まつり期間の3月の日曜日、9時半くらいに着いたら待たずにはいれました。

駐車場からは園内に入る門があいているので、すぐに入れます。

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり梅園写真をとる

しだれ梅まつりの期間・満開の梅に酔う

農業センター(でらファーム)のいたるところにしだれ梅をみることができますが、やはりめざすは「梅園」です。

黒々と成長した幹から、山なりになって下がった枝にびっしりと花がついています。

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり梅園しだれ梅まつりの終盤だったので、ややちりかけで花がすくなめの木もありましたが、見渡すかぎりのしだれ梅は圧巻です

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり白い八重咲の梅

白く咲く梅からも、ほんのりといい香りがただよってきます。

梅園はやや小高いつくりになっていて、奥の竹林から眺めると最高のようですが、それをしらなかったので、その手前の広場からながめていました。

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり梅園を見下ろす

とにかく素晴らしい景観です。

 

イベント参加でさらに楽しい

この日あったイベント「しだれ梅の品種紹介」に行ってみました。

参加無料です。

ビンゴでなごやこーちんのひよこの「なごっぴー」ちゃんのタオルハンカチとバッジをもらいました。

ラッキー!

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつりでビンゴでなごっぴーのハンカチ

しだれ梅まつりの期間なので、青空市あり、フードコーなーあり、大道芸人のパフォーマンスありです!

イベントや期間のことはこちら⇒「【しだれ梅まつり】2019年の期間は?イベント毎日/名古屋市農業センターでらファーム

 

農業センター(でらファーム)へのアクセス

市営地下鉄で行くのが最もおすすめ。

市営地下鉄 ⇒ 鶴舞線の「平針」「赤池」から徒歩20分

徒歩20分を往復すると140キロカロリー消費できます。

それってちょうどソフトクリーム一個分にあたるそうですよ。

農業センターオリジナルのジェラート一個分っていうことみたいですね。

名古屋市農業センターでらファームのしだれ梅まつり梅園でジェラート

梅の時期でなくても農業センター(でらファーム)は、小動物に会えます。

中でも生まれたてのひよこはかわいらしい!

牛、羊、鶏(種類豊富)で農業体験できるイベントもあり、子供たちに人気のスポットです。

いつでも会えるよ⇒「生まれたてのひよこ(動画あり)鶏に詳しい農業センター(名古屋市天白区)

 




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください