スポンサーリンク



名古屋大須観音の骨董市の出店ガラス陶器

名古屋中区の「大須観音」では、毎月18日と28日に「骨董市」が開催されています。

時間は早朝より夕方まで。

ちょっとアバウトですが、陽がのぼるころにはやっています!そして雨でも。

骨董市には、古いもの懐かしいもの、着物や雑貨などを探すのにうってつけ。

先日行ってみたところ、西洋のアンティークを扱うお店もあって、賑わいは衰えていませんでした。

見ているだけでも幸せになれる、趣味人にとっては最高の場所ですね。

大須骨董市は、地下鉄の鶴舞線「大須観音駅」2番出口をでればすぐです!

 

スポンサーリンク

大須観音の骨董市のお店の数々

名古屋大須観音の骨董市

大須観音の骨董市は、大須観音の境内で開催されています

この日は10月18日、10月最初の骨董市です。

まずは大須観音にお参りして、と。

家具、置き物、時計、おもちゃ、ブロマイド、はき物、掛け軸、工具、食器など、

およそ生活用品として使われていたすべてのものがあります。

名古屋大須観音の骨董市の出店陶器

境内に所せましとお店が並んでいるのです。ぶつからないように気をつけないと。

陶器、食器を扱うお店とか、ガラスの器を並べているお店。

名古屋大須観音の骨董市の出店ガラス陶器

なつかし・・・と立ち止まってしまうお店

名古屋大須観音の骨董市の出店おもちゃ雑貨

古い時計たち、こんなの買うひといるのかな?

と思いつつのぞくと、みんな動いています!

名古屋大須観音の骨董市の出店時計

やはり一番多いのが陶製品のお店かな。

名古屋大須観音の骨董市の出店雑貨

軍隊の人が使っていたものなどもあり、パイプやキセル?

名古屋大須観音の骨董市の出店雑貨

着物のお店も多かったですね。

名古屋大須観音の骨董市の出店着物

蓄音機、若い人は当然知らないでしょうが。

名古屋大須観音の骨董市の出店蓄音機など

じっくり眺めてしまった電気の傘というのかランプというのか。

名古屋大須観音の骨董市の出店西洋ランプなど

日本刀もあるわ、ん・・・こういうものも欲しがる人がいるのですね。

名古屋大須観音の骨董市の出店日本刀など

雑誌「平凡」の古いものなど

名古屋大須観音の骨董市の出店本ブロマイドなど

必要があるわけではないけど、欲しくなるものはたくさんありました。

 

スポンサーリンク

大須観音の骨董市・開催日と時間

名古屋大須観音の骨董市の開催日ですが、毎月18日と28日の2回開催されています。

時間は早朝から夕方です。

そして雨の日もやっています!

何年か前に来たとき出店の人に聞いたら「日の出から日の入りだよ」と教えてくれました。

だから明るくなったら始まっていて、薄暗くなるころには店じまいしてしまいます。

秋や冬は午後2時には片付け始めるお店があるので、なるべく早い時間に来た方がいいです。

良い品も減ってしまいますしね。

毎月18日には午後3時から、大須観音で「長命甘酒」が先着200名に無料で振る舞われるそうですよ!

アンティーク着物の戦利品⇒「大須の骨董市・アンティーク着物好き!山積みの中から戦利品を(名古屋中区)」

大須観音の骨董市のHPはこちら

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2丁目21−47 大須観音

(よっちゃん)




スポンサーリンク