熱海の冬の観光なら!日本一早咲きの桜と梅を/1月9日から(静岡県)

静岡県熱海市のあたみ桜、サンビーチにて釜鳴屋平七像

◆熱海のあたみ桜

「あたみ桜」が日本一の早咲き桜だった!そして「あたみの梅」も日本一早く咲く梅だった!

温泉で有名な熱海の冬の観光の見どころは「梅」と「桜」が同時に見られること。

2021年は1月9日(土)から「梅まつり」と「桜まつり」が同時に始まります

  • 「梅まつり」は2021年3月7日(日)まで
  • 「桜まつり」は2021年2月7日(日)まで

熱海の「梅まつり」は「熱海梅園」で行われていますが、「桜まつり」の桜は点在してます。

ここでは2021年(令和3年)の「あたみ桜まつり」の情報と、「熱海梅園のあたみ梅まつり」の両方の

  • まつり期間・時間
  • 入園料
  • アクセス

についてお伝えしますね。

1月成人式あたりに咲き始めた「あたみ桜」を見に、まずは海岸のサンビーチへ行ってみました。

スポンサーリンク

熱海サンビーチの愛らしい「あたみ桜」

静岡県熱海市のあたみ桜サンビーチにて

◆あたみ桜 サンビーチにて

1月10日の「あたみ桜」熱海サンビーチに咲いていたものです。

ニ分咲きといったところで愛らしいですね。

「あたみ桜」はつぼみがピンク色で大きいのが特徴。

まさに咲こうとするつぼみが沢山ついてます。

最初は「梅でしょ」なんて思って近づいたのですが、確かに桜です!

こんどは位置を少し西にうつしてとってみました。

静岡県熱海市のあたみ桜サンビーチにて

◆熱海サンビーチをバックにあたみ桜とホテル群

ビーチに沿ってホテルやマンションが立ち並んでいます。

海辺で晴天、でとても気持ちよかったです。青空に向かってパチリ。

静岡県熱海市のあたみ桜サンビーチにて

このあたみ桜は海岸に銅像とともに立っています。

銅像は釜鳴屋平七の像で、遠くを見通すような若者の像です。

静岡県熱海市のあたみ桜、サンビーチにて釜鳴屋平七像

◆釜鳴屋平七の像とあたみ桜

横にある看板によると、安政の時代にまぐろ網の権利をめぐって、漁民と網元の間に激しい争いが起こり、

網元の長男の釜鳴屋平七が網元から脱退し漁民の味方となって戦った。

しかし争いは収まらず、平七らは代官所に訴状をもって訴えた。

しかし首謀者とされた平七は東京から八丈島への島流しの刑となる(1863年)。

島流しの船中で虐待を受け、平七は衰弱、そのため大島に降ろされ数カ月後に35歳の若さで命を落とした。

静岡県熱海市サンビーチにて釜鳴屋平七像の解説

漁民たちは平七の遺志を受け継いで戦いを続け、ようやく勝訴となる。

以来大衆の心に平七の善良な心が今もなお息づいている証として、この像が建てられたそうです。

「あたみ桜まつり」の期間・場所・料金

桜まつり期間

「あたみ桜まつり」の期間は、2020年1月9日(土)から2月7日(日)。

メインの場所

「糸川」のほとりにたくさん咲いています

糸川は「来宮神社」の横を通り、市内中心部を海に流れます。

料金(入場料)

あたみ桜は、街路や海辺などに咲いているので、鑑賞するのは無料です。

そのほか、あたみ桜の咲く場所

あたみ桜の咲く場所を紹介します。(2019.12月現在の本数)

  • 糸川沿い(全57本)
  • 海浜公園(全11本)
  • サンレモ公園(全5本)
  • 釜鳴屋平七像(全2本)
  • 梅園内(全4本:足湯付近1・香林亭付近1・梅見の滝付近2)
  • 梅園前市道(全23本)
  • 渚小公園(全15本)
  • 親水公園渚デッキ(全17本)
  • その他、市役所花ひろば(1本)、貫一ホテル斜め前(1本)、伊豆山国道交番前(4本)、さくらの名所散策路(87本)、姫の沢スポーツ広場駐車場前(2本)、来宮駅前(1本)など

散策マップを入手して歩く

糸川の桜を見るだけでもステキですが、足をのばせば数分圏内に、何か所かあたみ桜を鑑賞できます。

そのため散策マップは入手した方がよいです。

来宮駅、熱海駅、糸川付近のお店などに散策マップがありますよ。

ライトアップについて

あたみ桜ライトアップ:期間中毎日 16:30~23:00

糸川遊歩道のみ。

土日にイベントが開催されていますよ。

以前の写真とともに2020年の見ごろ予想・イベント・駐車場について⇒「「あたみ桜まつり」糸川で満開・2021年期間や見ごろ/駐車場(静岡熱海市)」

公式HP⇒「熱海市観光協会 あたみ桜まつり 糸川桜まつり」

熱海「梅まつり」・期間/時間/入場料

「梅まつり」期間・時間

熱海の「梅まつり」は「熱海梅園」で行われています。

  • 期間 2021年1月9日(土)から3月7日(日)まで
  • 時間 8時30分から16時まで

「梅まつり」入場料

<料金> 

  • 市民と宿泊者 100円(証明するもの必要)
  • 一般300円
  • 中学生以下は無料
  • 開園時間外は無料開放

土日にはイベント多数で、特に日曜にイベントが集中しています。

早く咲く梅もありますが、やはり見ごろは2月に入ってから。

2月中旬くらいが最高の見ごろになるはずです。

※ライトアップはありません

梅園までのアクセス

  • 来宮駅←→熱海梅園 タクシー5分 徒歩約10分
  • 熱海駅←→熱海梅園 タクシー10分 徒歩約40分

「梅まつり」駐車場

「梅まつり」の期間は梅園の入り口そばに大きな駐車場を利用できます。

普通車1回600円です。

2021年の梅の見ごろや駐車場、入園料・アクセスをさらに詳しくまとめました⇒「熱海「梅まつり」の期間・時間(2021年)/駐車場とランチ(昼食)/(静岡県)」

 

梅まつりの公式HP⇒「第77回熱海梅園梅まつり 2021年1月9日(土)~3月7日(日)」

静岡県熱海市梅園町8−11 熱海梅園

静岡県熱海市梅園町8−11 熱海梅
スポンサーリンク
静岡県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました