AKE48も祈願していた羽豆岬の神社は展望抜群!

スポンサーリンク



師崎羽豆神社本殿の展望台からの景色からの見晴し

知多半島の先端の師崎(もろざき)に来たら、寄ってみたいのが駐車場横の「羽豆神社」です。

ここは先の3月(2015年)にもAKE48の5人が、17枚目シングル「コケティッシュ渋滞中」のヒット祈願に訪れているところです。

羽豆岬を舞台にした楽曲「羽豆岬」は、3rdシングル「ごめんね、SUMMER」(2010年7月発売)通常盤Bの収録曲なんだそうです。

そしてこの曲が12年には人気楽曲をファン投票で決める『リクエストアワー セットリストベスト50』で、なんと1位となったという人気を博した曲ということで、AKE48 にとってはとてもゆかりの深い場所。

また13年7月には歌碑が建てられるという、近年まれにみる名所になっているところなんです。

ファンならずともとても気になるスポット、ということで、「羽豆岬」をぐるっと回ってきました。

素晴らしい絶景に出会えました。

 

スポンサーリンク

師崎港の横羽豆神社へは徒歩2分

知多半島の先端の師崎港のすぐ横にこんもりした丘のようなところがありますが、それが「羽豆神社」です。

師崎の羽豆岬の案内図

地図があるので確認すると、ざっくりと駐車場二つ分の面積くらいの岬ですから、全体を歩いても20分か30分程度でしょうか。

師崎港観光センターの右手の道に出ると、鳥居があるのが見えます。それが「羽豆神社」の大鳥居。

師崎羽豆神社の大鳥居

師崎羽豆神社の大鳥居

鳥居からは、目の前の三河湾と伊勢湾が見渡せます。

そのすぐ左に、祭られている神様の奥様の玉姫様の祠もあります。

師崎羽豆神社の玉姫様祠

なんでも玉姫様は出征されたご主人、建稲種命(たていなたねのみこと)の帰りをここでずっと待っておいでだったそうです。

師崎羽豆神社の玉姫様祠

 

羽豆神社へは急階段を上って・素晴らしい展望

海に入り口が面するようにして、羽豆神社への階段があります。

かなり急ですが、すぐに到着します。

師崎の羽豆神社への急階段

このあたりは特別保護地区ということで、海からの風を受けてここだけの生態系もあり、また地盤の特殊性もあるということです。

師崎羽豆岬は三河湾国定公園特別保護地区

さて羽豆神社の本殿はすぐ近くに見えます。

師崎羽豆神社の本殿案内版

池には湧き水?のようにブクブクっと湧き出る水が・・・展望台もある海のそばで湧き水?

師崎羽豆神社の池と湧き水?

鯉がゆったり泳いでいます。あ酸素を送っているのかな?

おまいりする前に、指定文化財のことなども読んでおきました。

師崎羽豆神社の指定文化財について書かれた看板

 

羽豆神社本殿で

本殿について手水やで手と口を清めてから、健康と安全を祈願しました。

師崎羽豆神社本殿

本殿にはひと気はなく、おみくじも絵馬も置いてあります。

師崎羽豆神社本殿にあるおみくじや絵馬

お守りや絵馬の代金はさい銭箱に入れておけばよいとなっています。

絵馬はハートマークばかりなので、恋愛成就の祈願者のためにあるのですね。

神社を抜けると、ロマンチックな道が続いているとかで、恋人たちの聖地になっているのかな?

さーてここから展望台がすぐなので、そちらへ行ってみます。

 

師崎港の羽豆岬展望台からの風景

すでに浪打際にいるのがわかりますが、羽豆神社からすぐの展望台からは、伊勢湾が一望できます。

静かにゆれる船、遠くに見える三重県の伊勢地方、海風がとっても気持ちいいです。

師崎羽豆神社本殿の展望台からの景色からの見晴し

透き通って見えるのは1600万年前にできたという砂岩と頁岩(けつがん)が互い違いになった層。

それまでは海の底だったのかな?なんて思いを馳せながら。

引き潮ならこの岩がはっきり見えるのでしょう。

今は秋のはじめ、ウロコのような雲から、太陽光がこぼれてきて線を描いていてきれい。

師崎羽豆神社の展望台からの景色

このあと羽豆岬の道は、ロマンチックロードへと続いています。

「羽豆岬展望台からジオラマのような絶景を見て恋のロマンスロードへ」

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy