スポンサーリンク



ミツカンミュージアム(愛知県半田市)の半田運河沿いの外観

お酢の博物館「ミツカンミュージアム」は、体験型の見学ツアーで大人も子供も楽しく学べるのが特徴。

日本唯一の酢の総合博物館だから、楽しみながら納得の体験がしたいですね。

(ツアー申込しなくても入館は一応可能)

そこで、見学ツアーの予約や駐車場を現地取材してまとめました。

ランチはある?お土産はどうする?

そんなこともお話しますね。

 

スポンサーリンク

「ミツカンミュージアム」予約・体験

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)の利用案内

◆ミツカンミュージアムの利用案内

<営業時間>

  • 9時半から17時(最終案内は15時30分)

<入館料>

  • 全館コース:大人300円・中学生200円・小学生100円・乳幼児無料
  • 大地の蔵コース:大人100円・小中高生50円・乳幼児無料

<休館日>

  • 毎週木曜日
  • 年末年始
スポンサーリンク

事前予約制・コース内容

ミツカンミュージアムは、酢づくりの歴史、醸造の技術、ものづくりへのこだわり、食文化の魅力などを、総合的に次世代に伝えてゆく施設です。

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)の全館コースのエリア

◆全館コースのエリア

見学ツアーは、電話またはインターネットでの事前予約制

ツアーのコースは「全館コース」と「大地の蔵コース」の二種類。

「全館コース」の内容は、

  • ガイド付き
  • 定員30名
  • 所要時間約90分
  • 9時30分からの毎分00時と30分(15時30分まで)

「大地の蔵コース」の内容は、

  • ガイドなし
  • 大地の蔵1と2のみ
  • 定員50名
  • 所要時間30分
  • 9時30分からの毎時00分と30分(15時30分まで)

30分ごとにまとまって入場することになっているようです。

施設のゾーン説明

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)の施設とゾーンの案内

「大地の蔵」:江戸時代の酢づくりや、現在の醸造の様子が見られる。

「風の回廊」:運河を望みながら、ミツカンがともに歩んできた半田の情景や人々の息吹を、当時の懐かしい写真と音の演出から感じ取る。

「時の蔵」:ミツカンの変革と挑戦の歴史をたどる。江戸時代に活躍していた長さ20 M の「弁財船」を再現し、甲板の上から大型映像で半田から江戸に至るまでの、お酢を運ぶ航海を体感できる 。

「水のシアター」:四季の中にある食と命のつながりを表現した、美しい自然や豊かな食文化、食卓にあふれる笑顔などの情緒的な映像。

「光の庭」:開放的な光あふれる空間で、お寿司やお鍋をテーマにした体験を通じて、食の魅力を楽しく学ぶことができる。

実際に体験と体感を通して、楽しく学べるのが全館コースです。

 

スポンサーリンク

「ミツカンミュージアム」駐車場・アクセス

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)の駐車場案内、第一と第二

駐車場は専用駐車場が二か所あります。

  • 施設の北側にある「第一駐車場」は40台分。
  • 半田運河を挟んで向こう岸にある「第二駐車場は100台分」。

アクセス

<電車の場合>

  • 名鉄河和線「知多半田」駅下車徒歩13分
  • JR 武豊線「半田」駅下車徒歩3分

<車の場合>

  • 名古屋市内より高速利用で約1時間
  • 知多半島道路半田中央インターチェンジまたは半田インターチェンジより15分

フォトスポットは江戸のにぎり寿司

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)内のフォトスポット

江戸時代の屋台のお寿司屋さんをフォトスポットにしてあります。

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)、江戸時代末期の握り寿司模型と屋台

江戸時代末期の握り寿司を再現した模型があり、当時のお寿司は今の2倍から3倍の大きさもあったんでって。

お土産売り場はあります。

ミツカン酢の製品、および関連のふりかけなどの商品が並びます。

ランチ・食事処

ミュージアムの中に、ランチ(食事)できるところはありません。

ミツカンミュージアム(愛知県半田市)のランチ周辺マップ案内

◆ミツカンミュージアム周辺のランチの案内

ランチはミュージアムの徒歩数分で行ける範囲のお店が8件あります。

ミュージアムにおいてありました。

おすすめの料理、お値段などもはっきりわかるので、ミュージアムについてから考えても間に合うでしょう。

半田とすしの冊子(愛知県半田市)ミュージアムにあり

◆半田とすしの冊子「すしぼん」

また半田市内のお寿司屋さんが17店舗紹介してある「すしぼん」という冊子も置いてあり、迷いながら選ぶのも楽しそうです。

地元のおすすめ店なので、間違いないでしょう。

半田市内だけでも観光名所は多く、歩いての運河沿いが特におすすめルートになっています。

その途中で寄ってみた⇒「「酒の文化館」駐車場・見学の(所要)時間と利き酒も/半田観光(愛知)」

豆味噌・たまりの伝承館⇒「豆みそ・たまりの伝承館見学/駐車場お土産/伝統を今に(半田市中定商店)」

「ミツカンミュージアムHP」

 愛知県半田市中村町2丁目6 ミツカンミュージアム




スポンサーリンク