スポンサーリンク



入園ゲート

◆形原温泉「あじさいの里」正門

愛知県随一のあじさい園といえば、蒲郡市の形原温泉にある「あじさいの里」

5万株という株の多さもスゴイですが、あじさいの種類が豊富で色や華やかさも一番です!

今年2019年の「あじさい祭り」も6月1日(土)から30日(日)まで!

山肌から山裾にかけ、雄大にあじさいで埋め尽くすされた広大な庭。

捕陀ヶ池の上からの景観が、なんとも素晴らしいですよ。

駐車場、入場料を中心に報告しますね。(2015年の写真ですが例年見事ですよ)

 

スポンサーリンク

形原温泉あじさいの里(祭り期間)・有料駐車場あり

駐車場

あじさいの見頃は6月だけということもあり、また形原温泉あじさいの里がとても有名なので、訪れる人がとても多いです。

この1か月で10万人を超える人出。

またスカイラインのそばということもあって、車で来る人が多いですね。

そのため駐車場は確保されています。

平日の午前11時ごろに行きましたが、あじさいの里の上と下の二か所の駐車場には待ちの列ができています

私たちは下の駐車場を案内され、幸いすぐに入庫できましたが、案内人の人が無線で連絡をとって車を融通していました。

また車の整理する人もいたほどで、土日はもっと駐車場を多く用意しているようです。

駐車場

駐車料金は前払いで500円、時間制限はありません。(2019年も同様)

駐車場のそばには、小さなお土産屋さんと食事できるお店が2件あいていました。

土産物店

車を降りて入場門に向かうところに、捕陀寺があります。

捕陀寺の沿革

お寺の見学はパスするとして、いよいよ形原温泉あじさいの里の門をくぐります。

 

スポンサーリンク

形原温泉あじさいの里・入場料

入場チケット売り場

入場料が300円(中学生以下無料)2019年も同じ。

形原温泉あじさいの里のあじさい祭りの期間は、6月1日〜6月30日 8時から午後9時30分です

夜7時半からは、ほたるの乱舞がみられるそうで、ライトアップも。

とても幻想的だそうですよ。

入園ゲート

パンフレットをいただきつつ、どんなあじさいが楽しめるのかチラッとみておきました。

パンフレット

 

スポンサーリンク

迫りくる圧巻のあじさいの景色

形原温泉あじさいの里

目を前方に向けると、広大なあじさいの景色が目に飛び込んできます

坂になったあじさいばかりの色とりどりの景色が、覆いかぶさるようです。

写真では、その壮大さが分からないです。。。残念。

とにかく圧倒的な迫力で迫ってきますよ!

散策路に人があふれるように、道なりに連なっています

ゲートを入ってすぐのところに、休憩所の茶屋が設けられています。

上のゲート(西側ゲート)から入った方たちか?かなりお疲れの様子で、腰かけられてお茶を一服されてました。

入場門付近の茶屋

お手洗いは正面ゲートをはいってすぐに設置されています

 

形原温泉あじさいの里は夜間の蛍がいいみたいです

昼間はこうしてあじさいを飽きるほど眺めることができますが、夜もいいみたいですよ。

夜8時ごろから、蛍が飛び交うのが間近で見られるというのです

ほたるの乱舞案内

場所は蛍の宿とされている、捕陀生けの東側です。

あじさい祭りの期間中見られるそうで、ゲンジボタル体長15ミリ前後、神秘的な光を見たいなら、夜に訪問してください。

ほたるの宿

形原観光協会

夜間はライトアップされるので、昼間にはない違った美しさを堪能できます、近くに宿泊もいいですね。

植裁された5万株のアジサイが咲き乱れる中、 「あじさい祭り」が開催されます。

今年2019年の「あじさい祭り」も6月1日から30日まで。

今年2019年(令和元年)も例年と同様の素晴らしいあじさいの数々を堪能できます!

例年より1週間ほど遅れて、6月14日の今見頃のピークをむかえました!

(東海テレビのスイッチで紹介されています)

期間中は臨時バスも運行され、100鉢余の珍しいアジサイを展示する「日本のアジサイ展」、観光写真コンテスト・俳句会などの催し物もあります。

形原温泉あじさいの里の他の記事も見てね!

形原温泉あじさいの里・広大な敷地に品種の多さで魅了される

形原温泉あじさいの里・お土産と昼食と臨時バス

形原温泉あじさいの里・品種別美の競演親善大使の美女も

愛知県蒲郡市金平町一ノ沢28−1 形原温泉あじさいの里

(よっちゃん)




スポンサーリンク