【かざはやの里】あじさいまつり2022・期間と料金/ペットOK!見頃(三重県津市)

スポンサーリンク



かざはやの里(三重県津市)のあじさい園

◆かざはやの里 あじさいの見ごろ

梅と藤とあじさいの名所でもある三重県津市の「かざはやの里」では「あじさいまつり」が開かれています。

2022年の「あじさいまつり」の期間は、5月下旬から7月上旬ごろまで。

広大な敷地に77,000株ものあじさいがさいて、あたり一面を彩っています。

様々な花壇があり、脚の疲れを忘れてみとれてしまいます。

絶景スポットも多いですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かざはやの里あじさいまつり・期間時間

スポンサーリンク

期間と時間

  • 開催期間:5月下旬 ~7月上旬ごろまで
  • 営業時間:8:00~18:30
  • 休業日:期間中無休

一番見頃の時期

  • 6月中旬から下旬

料金

  • 大人800円(協賛費)
  • 高校生以下・障がい手帳持参者無料
スポンサーリンク

かざはやの里 あじさいの見どころ

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園、アナベル中心の花園

◆かざはやの里のあじさい園

斜面の33,000㎡に77,700株、見渡す限り延々と咲いています。

「かざはやの里」は時間をかけてのんびり浸っていたいあじさいの楽園です!

2019年に訪問したときは、手入れ中の方ともお話でき、広々とした園内一杯のあじさいを楽しめました。

私たちは6月下旬の見頃に行ってきたので報告しますね!

珍しい品種のあじさいが群生

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園

◆かざはやの里 あじさい

かざはやの里のあじさい園は、ゴルフ場の半分を花園にしたものです。

足元は整った芝生と歩きやすいスロープ状の道です。

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園

◆かざはやの里 あじさい

「かざはやの里」でしか見ることの出来ない品種として、「セルマ」「シャローナ」「セリーナ」「サンドラ」「サブリナ」「ソラヤ」といった珍しいものが。

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園

◆かざはやの里 あじさい

ピンク系、青系、白系を分けて植えてあったり、円形に並べたり。

こんもりと群生させているとこともあります。

絶景ポイントは15か所も

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園の絶景ポイントの看板

絶景ポイントが看板で示され、

かざはやの里(三重県津市)の絶景ポイントのわかるマップ

◆かざはやの里 あじさい園のマップ

受付でいただいたマップにも表示があります。

あじさい園内の絶景スポットは15か所も!

なだらかな丘状の芝を歩くと、広々とした風景に包まれます。

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園、アナベル中心の花園

◆◆かざはやの里 あじさい 絶景ポイント

白いアナベルが今盛りを迎えています。

絶景のポイントは小高いところで、地図で確認するとカートで降ろしてもらった付近です。

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園の絶景ポイントから

◆絶景ポイントからの景観

あじさい絶景ポイント、素晴らしい眺めです!

あじさいが群生している広い範囲を見下ろせて、遠くには池も見えてきます。

ここから下りてくるのが、まさに花道!

女優になったような華やかな気分で、散策できます。^^

かざはやの里には、39種類ものあじさいが咲いています

花壇はデザイン性豊かで、「青てまり」「白てまり」「ピンクてまり」「すみだの花火」「スカイブルー」「マリンブルー」「ツカサブルー」「チャプリット」「サンガイア」「レッドセンセーション」などなど。。。

77,700株もあるそうです。

梅の木の青葉とあじさいも

梅のエリアとあじさいのいエリアの重なるところでは、

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園、梅の青葉とのコントラスト

◆かざはやの里のあじさい、梅の青葉と

梅の木の葉が生い茂るところでは、あじさいはいっそういきいきと。

木陰に入って梅の木の足元を埋め尽くすように咲いています。

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園、梅の青葉と

◆かざはやの里のあじさい、梅の青葉と

梅の木のそばは、青系のあじさいが多かったです。

梅の実がかなり落ちています。

食用に加工するそうですが、全部は処理できていないそうです。

お手入れ(作業)をする方にお聞きしたところ、

  • 生育中の株があり、これからもあじさいを増やしていくこと。
  • 去年の夏暑かった影響で、今年の花付き悪いこと。
  • 生育の悪いものが多かったため、販売用の株を急ぎ植えたこと

を知りました。

「販売よりも来た人に楽しんでもらう」という心意気がいいですね。

地面に余計なものはなく、雑草も生えていません!

あじさい鑑賞の所要時間

とても広いので1時間半は必要でしょう。

足元は歩きやすいですが、ゆるい坂は多いです。

園内送迎用のカートにのせてもらえると、移動が楽です。

かざはやの里のドッグラン・足湯・飲食について

ドッグランあり足湯あり

かざはやの里(三重県津市)でワンコ3匹を連れた人

◆かざはやの里、ワンコ3匹をつれている人

<DogLand料金表>

ホームページに<DogLand料金表>があるので、引用しておきます。

1日の料金

  • 1頭 500円
  • 3頭 700円
  • 3頭以上 800円

天然芝のドッグランでは、どの犬種のワンちゃんも遊べるようです。

かざはやの里(三重県津市)の標識

◆かざはやの里の標識

見晴らしの良い位置は「足湯」が。

冷たいのみものや軽食

かざはやの里(三重県津市)のあじさい園の茶屋と広場

◆あじさい茶屋と広場

休憩するには、あじさい園内にある「あじさい茶屋」で。

ほかに軽食や冷たいのみもの、お土産のお店などが出店します。

かざはやの里(三重県津市)の笑福のたぬき広場

◆かざはやの里の「笑福のたぬき広場」

ひょうきんでほほえましいたぬきたちです。

かざはやの里(三重県津市)のかっぱ物語

◆かざはやの里のかっぱ物語

かざはやの里はかっぱのふる里でもあるそうですよ。

神様のつかいのカッパは、豊かな土地のかざはやの里の湿地に暮らすようになった。

大雨で何度も氾濫する池に困った村人が、巡礼者に人柱になってくれるよう頼んだ。

カッパも役に立ちたいと池の鯉を食べるのをやめ、巡礼者の供養をしたそう。

村人とカッパの想いは実を結び、池が決壊するこはなくなったといいます。

津藩の藤堂高虎がこの池を「風早池」と名付けた

カッパたちのふる里でもある「風早池」にちなんで、カッパの人形があちこちにあります。

風早池(かざはやいけ)のバードウォッチング

かざはやの里の風早池のバードウォッチング

◆かざはやの里の風早池のバードウォッチング

風早池からは数々の鳥の姿が見られます。

あちこちから、かわいらしい鳥の声がきこえてきて、森の奥深くに入り込んだみたい。

双眼鏡があるので利用させてもらうと、池の面で飛び交う鳥がはっきりと。

ひととき、あじさいを忘れてバードウォッチング。

園内は電動カートで無料送迎

かざはやの里(三重県津市)の園内送迎用無料カート

◆かざはやの里の園内送迎用カート

駐車場に待機している園内送迎用のカート。

無料でのせてくれますが、一台しかないとのこと。

目的地までの往復だけなので、待っていればじきに戻ってのせてもらえます。

ただ、乗り場がわかりにくいので見落とすと、広い園内を歩き続けることに。

あじさい園全般を観るだけでも相当な範囲なので、あじさい園の奥までのせてもらえるととても楽です。

乗り場は駐車場の「花園入り口」の看板のところです。

かざはやの里(三重県津市)の園内送迎用無料カートの運転手さん

◆カートを降りて園内の説明をしてくださる運転手さん

私たちはあじさい園の一番奥、23の番号の位置まで連れて行ってもらったので、疲れずに鑑賞できました。

駐車場まで戻るときも、声をかけてひろってくださったので、最後の坂をのぼらずにすみました。

本当にありがとうございました。助かりました。

人が少ないときだったからの、ラッキーでした。

イベントについて

2022年のイベントの詳細はホームページで確認してくださいませ⇒「かざはやの里HP

昨年2021年のイベントは下記の内容でした(ホームページを拝見しました)

  • 6/5(Sat)コスプレ撮影会・ハンドメイドマルシェ/ランドの休日
  • 6/6(Sun)コスプレ撮影会・ハンドメイドマルシェ/ランドの休日
  • 6/13(Sun)2021年度津クイーン撮影会 参加費1.5千円
  • 6/20(Sun)2021年花Queen撮影会 参加費1千円
  • 6/27(Sun)よさこい10:30~「極津」「つなぎ」~
  • (土・日)11時~ガイドツアー「ようこそ!愛と癒しの里へ」
  • あじさいの花名が覚えられる「花学クイズ」

かざはやの里・駐車場とアクセス

無料駐車場

かざはやの里(三重県津市)無料駐車場

◆かざはやの里無料駐車場

駐車場はとても広く、無料です。

自動車200台、大型観光バス10台分。

アクセス

  • 近鉄名古屋線「久居駅」下車~榊原温泉行きバス 「戸木神社前」下車~徒歩15分
  • 東名阪自動車道「関I.C」~伊勢自動車「久居I.C」より車で5分

車のナビは「伊勢温泉ゴルフクラブ」で。

かざはやの里はこんなところ

かざはやの里は周囲8キロに及ぶ「風早池」のほとり約7万㎡の丘隆地の「伊勢温泉ゴルフクラブ」の中にある。

「風早池」は垂仁天皇が紀元35年冬10月、全国に作った800の灌漑池のひとつ。

戦国時代には津城藩主「藤堂高虎」が灌漑工事を手掛けた土地を「風早」としたことから、「風早池」と名付けられ、現在も県内有数の田畑の水資源となっている。

2004年より、社会福祉法人「正寿会」障がい者施設の利用者と職員が協働して「梅、藤、あじさい」の剪定・追肥・除草・土壌改良、整備、運営管理をしている。

【かざはやの里】あじさいまつり2022・期間と料金/ペットOK!見頃(三重県津市)まつり

かざはやの里のあじさいは、広大な面積に特色ある花園をもうけて、それは盛大にさいています。

日陰がないので帽子・日傘の日除けを。

軽食はありましたが食事はなかったです。

かざはやの里では「藤まつり」「梅まつり」も毎年行われていますよ。

藤まつり

  • 4月下旬頃~5月上旬頃 
  • 8:00~18:00
  • 開園期間中無休

10種類、1800本の藤、7種類の藤棚と園内55000㎡に開花!

梅まつり

  • 2月中旬頃~3月下旬頃
  • 8:00~17:00
  • 開園期間中無休

詳しくはホームページを見てくださいね⇒「かざはやの里」ホームページ

◆かざはやの里 所在地:三重県津市戸木町4096 下の行のワンクリックでコピーできます。

三重県津市戸木町4096



スポンサーリンク
スポンサーリンク
三重県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました