月見の里南濃・道の駅(岐阜県海津市)の足湯や駐車場トイレ

スポンサーリンク



道の駅・月見の里南濃の足湯

岐阜県の南部、海津市にある「道の駅 月見の里南濃」は、こんもりとした山をバックにして、ゆったりとくつろげる道の駅です。

特に足湯が気にいっています。

三日月の形をした足湯は、駐車場から一段高いところの広場の中心にあって、買い物や休憩の合間に必ず利用しています。

設備が整っていて、どこもとてもきれいにしてあり清潔感のあるところです。

裏山はみかんや柿の木、沢山の花を観賞しながらのハイキングが楽しめ、「水晶の湯」という温泉もあります。

 

スポンサーリンク

足湯で癒される

道の駅・月見の里南濃の足湯

「道の駅 月見の里南濃」に入ったら、足湯で疲れを癒しています。

40度のお湯には、入るとき「ちょっと熱いなあ」と思うものの、じきに慣れ、ジャグジー(ジェットバスというのでしょうか?)のところに足首やふくらはぎをあてると、だるかった足の疲れがすーっととれていく気持ちよさです。

10分ほど足湯につかりながら、ぼんやりしているだけでも気持ちがよいですが、上がって歩き始めると、足が宙に浮くくらいの軽さを実感できます。

脚の疲れがすべて吹っ飛んだような感覚で、とっても下半身が軽くなり、また旅を続けよう!という気力がわいてきます。

足湯は10分ほどつかると、血行がよくなるのでお湯にはいっていたところまで、皮膚が赤らんでいます。

上がるときは座るところを濡らさないよう、持ってきたタオルで素早く足を拭きます。

素足で歩きたくなる気持ちよさです。寒い季節が特にいい。

道の駅・月見の里南濃の足湯の注意書き

初めて道の駅・月見の里南濃の足湯にはいるときは、この注意書きを読んでおくと参考になります。

南濃温泉「水晶の湯」と同じ源泉を利用した足湯なのです。

利用時間は8:00~19:00でした。早くからやってます。

道の駅・月見の里南濃の足湯

広場の真ん中にドーンと目にはいってくる足湯の場所。

三日月の形をした足湯の浴槽で、頑丈な手すりがついているので、子供さんやお年寄りも利用しやすいです(障害のある方も使いやすいように考えられているそうです)。

一度に入れるのは15人くらいでしょうか、土日は混んでいますが、交替もけっこう早いです。

 

道の駅・月見の里南濃の駐車場

道の駅・月見の里南濃の駐車場

大型車27台、小型車103台、身障者用2台(屋根付き)、2輪車用(屋根付き)の駐車スペースがあって、24時間いつでもご利用できます。

岐阜県下の道の駅の駐車場としては最大級の駐車場、トイレは数か所あるので、駐車場から店舗の方へ歩けば見つけられます。

南側のトイレだけは24時間利用可能なので、キャンピングカーで宿泊もできそうです。

トイレはベビーシートや着替え台はもちろんありますし、オストメイト対応の設備を備えた多目的トイレや幼児用のトイレもあって、設備のよさには感心しました。

道の駅・月見の里南濃を駐車場からのぞむ

駐車場から足湯や店舗の方をみたところ。

道の駅・月見の里南濃の休憩広場

広場には休憩用のテーブルとイスが随所にあります。

また柿やみかんがたくさんとれる地域なので、シーズンになるとテントが張られて、地元生産者の方たちの美味しい柿やみかんが並んでいます。

 

道の駅 月見の里南濃の概略

道の駅・月見の里南濃の観光マップ

定休日は年始(1月1日)のみ

国道258号線沿いで、養老山脈の麓に位置し、敷地面積約21,000平方メートルという県内最大級を誇る「道の駅」です。

特産館や農作物直売所、軽食レストランなどあって、何を食べようか迷ってしまうほど食事の種類が多いです。

足湯(無料)をはじめとする設備は充実しています。

近隣には温泉施設「水晶の湯」や高台に位置する「月見の森」等の観光地もあり、ハイキングコースも整備されています。

駐車場からのロケーションもまあまあよいのですが、高台の「月見の森」からのロケーションは絶景です、濃尾平野が見渡せます。

道の駅・月見の里南濃の裏山

駐車場から月見の森を見上げるとこんな景色です。(暗くなってしまいました)

裏山の「月見の森」は軽いハイキングコースが整備されていて、季節の花がたくさん見られます。

ドライブで脚がなまったら?気分転換にもなりますよ。景色も絶景!温泉にも入れるのでいいところですよ。 ↓↓

月見の里南濃の裏山・月見の森からの絶景は東海随一

(よっちゃん)




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy