岐阜金華山ロープウェイからの眺めと運賃・リス村入村料

スポンサーリンク



岐阜金華山ロープウェイ乗り場にあるリス村のゆるキャラ「リロちゃん」

岐阜金華山山頂へは、ロープウェイにのれば4分ほどで到着します。

ふもとから徒歩での往復も可能で、片道だけの切符も販売されています。

標高329メートルの金華山には、山頂に岐阜城と展望レストランとリス村があります。

展望レストランのことはこちらに書いたので⇒「金華山岐阜城展望レストランでランチ・素晴らしい景観信長どて丼も(岐阜県)」、ここではロープウェイのこととリス村のことを書きますね。

 

スポンサーリンク

岐阜金華山ロープウェイ乗り場・眺め・運賃

岐阜の金華山にあるロープウェイ、頂上には織田信長の岐阜城がそびえています。

登山道も整備されていてますが、準備をしていないのでロープウェイを利用しました。

岐阜金華山ロープウェイ乗り場の建物

ふもとにある「堤外駐車場」(第一・一回300円)から公園にはいり、案内にそって金華山ロープウェイ乗り場まで、徒歩3分ほどです。

岐阜金華山ロープウェイ乗り場歓迎ののぼりと券売機

建物の中に入ると、「歓迎ようこそ金華山・岐阜城へ」と迎えられ、お土産物が並んでいます。

ロープウェイに乗るには、券売機か窓口で、片道か往復か決めて購入します。

大人片道620円、往復1080円、子供片道280円、往復540円、ペット同伴OKで往復400円です。

営業は3月16日から5月11日までは9時~18時

5月12日から10月16日までは8時から18時

ゴールデンウイークと夏休み期間、9月10月の土日祝には夜10時まで営業しているので、夜景を楽しむこともできます。

運行時間は10分おきです。

岐阜金華山ロープウェイ乗車券

金華山ロープウェイのチケットは乗るとき見せますが、そのとき切符を切るはさみで、下の枠にカチャっとはさみが入れられます。

昔の電車の乗車券みたいです。

復路でも必要なので、なくさないようにね。

岐阜金華山ロープウェイの乗務員のきれいな方

春休みだったので、乗務員の女性二人、ひとりは実習生の方で初々しかったです。

金華山ロープウェイからの眺め

 

岐阜金華山ロープウェイからの眺め三重塔

ロープウェイからは、のぼりはじめのところの赤い三重塔がはっきりと見えます。

岐阜金華山ロープウェイからの眺め岐阜市内

ロープウェイの後ろ側にのると、登るにつれて岐阜市内の景色が開けてきます。

急な坂をグングンとあがっていきます。

岐阜金華山ロープウェイからの眺め居館跡の発掘調査

信長の居館跡の発掘調査が進んでいて、その様子も丸わかり。

ロープウェイのアナウンスは「織田信長公」でしたよ。「よくぞ来た、楽しんでいってくれ」みたいな内容で、お城の解説などもあって降りるまで続きました。

乗務員さんの声はほとんど聞かずに頂上に到着でした。

金華山ロープウェイは約4分で頂上につきます。あっという間です。

 

金華山リス村入場料時間

岐阜金華山山頂にあるリス村

金華山ロープウェイの頂上につき、リス村の案内に従って歩きはじめると、ほどなく「リス村」につきます。

開村時間は 9時30分~16時30分(最終入村 16時15分 年中無休)

入村料金 4歳以上 200円

4歳未満子供さんは、大人1人につき1人無料です。(2人目から小人料金がかかります。)

岐阜金華山ロープウェイ乗り場にあるリス村のゆるキャラ「リロちゃん」

これはロープウェイ乗り場にあったリス村のゆるキャラの「リロちゃん」。

リスの体調管理のためということで、営業時間の途中休憩時間を設けてありました

リスの休憩時間は、ロープウェイの切符を買うところにも表示されていましたし、リス村前の看板にも表示されていました。

確か1時間ごとに30分くらいの間隔で休憩時間があったように思います。

昭和40年に当時日本で初めての「リス村」を開村したといいます。

忍び返しという外に出られない広い柵の中で、自由にのびのびと暮らしている様子が見られますよ。

この日は春休みで小さな子供連れの家族が、入村のため並んでいました。

お昼の食事は展望レストランで⇒「金華山岐阜城展望レストランでランチ・素晴らしい景観信長どて丼も(岐阜県)」

イベント開催していました⇒「岐阜市信長公450・信長公を感じるおもてなし戦国無双パネル展(岐阜県)」

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy