スポンサーリンク



岐阜県大垣市大垣城そばの「餅惣」の「水まん氷」630円

水まんじゅう発祥の地大垣の、大垣城からほど近い「餅惣(もちそう)」さんで「水まん氷」を食べてみました。

かき氷の中の水まんじゅうは、ひんやりと見るからに涼しそう。

夏限定商品なので、今がチャンス。

 

スポンサーリンク

「餅惣」の「水まんじゅう」と「水まん氷」

岐阜県大垣市の「餅惣」で「水まん氷」

◆「餅惣」で「水まん氷」、左は見本品、右ができたて

「水まん氷」は期間限定商品で、4月上旬から9月上旬 までの販売

店頭でフワフワの氷に白蜜をかけて、水まんじゅうが埋もれてます。

岐阜県大垣市の「餅惣」で「水まん氷」水まんじゅうがツルツル

本葛を使った水まんじゅうの本格的な味は。。。

白蜜の甘さと氷の冷たさで、いっそうヒンヤリした水まんじゅう三個。

水まんじゅうの舌触りは、とにかくツルツルの滑らかさ。

それでいてちょっとプリッとした食感も。

こし餡も超なめらかで、ほんのりとした甘さがさわやかです。

岐阜県大垣市の「餅惣」で「水まん氷」の器も大垣産

◆「水まん氷」の器も大垣産

器は大垣名産の八角形の枡が使ってあり、大垣城の焼き印入り。

桝でいただくかき氷というのもいいですね。

今大垣城に行ってきたばかりなので、天守閣からの景色がちらっと浮かびます。

店内でもいただけますし、お店の前にベンチでも。

スポンサーリンク

「水まんじゅう」の涼しさは水の都ならでは

岐阜県大垣市の「餅惣」、店頭の商品見本

◆「餅惣」店頭の商品見本

店頭にある商品の見本、左から「水まん氷」「水まんじゅう」、右が持ち帰り(テイクアウト用)。

ここで食べていきたくなりますよね。

岐阜県大垣市の「餅惣」、半分青い水まんじゅうは期間限定

◆「水まんじゅうソラ」は期間限定

半分青い水まんじゅうの「ソラ」は、7月から8月の土日祝日の販売のみ

残念ながらこの日、9月2日は販売終了。残念。

お店のことが2019年9月の旅色 という雑誌で 紹介される予定。

旅番組で過去にも紹介されていて、店内に色紙がいくつもありましたよ。

岐阜県大垣市の「餅惣」、店頭と店内の様子

椅子が7~8脚あり、暑かったので店内にていただきました。

金髪のご夫婦は、外のベンチでおいしそうに舌鼓。

「餅惣」さんの店構えと場所

岐阜県大垣市の「餅惣」さん店構え

「餅惣」さんは大垣城に隣接する商店街にあり、大垣城へ徒歩1分。

商店街の中央から大垣城に入るのですが、角から3件目で目立つお店です。

創業は文久二年(1862年)だそう。

商品ラインナップ、主な商品

水まんじゅうで有名な「餅惣」さんですが、お餅・赤飯・季節ごとの和菓子贈答品なども置いてありますね。

  • 水まん氷:630円
  • 店頭でいただくなら3個入:380円

<持ち帰り 水まんじゅう>

  • 10個入り:1,150円
  • 5個入り: 600円

持ち帰った場合は氷水に2~3分冷やしてから食べると 一層美味しそうですよ。

お店には、三色団子、草餅、豆餅、鮎菓子、カステラ、どら焼き、黒糖ういろう、三色団子など並んでいて、どれも品良くお手頃でした。

これだけの和菓子の出来立てを買えるお店は、名古屋にも稀です。

かき氷もいろいろありましたよ。

かき氷の氷は水の都大垣の良質なお地下水なので、氷が透き通ってとってもきれいでした!

この近くに飲める湧き水が何か所もあるので、それを探索してくるのも面白そう。

商店街の近くにも、のめる湧き水ありましたよ。

ミニ奥の細を体験できる散策コースはぜひ!⇒「大垣観光は水門遊歩道「四季の路」ミニ奥の細道体験2.2キロ(岐阜県)」

お店の前の道路に2台分の停車帯があり、私たちはそこにとめました。

岐阜県大垣市で水まんじゅう、「餅惣」の前の停車帯二台分

◆「餅惣」の前の停車帯二台分

ここにとめられないときは、付近のコインパーキングか大垣駅前の駐車場も参考にしてください⇒「大垣駅でランチ・一人でも入りやすい店 おらが蕎麦/駐車場は?(岐阜県)」

岐阜県大垣市郭町1-61 餅惣




スポンサーリンク