スポンサーリンク



「道の駅志野・織部」の巨大左馬の絵の茶碗

「美濃焼」は岐阜県の東濃地方で作られている焼き物の総称です。

15種類が伝統工芸品として指定されているので、これ!と特定できないことが特徴です。

中でも有名なのは「織部」「志野」ですね。

懐の深い美濃焼のすべてを見ることができるのが道の駅「志野・織部」です。

やきもの生産日本一の町岐阜県土岐市にあって、圧倒される品ぞろえです。

「道の駅志野・織部」の外観

この道の駅は、地域で最大級の美濃焼ショップにもなっていて、どこを見ても焼き物ばかり。

美濃焼を知るのに絶好の場所でしょう。

あまりにおしゃれな焼き物が多いので、ついじっくり見てしまいマグカップを買いました。

隣接する美濃焼卸センター(織部ヒルズ)より仕入れができため、市場の8割弱の値段とのことですよ。

美濃焼のすべてをお伝え出来ませんが、いくつかを画像で紹介します。

道の駅ならではの産直品の農産物、加工品ももちろんあります。

道の駅の駐車場・食事処・カフェも紹介します。

 

スポンサーリンク

美濃焼・道の駅志野織部のやきものショップ

「道の駅志野・織部」の店内展示美濃焼について

美濃焼は日本の全ての食器の60%を占めているので、家庭には必ずあるのではないかというほどの食器と思います。

 

「道の駅志野・織部」の店内展示作家もの

個性的な作家さんの美濃焼。

 

「道の駅志野・織部」の店内展示作家もの

日本酒を飲むのにいい、おしゃれな器。

 

「道の駅志野・織部」の店内展示ぎやまん陶

これも美濃焼。「ぎやまん陶」というそうです。

シックで高級感のある色、お祝いのプレゼントに向きそう。

「道の駅志野・織部」の店内全景

天井の高い広々とした施設内に、見渡す限りのスペースをとって展示販売されています。

 

「道の駅志野・織部」の店内展示ショップ

およそ食器という食器が置いてあり、家庭で使うにはどれがよさそう?

と、ついつい見いってしまいます。

 

「道の駅志野・織部」の展示高級品
◆「道の駅志野・織部」の展示高級品

20万円を超える器もありますね。

 

スポンサーリンク

市場の8割の値段でマグカップを

「道の駅志野・織部」で買ったマグカップ

日常使いの食器は、全体的にお値段もなかなか手頃です。

「道の駅志野・織部」はその安さでも注目のショップです。

ということで、ほしくなってしまい自分用に。

デパートより断然品数は多いし、バラエティーに富んでいます。

プレゼントにもうってつけ。

 

巨大左馬の絵の茶碗

情報コーナーにあった巨大な陶器がびっくりの大きさ。

「道の駅志野・織部」の巨大左馬の絵の茶碗
◆「道の駅志野・織部」の巨大左馬の絵の茶碗

焼きもの処では「無事に焼けるように」と、初窯に火の神に祈って左馬の柄の茶碗を焼く風習があります。

そしてその茶碗を常用すれば、病魔・中風よけになると言われています。

縁起の良いものとして知人に配った風習が、今に継承されて残ります。

中を見るとやはりお金が投げ込まれていますね。

 

スポンサーリンク

「道の駅志野・織部」の駐車場と食事処「みわ屋」

「道の駅志野・織部」の駐車場全景

「道の駅志野・織部」の第一駐車場は、自家用車は38台分でそんなに大きくありません。

が、観光バス用11台のスペースが広いです。

電気自動車の充電駐車場(EV充電器設置 )あり。
身障者用2台のところには、車いすが二台置いてあります、親切ですね。
第2駐車場もあって、隣接の「織部ヒルズ」内「土岐美濃焼卸センター」西側に。

 

食事は「みわ屋」で・カフェは「青いくま」

「道の駅志野・織部」の食事処「みわ屋」

ひつまぶしや季節料理の食事処「みわ屋」があります。

ケーキやスィーツが人気のカフェ「青いくま」は、白いソファで一階、二階と広くとってありますよ。

 

「道の駅志野・織部」の営業時間アクセス

  • 定休日:年中無休 ※1/1のみ休業
  • 営業時間 :9:00~18:00
 

<アクセス>

高速道路利用がとても便利なところ、

◆中央自動車道・土岐IC ⇒ 出口を左折 ⇒ 国道21号を美濃加茂方面へ約5分
◆東海環状自動車道・可児御嵩IC ⇒ 出口を左折 ⇒ 国道21号を土岐方面へ約10分

松本、諏訪といったナンバーの車も多かったですね。

 

どこよりも美濃焼が豊富にそろう道の駅「志野・織部」。

岐阜県土岐市泉北山町2丁目13-1 道の駅志野・織部




スポンサーリンク