上野天満宮(名古屋市千種区)無病息災・合格祈願にご利益・アクセス方法

スポンサーリンク



上野天満宮(名古屋市千種区)の菅原道真を模した「天神みくじ」と撫で牛

愛知県名古屋市千種(ちくさ)区にある「上野天満宮」は、「無病息災・各種試験の合格祈願」にご利益のある神社として知られています。

私も勉強嫌いなのに希望ばかり高い息子の、受験の祈願に行ってきました。

学問の神様といえば「菅原道真公」ですね、名古屋市には「三天神」とよばれる学問の神様をまつる神社三ヶ所あります。

「上野天満駅」と「山田天満宮」と「桜天満宮」ですが、三ヶ所の天神様の御朱印を集めて祈願するとよりご利益が大きいということで、受験生の親が御朱印集めを熱心にしているようです。

上野天満宮の境内には受験祈願の親子が続々と詰めかけて、「撫で牛」の頭をなでては、賢くなるようにと親子そろって神頼みしている微笑ましい光景がみられます。

撫で牛のそばばかりでなく、境内のあちらこちらに、こんなにカワイイマスコット人形(失礼!)がたくさん並べられていますよ。

上野天満宮(名古屋市千種区)の菅原道真を模した「天神みくじ」

 

スポンサーリンク

おみくじは菅原道真公のゆるキャラ「天神みくじ」

神様である菅原道真公をゆるキャラのマスコット人形にしただけでなく、おみくじにしてしまったご愛嬌には恐れいります。

各種の合格にご利益が大きい「上野天満宮」では、祈願の参拝が終わると、「天神みくじ」をみなさんひいています。(300円)

おみくじは近くの所定の場所に、びっしりと結ばれています。

上野天満宮(名古屋市千種区)の結ばれたおみくじ

そしてマスコット人形は、「撫で牛」のそばに、そして見渡すかぎりのあちこちの場所に置かれています。

上野天満宮(名古屋市千種区)の菅原道真を模した「天神みくじ」

高い場所に置きたいと思っても、受験生がどっと詰めかける1月2月は、置き場所がない?かもしれないですね。

赤、緑、黄色のおみくじは、本来は賢くなる撫で牛のそばに置くのが一番よいそうですから、ここが一番密集しています。

上野天満宮(名古屋市千種区)の菅原道真を模した「天神みくじ」と撫で牛

よく見ると必勝の鉢巻をした「撫で牛」の面持ちは、やる気満々!っといった面持ちです。

上野天満宮(名古屋市千種区)の撫で牛アップ

 

上野天満宮(名古屋市千種区)へのアクセス方法

上野天満宮(名古屋市千種区)

上野天満宮は、名古屋市千種区赤坂町4-89 にあります、(電話052-711-6610)、名古屋ドームの東南になります。

名古屋市営地下鉄を利用の場合は、名城線の砂田橋駅で降り、南へ800メートル(徒歩約10分)です。

名古屋市営バスを利用の場合は、天満通1丁目のバス停で降り、その東にあります。

参拝者用の駐車場は40台です。

 

名古屋三天神とは

上野天満宮(名古屋市千種区)

名古屋市には、「名古屋三天神」と呼ばれる、菅原道真公をまつる大きくてご神徳の高い神社が三ヶ所あります。

千種区の上野天満宮の他に、北区山田町にある「山田天満宮」そして中区錦にある「桜天満宮」です。

絵馬の後ろに御朱印をいただき、願いをかけることで、より成就しやすくなるといわれています。

三ヶ所の神社への参拝順は自由で、三社目の神社で合格祈願の天神像のお守りがいただけます。

そして念願がかない合格したら、天神様に報告して絵馬をいずれかの神社に返納します。

・山田天満宮の住所:名古屋市北区山田町3-25

・桜天満宮の住所:名古屋市中区錦2-4-6

いずれの神社にも必ず牛の像がありますが、それは菅原道真の干支が牛だったからという理由、また牛と関わる伝説が諸説あり、天満宮では「牛を神の使い」としているためです。

特にここ上野天満宮の牛の像は、凛々しい表情が印象的で、勉学に励む若者たちの気持ちを鼓舞してくれそうです。

ちなみに、私は息子のためとはいえ、上野天満宮だけに祈願の参拝にいったのみ・・・だからかな?息子は不合格・・・でした。

いずれにしても、本人が努力しないことには、祈願だけではどうにもならないですね・・・

上野天満宮(名古屋市千種区)にある菅原道真公

菅原道真公の似顔絵

写真は一昨年の2月にとったもので、受験シーズンのピーク時でした。

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy