明月院のあじさい・2022見頃の時期/予約は/駐車場とランチ/北鎌倉【動画あり】

スポンサーリンク



明月院(北鎌倉)ヒメアジサイ あじさい

◆明月院のあじさい(総門から山門へ)

北鎌倉の明月院は、明月院ブルーで知られるあじさいの名所。

豊かに咲く青いヒメアジサイを見に、見頃ともなると長蛇の列ができます。

2022年の6月17日に訪問しましたが、まさに絶景とはこのこと。

入場間もない時間だったからか、入場制限なく鑑賞できました。

明月院のあじさいの見頃の時期、予約や駐車場などについて報告しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明月院のあじさい・見頃の時期

明月院(北鎌倉)ヒメアジサイ あじさい

◆明月院 あじさい

  • 例年の見ごろは6月中旬から下旬

2022年6月17日午前中に行きましたが、まさに見ごろでした。

これから咲くものや色が鮮やかになるものも多かったです。

スポンサーリンク

明月院のあじさい・拝観時間と料金

明月院(北鎌倉)入り口

◆明月院入り口

スポンサーリンク

拝観時間

  • 拝観時間:9時~16時30分(最終受付16時、閉門16時30分)
  •  ※6月は8時30分開門で閉門17時まで

拝観料金

  • 拝観料:500円、小中学生300円
  • 本堂後庭園公開:拝観料と改めて500円

拝観予約について

拝観にあたって予約は不要です。

あじさいの見頃の期間で、混みあう土日などには「入場制限」されることがあり、そのときは待ちになります。

明月院・明月院ブルー

明月院(北鎌倉)ヒメアジサイ あじさい

◆明月院 ヒメアジサイ 明月院ブルー

明月院のあじさいは9割がヒメアジサイで、大型のテマリアジサイ3000株が咲き誇ります。

その藍色はとても美しく「明月院ブルー」と称され、しっとりとした境内のいたるところに凛として咲いています。

またほかにガクアジサイ、ヤマアジサイ、大きな丸い蕾が弾けるように開花するタマアジサイも自生しています。

総門から中門に至る鎌倉石の石段の両脇を埋め尽くす美しい青色の紫陽花。

「鎌倉の紫陽花といえば明月院」といわれるほど有名なあじさいスポットです。

明月院・見どころ

明月院の全域が国の史跡に指定されています。

  • 瓶ノ井(鎌倉十井)
  • 上杉憲方墓と伝える宝篋印塔のある「やぐら」
  • 伝北条時頼墓

鎌倉幕府第5代執権北条時頼公墓所

◆鎌倉幕府第5代執権北条時頼公墓所

明月院の見どころ案内版

◆明月院の見どころ案内版

聖観世音菩薩が祀られている本堂。

密室守厳像が安置されている仏殿・宗猷堂(開山堂)。

鎌倉エリアで最大級といわれるやぐら。

あじさいを背景に、じっくりと拝見できます。

境内の季節の草木・花

境内には四季折々に草木・花が咲き、趣ある情緒をかもしだします。

春先にはシダレザクラやレンギョウ、ボケ、モモ。

冬はスイセン、ツバキ、ロウバイが彩ります。

本堂後庭園特別公開中

◆明月院 本堂後庭園特別公開中

堂後方の庭園は、6月の花菖蒲開花期と12月の紅葉期のみ公開されます。

受付は9時半から16時まで。

夕方が比較的すくようです。

明月院のあじさい・アクセスと駐車場

明月院(北鎌倉)ヒメアジサイ あじさい

アクセス

  • JR北鎌倉駅より徒歩10分
  • 車利用の場合:横浜横須賀道路、日野ICより20分、朝比奈IC15分

駐車場

  • 拝観者用の駐車場:なし

近くのコインパーキング料金目安

タイムズ建長寺西駐車(鎌倉市山ノ内1492)

◆タイムズ建長寺西駐車(鎌倉市山ノ内1492)

私たちが明月院のあじさい鑑賞のために利用した駐車場は、「建長寺」(明月院から徒歩13分)の近くにある「タイムズ建長寺西」で、

6月13日より料金が変更されています。

  • 月から金の最大料金:2000円税込(当日24時まで)
  • 土日祝:2500円税込(当日24時まで)

基本料金30分330円(全日)なので、3時間を超えると最大料金になる計算です。

明月院から徒歩5分以内のコインパーキングは、30分200円でした。

が、台数は少ないので、運が良ければとめられるかもという感じです。

駐車場に入るのに車で待つほどの、車道の広さがありません

明月院だけでなく他のあじさい観光も含めて、3時間をこえるようなら一日上限のある駐車場にとめるのが得策です。

明月院通りの車両通行禁止について

明月院前通りの車両通行禁止案内

◆明月院通り車両通行禁止案内

明月院前通りは、6月1日から1か月間の土日、9時から17時までは地域関係車両を除いて通行禁止になります。

明月院・ランチ(食事)とお茶

明月院の境内には、食事するところおよび自販機はありません。

門前(明月院通り)にうさぎまんじゅうのお店で休憩できます。

明月院通り 茶寮 風花さん

◆明月院通り 茶寮 風花さん

うさぎまんじゅうと飲み物のセットで、一服。

ランチ(食事)は、北鎌倉駅の西の通り沿いに何件かあり、そば処はじめおしゃれなお店がありますよ。

北鎌倉の名所マップ 案内図

◆北鎌倉の名所マップ 案内図

近辺のお店においてある「北鎌倉名刹マップ」(北鎌倉駅にもあるはず)を手に入れると飲食店の紹介もあり、いいですよ。

明月院訪問の注意点

撮影時の注意

明月院(北鎌倉)撮影の一脚三脚使用禁止

◆明月院・三脚一脚使用禁止

明月院内では、撮影時の三脚一脚の使用は禁止されています。

ペット同伴について

ペットは基本的にNGですが、キャリーバッグに入れ体がでなければOKのようです。

ベビーカー置き場

明月院 ベビーカー置き場

◆明月院ベビーカー置き場

明月院の境内は、石階段とゆるい坂道でベビーカーは動けません。

入り口そばに置き場があります。

明月院のあじさい・2022見頃の時期/予約は/駐車場とランチ/北鎌倉

「明月院ブルー」と言われる初夏の鎌倉の定番の絶景を見ることができました。

やはり開門早々に行って正解でした。(6月17日金曜日)

紫陽花が咲く土日には、入場制限で大行列ができるほどになるそうですよ。

国指定史跡の明月院・略歴

創建は1160年(永歴元年)にはじまり、その約100年後に鎌倉幕府5代執権北条時頼公により、この地に「最明寺」が建立される。

時頼は三十歳で出家、三十七歳で卒去。

その子北条時宗により最明寺を前身として寺を再興、大覚禅師が開山。

その後拡張され「関東十刹の一位」となる。

「明月庵」は「明月院」と改められ、支院の首位になる。

禅興寺は明治初年に廃寺となり、明月院のみ残して現在に至る。

あじさい開花状況や時間は⇒「鎌倉観光公式ガイドの明月院のページ」の「あじさいの対応について」を確認してください。

曇っていたのできれいな写真がとれず、それが残念でした。

明月院のあと、徒歩5分の「円覚寺」そして徒歩13分の「建長寺」のあじさいもみてきました。

◆徒歩5分の円覚寺⇒「円覚寺のあじさい/2022見頃/拝観料と見どころ/駐車場は(北鎌倉)動画あり

◆徒歩13分の建長寺⇒「建長寺のあじさい/2022見頃の時期/見どころ/駐車場とアクセス(北鎌倉)動画あり

◆鎌倉のあじさい名所ランキング⇒「鎌倉のあじさい・名所をランキングで紹介2022/見頃に行ってきました!

※2022年6月17日(金)訪問

◆明月院(福源山明月院) 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内189 下の行のワンクリックでコピーできます。

 神奈川県鎌倉市山ノ内189

【動画】明月院のあじさい2022北鎌倉Kamakura Meigetuin Hydrangea

【動画】鎌倉あじさい6選/鎌倉の大仏様/6 selections of hydrangea in Kamakura/Big Buddha in Kamakura Japan




スポンサーリンク
スポンサーリンク
神奈川県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました