沼津御用邸記念公園のあじさい・見ごろと見所/駐車場アクセス(静岡県沼津市)動画あり

スポンサーリンク



沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸とあじさい

◆沼津御用邸記念公園の西付属邸とあじさい

静岡県沼津市にある「沼津御用邸記念公園」のあじさいを鑑賞させていただきました。

沼津御用邸は、明治26年当時皇太子だった大正天皇のご静養先として造営されたところ。

昭和45年から都市公園として一般公開されています。

素晴らしいお庭に咲くあじさいは、静穏で気品あふれる姿です。

あじさいの見頃、料金、駐車場情報について体験談をお伝えしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沼津御用邸のあじさい

スポンサーリンク

あじさいの見頃

あじさいの見頃は、5月下旬から6月下旬。

苑内外に2300株のあじさいが咲き誇ります。

一番のおすすめは6月下旬。

この時期には、スカシユリ・ハマナデシコも同時に見らますよ。

沼津御用邸の素晴らしいあじさい

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸の中庭にあるあじさい

◆沼津御用邸記念公園の西付属邸の中庭にあるあじさい

ガクアジサイ、ヤマアジサイ、セイヨウアジサイなど、約2300株が群生しています。

公園の有料敷地内はもちろん、その入り口付近にも多数のあじさいが咲いていますよ。

訪問したのは7月3日でやや終わりかけの頃でしたが、曇り空の元でも爽やかな青が印象的です。

西付属邸の付近のあじさい

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸を見る

◆沼津御用邸記念公園の「西付属邸」

まずは沼津御用邸記念公園の「西付属邸」の付近のあじさいを鑑賞させていただきます。

西附属邸は明治38年、昭和天皇の御用邸として造営された建物。

数回の増築を経て現在の形となり、部屋数26の木造平屋建て。

宮廷建築として非常に貴重なものだそう。

邸を後ろに、あじさいが群生しています。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸を彩るあじさい

◆西付属邸を彩るあじさい

低い垣根沿いに大きな球状の花をつけた豊かな紫陽花は、青や薄紫。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸を彩るあじさい

◆西付属邸を彩るあじさい

赤みのある紫色のあじさいも。

中庭にもあじさいが植えられ、落ち着いた風情です。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の西付属邸の中庭にあるあじさい

◆「西付属邸」の中庭のあじさい

御用邸記念公園のあじさいは、園内のあちらこちらに群落をつくっているので、足を止めてゆったりと見ることができます。

西洋あじさい、日本原種のガクアジサイなど、種類は多くないですが梅雨の風物詩の景色は、どこもステキです。

素晴らしいお庭とともに、あじさいの花が生き生きとしています。

撮影スポットはそこかしこに見つけら、しばしば立ち止まって。

園内のあじさい・藤棚付近と沼津垣広場

御用邸記念公園のあじさいは、いずれもしっとりと風情のあるたたずまい。

1週間ほど前の6月下旬なら、どれほどきれいだったでしょう。

藤棚付近とあじさい

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の藤棚と付近のあじさい

◆沼津御用邸記念公園の藤棚

藤棚は公園のほぼ中央にあり「歴史民俗資料館」の隣です。

片側にあじさいの大きな株がつらなっています。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の藤棚と付近のあじさい

◆藤棚と付近のあじさい

どれも大きな株で、私の背丈ほどあります。

ぽつぽつ雨が降り出し、ちょっと速足での散策に。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の藤棚と付近のあじさい

◆散策路

散策路は歩きやすく整備されています。

庭の奥の方で咲く群落もあるので、脇へそれて撮影もできます。

お庭は松林で、お庭の前は「島郷海岸」、水平線に夕日が沈む「だるま夕日」の撮影場所として冬多くの写真家が来るそうです。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)前の島郷海岸

◆島郷海岸

海岸を見るには、急勾配の土塀をあがり頑丈なフェンスごしということになります。

(上ってこの景色を見ましたが、降りるのは大変、気をつけてね。)

沼津垣広場付近とあじさい

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の沼津垣広場、七夕まつりの飾り

◆沼津垣広場、七夕まつりの飾り

「西御用邸」近くにある「沼津垣広場」はイベントが開かれる場所。

この日は七夕まつりが近いので短冊が飾られていました。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の沼津垣広場付近のあじさい

◆沼津垣広場付近のあじさい

ここにはカシワバアジサイも散見できます。

花期が長いのか、真っ盛りのようです。

沼津垣に囲まれて、豊かな葉をたくわえて、静かにしっとりと咲いています。

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の沼津垣広場付近のあじさい

◆沼津垣広場付近のあじさい

ここは土のまま固められた路、重厚な雰囲気があり言葉も少なくなります。

あじさい鑑賞の所要時間

沼津御用邸のあじさいの鑑賞にあたっては、あじさいだけ見るだけでも30分はかかります。

公園内にはほかにも鑑賞したいスポットがあるので、行ってみました。

スポンサーリンク

御用邸記念公園のスポット

ここはというスポットを紹介します。

防空壕あと

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)の名所スポット、防空壕あと

◆沼津御用邸記念公園、防空壕あと

公園の西方向にある「防空壕あと」です。

こんもりとした平坦な小山の形状で、入り口は大きく木製の扉。

富士見ポイント

公園の西の端にある「富士見ポイント」から、松林越しに頭をのぞかせる富士山が見えます。

この日は雨が降り出す空だったので、全く見えませんでした。

やはり晴れた日を選んでいくのがよいですね。

皇太子殿下ご成婚記念梅園

「西付属邸」の西側には皇太子殿下ご成婚記念梅園があります。

今は青い葉が茂っていましたが、春浅い梅の花の季節も素晴らしいところです。

一年中花を見ることのできる、ステキな公園です。

ここの一部の景観が「旧沼津御用邸苑地」として国の名勝指定をうけています

沼津御用邸記念公園・入園料時間

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)受付と売店

◆沼津御用邸記念公園 受付と売店

入園料

一般料金(入園・西付属邸観覧料込)

  • 個人 大人410円 
  • 小中学生200円

お庭だけなら大人100円 小中学生50円

営業時間と休園日

  • 営業時間:9時から16時30分
  • 休園日:年中無休(2022年5月末現在)

駐車場とアクセス

駐車場

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)駐車場の案内

  • 乗用車:無料 
  • バス・マイクロバス 2時間まで1,040円

駐車場はとても広いです。

アクセス方法

<車の場合>

  • 東名沼津インターより約25分
  • 新東名の長泉沼津インターより約35分

<電車・バスの場合>

  • JR沼津駅より伊豆箱根バスで約15分「御用邸前」下車(沼津駅南口のバスターミナル7番乗り場)

飲食店・お土産

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)喫茶とそば処

◆そば処と喫茶

官舎が大正ロマンあふれる洋食店「娯洋亭」にうまれかわりました。

おすすめメニューは、富士山キーマカリーとオムライス。

喫茶主馬(しゅめ)

営業時間:10時から16時

旧本邸の馬屋を改装した店内で、喫茶と軽食がいただけます。

カレーライス、ハンバーグランチ、串だんご、わらびもち、お抹茶、等。

店内には園内の松を使用した重厚なテーブルが並び、テラスに設置した喫茶席は庭の景観が楽しめると人気。

※「紫陽花茶屋」で紫陽花セット(お抹茶・和菓子付)600円、紫陽花セット極(お抹茶と紫陽花水神餅)900円が楽しめるという情報も。ただし6月の土・日のみ。

お土産・売店

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)お土産売店(受付となり)

◆お土産売店(受付となり)

お土産は、ここにしかない特別の品物が。

雅子さま(ハマナス)、紀子さま(檜扇アヤメ)のお印の花をアレンジした品物や、 御用邸にちなんだ一筆箋、コンクールで入選したお菓子など。

園内の様子を動画にしました。

 

沼津御用邸記念公園のあじさい・見ごろと見所/駐車場アクセス(静岡県沼津市)動画あり

沼津御用邸記念公園(静岡県沼津市)入り口手前から東方向へのあじさい群生

◆公園入り口手前から東方向へのあじさい群生

あじさいは公園内だけではありません。

公園入り口手前から東方向にあじさいの群生が見られます。

そう距離は長くないですが、ここも背の高い大きな株でいきいきと咲いています。

「東付属邸」も入場や閲覧ができますが、事前予約が必要です。

一番の見ごろは6月下旬、晴れた日はお庭から富士山も見える、風光明媚なところです。

明治大正昭和の3代、77年間にわたり、天皇皇后両陛下や皇族の方々が利用されてきた特別なところ。

敷地内の建物「西付属邸」では、貴重な家具や資料の数々を拝見できました⇒「沼津御用邸記念公園の西付属邸を見学・調度品に目がくらむ(静岡県沼津市)」

※2020年7月3日訪問記録

※2022年5月30日料金など確認更新

公式ホームページ⇒「沼津御用邸記念公園

静岡県のあじさい名所をランキング形式で紹介しています⇒「静岡県あじさい(紫陽花)の名所・ランキング!すべて見頃を紹介します!」

沼津御用邸記念公園 所在地:静岡県沼津市下香貫2802-1 下の行のワンクリックでコピーできます。

静岡県沼津市下香貫2802-1



スポンサーリンク
スポンサーリンク
静岡県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました