スポンサーリンク



春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)外観

◆春日モリモリ村外観

薬草の湯に入れ、薬膳料理がいただける「春日モリモリ村・リフレッシュ館」は、岐阜のマチュピチュから車で7キロ。

絶景の茶畑の景色に感動したあと、行ってきました。

この日は池田温泉に入る予定だったので、薬草の湯は体験しませんでしたが、営業時間などについて詳しく調べてきました!

定休日は毎週水曜日です。

  • 春日モリモリ村の食事の時間
  • 薬草の湯の営業時間
  • 薬草やお茶のお土産

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)施設案内

一階にお風呂、レストラン、売店があります。

スポンサーリンク

春日モリモリ村の食事

薬膳料理がいただけるのは「レストラン朝霧」で。

<営業時間>

  • モーニングサービス:9時から11時
  • 昼食:10時半から15時
  • 夕食:16時から20時(ラストオーダー)

薬膳料理って何?

薬膳料理というのは、薬草を使って内臓の機能を促進させる食事のこと。

春日モリモリ村ではお客様の健康を考え、肝臓・心臓・胃腸・腎臓、それぞれの機能に適した食材を吟味し、バランスの取れた献立です。

季節ごとの食材と、それに合った日本の薬草を取り込んでいる為、季節により多少のメニューの変更がある場合が御座います。

(モリモリ村のHPより)

カロリーや栄養素ではなく、体の機能に着目した昔ながらの食べ方なのですね。

メニューは以下の三種類がメイン

  • 「モリモリ膳(1700円税込み)」
  • 「春日膳(1300円税込)」
  • 「薬膳ラーメン(800円税込)」

◆春日モリモリ村のHPより

クコの実、甘茶、松の実、高麗人参、うこん、沢アザミなどが使われています。

ラーメンにはオトギリソウ、トウキ、ヨモギ、ドクダミなどの薬草エキスが入っていて、豚骨と鶏ガラのピリ辛ラーメンだそう。

一度は食べてみたいですね。

薬膳ラーメンなんてそうそう体験できないですもんね。

スポンサーリンク

春日モリモリ村の薬草の湯・時間

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)薬草の湯について解説

◆春日モリモリ村薬草の湯について

温泉は薬草のお湯で、薬草風呂がメインのわかし湯

毎日3時間清掃して、お湯・薬草ともに入替しているそうです。

心身のリラックスに、とってもよさそうねすね。

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)お風呂入り口

◆春日モリモリ村お風呂入り口

<営業時間・休館>

  • 10時から21時(最終受付20時30分)
  • 休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

<料金>

  • 大人(12歳以上)440円
  • 小人(3歳以上12歳未満)220円 
  • 幼児無料

※リンスインシャンプー、ボディソープあり

※タオル、バスタオルは各自で用意

「伊吹の湯(ドライサウナ)」と「八千代の湯(スチームサウナ)」があり、定期的に男女入れ替え。

スポンサーリンク

薬草やお茶のお土産

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)のお土産売店

◆春日モリモリ村のお土産売店

お土産売店には、薬草、天空のマチュピチュのお茶、地元野菜、お菓子などが並びます。

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)薬草コーナーお土産も

◆お土産売り場にある、薬草コーナー

栽培の様子などの写真とともに、幾種類もの薬草が販売されています。

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)家庭のお風呂で使える薬草湯のパック

◆家庭のお風呂で使える薬草湯のパック

家庭のお風呂でも、この伊吹春日の湯を楽しめるパックも。

春日モリモリ村(岐阜県揖斐川町)お土産売店で天空のマチュピチュのお茶

◆天空のマチュピチュのお茶

モリモリ村からほど近い、岐阜のマチュピチュとわれる「上ケ流茶(かみがれちゃ)」の販売ももちろん。

生ものはほとんどないですね。

薬草風呂に薬膳料理をいただけば、身も心もいきいきしてきそうです。

次回はぜひセットで体験利用したいです!

平日の午後4時ごろ訪問しましたが、若い男性も次々とお風呂に向かっていました。

おすすめ観光地⇒「明智光秀と明智城址・駐車場/出生から30年過ごした荘園を巡る(岐阜県可児市)」

新しくできた「道の駅パレットピアおおの」はランチもお土産も広場も充実⇒「パレットピアおおの(道の駅)・ランチとパンのメニュー/子供も(岐阜県大野町)」

2020年2月2日(日)訪問

春日モリモリ村HP

岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合3429番地 春日モリモリ村




スポンサーリンク