スポンサーリンク



岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の絶景スポットB

「岐阜のマチュピチュ」といわれる絶景の茶畑に行ってきました。

本当に素晴らしい景色です!

駐車場からは徒歩で、かなりの急坂もありますが、緩やかな道を選ぶこともできます。

約1時間20分の軽い登山(ハイキング)をしながらの清々しい散策コースが楽しめます。

  • 駐車場
  • 期間時間・料金
  • 絶景と散策コース
  • 周辺の観光おすすめ

2月2日(日)に散策してきたので体験をまとめました。

スポンサーリンク

岐阜のマチュピチュの動画です。

スポンサーリンク

岐阜のマチュピチュ(天空の茶畑)駐車場

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の駐車場

◆岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑の駐車場

駐車場は茶畑前に約10台分、無料。

案内してくださるので、その指示に従って停めます。

この日は日曜日のお昼ごろで、7~8台が絶えず入れ替わるくらいの人出です。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)散策マップ

◆散策マップ

車をとめると、「天空の遊歩道散策マップ」をいただけます。

絶景スポットBそしてAへ、岐阜方面を一望できるスポットへと、前半は上りが続きます

スポンサーリンク

時間・期間・料金

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)案内板と入山時間看板

◆岐阜のマチュピチュ案内板と入山時間看板

駐車場すぐに案内板があり、すぐに遊歩道の入り口になります。

看板の裏手に「杖」完備。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)募金箱と簡易トイレ

◆募金箱と簡易トイレ

駐車料金や入場料はなく、協力募金ということでポストの募金箱に。

簡易トイレが一つあり(出るとき扉が開きにくかったです・注意)。

入山時間

入山時間は、

  • 4月から9月までが9時から16時30分まで
  • 10月から3月までは9時30分から16時まで

悪天候・積雪の時は中止

入山はすべて自己責任でということなので、ムリをせずに。

看板の隣のスタート地点には、お茶のふるまいと販売のある売店があります。

では今回は杖を利用せずに、行ってきます。

絶景と散策コース

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)へ散策開始、さざれ石

◆さざれ石

歩き始めほどなくして、国歌によまれている「さざれ石」が置かれています。

ここ揖斐川町春日産が「さざれ石」のふるさとなのですね。

このあと「烏帽子岩」という巨大な岩もあります。

緩やかなのぼり坂がしばらく続き、急坂となだらかな道を選択して上っていけます

気持ちは若いので「急坂のコース」を進んでみました。

しばらくしてしまったぁっと思ったのですが、引き返すのもいやなので頑張ります。

すぐ後ろだった若いカップルは、私たちと距離を置きたかったのか「なだらかコース」に進んでいました。

傾斜はいったいどれくらいか。。。キツイ!

足元は土で小さい石もゴロゴロして、完全に登山道です。

ヒーヒーいいながら「絶景スポットB地点」に到着。

絶景スポットBとA

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の絶景スポットB

◆岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑の絶景スポットB

絶景スポットBからの景観、す・ご・い。す・て・き。

ただ景色に見とれて気を抜くと、あっという間にころんで落ちて行きそうな傾斜ですよ。

ちょっと怖いくらいの足元です(高所恐怖症の人はムリかも)。

柵などはなく、平面地点もほとんどないです。

絶景スポットAからの景観

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の絶景スポットAからの景観

◆絶景スポットAからの景観

そして少しだけ上がったところが絶景スポットAで、わずかに平な場所になっています。

B地点とあまりかわらない景観ですが、足元はちょっと安心感あり。

腰を下ろして休憩もできそうです。

しばしたそがれて、絶景を目にやきつけておこう。

望遠鏡を持っているとよかったかな。

ここから先はさらに上りです。

土と石の登山道なので、ゴム底の歩きやすい靴でないととてもとても。

登山靴の本格的なトレッキング姿の人もいますよ。

絶景スポット・岐阜市内一望

絶景スポットAから上り坂をさらに上がっていき、汗だくになってきました。

この日2月2日(日)の天気のよいお昼ごろ、気温は8度くらいです。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の岐阜方面が一望できるスポットとの合流地点の看板

◆見晴らしの良い場所と帰り道の林道の合流地点

急坂をしばらくのぼった後、緩い広い道に出て、右方向の「岐阜方面望む」の方向に

ここから100メートルほど歩くと、山間からのぞくように開けてくる岐阜の町。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の岐阜方面が一望できる絶景スポットへ

しばらく歩くと、「見晴らしの良い場所」という案内版がありほっとします。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の岐阜方面が一望できる絶景スポット

◆岐阜方面が一望できる見晴らしのよいスポット

景観を楽しめるように木々が伐採されていますね。

ベンチなどはないですが、平面の広場のような場所があるので腰をおろせます。

ここからは行き止まりなので、先ほどの看板地点にもどり、左方向の林道へすすみます。

後半の林道とお茶のふるまい

さて絶景スポットの天空の茶畑を見ての帰り道。

ここからは林道でなだらかな道で降りていけます。

スタート地点まで30分ほどの距離(2.5キロほど)。

木々に囲まれた道なので、景色はなくひたすら下ります。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)から下りてきて出発地点近く

◆林道を抜けて茶畑と舗装道のあるスタート地点付近

今降りてきた林道を振り返ってみています。

スタート地点まであと少しのところ。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町)の売店小屋◆スタート地点の売店

下りてくると、売店のお母さんが「お茶どうぞ」と声をかけてくれます。

入れたての煎茶は、とってもまろやかで美味しい。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の売店のお茶

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の売店のお茶

この地区「上ケ流(かみがれ)」のお茶ばかり、種類はいろいろありますね。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の売店で煎茶購入煎茶(120グラム)を買いました、お味が楽しみ。

そうそう、お饅頭など甘いものは置いてなかったので残念でした。。。

有名人も訪問

2019年12月にウドちゃん(ウド鈴木)が訪問していてテレビ放送されたこと、また1月下旬に三宅裕司さんが訪問(BS放送)、より知名度もあがりますね。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の売店で、茶の実の油絞りについて

◆お茶の実と油絞り体験

お茶の実の油から食用油や化粧品がつくられているそうですよ。

岐阜のマチュピチュ、天空の茶畑(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合)の売店で、茶の実の油絞り体験ちらし

その体験は一人2700円で体験できるということです。

農薬不使用の実を絞って、ニホンミツバチの蜜ろうでバームに仕上げるのだそうです。

岐阜のマチュピチュ(天空の茶畑)のまとめ

素晴らしい絶景「天空の茶畑」を楽しめる岐阜県の揖斐川町、上ケ流茶園。

募金をして入山、絶景スポットまで25分、遊歩道一周で約1時間20分。

上ヶ流茶園は標高300メートルほどで、中腹から山頂にかけて一面に広がる茶畑が絶景です。

この地域は室町時代からすでに茶園があったといい、本格的な生産は江戸時代から。

「天空の茶畑」の散策は年中無休ですが、雨・風・雪など天候の悪いときは休み(案内の人はいない)。

この日は日曜日でしたが、平日も同じくらいの人出があると聞きました。

足元は舗装道もありますが、登山道もあるので、ズック靴や登山靴などで。

車で10数分のモリモリ村には薬草のお風呂や食事が⇒「春日モリモリ村・薬草風呂と食事(薬膳)が!営業時間(岐阜県揖斐川町)」

この日は池田温泉に車中泊してみました⇒「池田温泉(道の駅)で車中泊体験・ぬるスベ温泉に入れ見晴らしよい(岐阜県池田町)」

岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合 岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑




スポンサーリンク