スポンサーリンク



お風呂、入浴前後の水分補給について

入浴の前後には水分を補給するのがよいとされますが、いったい何分前と後がよいのでしょう?

結論は、入浴前30分、入浴後はできるだけ早く」です。

でも、体重計にはできるだけ軽い状態でのりたい!

ということで、入浴の前も後も水分をとらない人がいるのでは?

(。。。ってそれは以前の私です。(^-^;)

忘れがちな入浴前後の水分補給のベストなタイミングについて、

  • どうして入浴の前と後に水分補給が必要なのか
  • 入浴前の水分補給でベストなタイミングと量
  • 入浴後の水分補給でベストなタイミングと量

をお伝えします。

温泉ソムリエになってから、入浴前の水分補給の大切さをヒシヒシと感じているのです。

 

スポンサーリンク

入浴(温泉)の前後に水分補給が必要な理由

「一日のうちで水分補給が必要なタイミング」というのがあります。

それは

  • 朝起きたとき
  • 食事中
  • 運動時
  • 入浴前後
  • 就寝前

若くて健康なうちは、「水分補給」をあえて意識することはないかもしれません。

ところが年齢があがると、意識して「水分補給」を心がけないことには脳梗塞などの危険性が増してしまいます。

一日の中でも入浴前の水分補給は忘れがち、でも大切です。

 

スポンサーリンク

入浴中に多量の水分が出ていく

入浴中には、運動中と同じように汗として体内の水分が失われます。

洗ったり湯につかっているので、どれくらい水分が出ていったのか自覚しづらいですね。

「一回の入浴で800CCの水分が体から抜ける」温泉ドクターの早坂信哉先生

脱水状態に近いのだそう。

体内の水分が不足すると、血液は濃くなりドロドロした状態に。

すると脳梗塞や心筋梗塞の危険が増します。

特に高齢の方の入浴中と入浴後の死亡事故が多くなっているのは、脱水症状が大きな原因とされています。

 

スポンサーリンク

入浴前の水分補給・タイミングと量

入浴前の水分補給、温かいお茶の画像

入浴前に「絶対これだけ」という決まりはないですが、200~300CCは飲みましょう。

この量は、温泉旅館でお茶とお菓子が出されることからもふさわしい量といえます。

 

温泉旅館では主に温かい緑茶と甘いお菓子が出ますね。

甘いお菓子にも意味があるんですよ。

「入浴すると一時的に代謝が上がって、空腹だと低血糖になりめまいを起こして危険なこともある」と早坂先生が。

その危険をさけるためにも、30分ほど前にお菓子を食べておくといいのです。

 

入浴前の水分補給にベストなタイミング

そして入浴前の水分補給のタイミングですが、

ベストは30分前までです。

直前では水分が血液に回っていませんから遅ぎます。

 

入浴後の水分補給でベストなタイミングと量

入浴前後の水分補給でベストなタイミング、ペットボトルの水分を飲む女性画像

そして入浴後にも、忘れずに水分をとりましょう。

なんといっても800CCもの水分が出ていくのですから、お風呂上りは血液がドロドロになりがちです。

風呂上りは30分とか待つ必要はありません。

お風呂上りは、すぐにのんでOKです。

長風呂派の人なら、お風呂にペットボトルを持って入り水分補給するとよいですね。

年齢が上がると、のどの渇きさえ気づきにくくなるといいます。

お風呂の前と後の水分補給、習慣づけてくださいね!

 

水分の適温は体温と同じくらいで

水分をとるときは、できるだけ体温に近い温度がよいですよ。

冷たすぎるのみものは、胃腸に負担をかけますから。

 

失った水分を補うのが目的

お風呂は大量に汗をかきます。

その分の水分を補給するためには、「水」または「スポーツドリンク」が適しています。

お茶、紅茶、コーヒーなどカフェイン入りの飲み物はNGです。

理由はカフェインにあります。

カフェインは利尿作用があるので、飲んだ分以上の水分を尿として排出してしまいます。

 

また汗の成分は、水以外にも塩分などの複数のミネラル(電解質)で構成されています。

なのでこれらを補給できるスポーツ飲料は適しています。

ただ栄養補給は食事でもできるので、スポーツ飲料にこだわることはないと思います。

 

お風呂の前30分と出た後はなるべく早く水分をとる

ペットボトルのお水を脱衣所に置いておくと、忘れなくていいですよ!

 

 




スポンサーリンク