あじさいの美しい色形姿は母の日のプレゼントにも・色の七変化美の壺

スポンサーリンク



あじさい

あじさいは梅雨時に美しく咲く水に強い花。

梅雨といえば旅行に不向きな時期ではありますが、6月初めから6月いっぱいくらいまでが見ごろで、あじさいを愛でに出かける人も多いようです。

あじさいは日本が原産で、万葉集にも謳われている日本人にはとても馴染みの深い花です。

品種は3,000もあって、ヨーロッパのあじさいと品種改良を重ねて、西洋あじさいとの特徴を併せ持った、華やかな品種が人気を集めています。

近年では母の日のプレゼントに、カーネーションよりもあじさいが選ばれているそうです

 

スポンサーリンク

七変化する色の豊富さ

 

あじさい

あじさいの大きな魅力は、花の色の豊富さでしょう。

青、赤、ピンク、紫、白などの一色のものから、周りにグラデーションのある色、あるいは時期がたつと変化するものなどもあります。

同じ種類の同じ株のものでも、色が違うことがあります。

それは土が酸性だとアルミニウムとあじさいのアントシアニンという色素が加わると、青いあじさいが咲き、土がアルカリ性だとアルミニウムが溶け出さず、赤いあじさいが咲きます

改良を加えたあじさいの中には、紫、青、ピンクの三色に色が変化するもの、青から数週間後に色味が抜けていくもの(この現象をアンティークといいます)、ピンクから緑色、その後真っ赤に変化する品種もあります。

お花屋さんで買うときは、こうした色の変化を楽しめるものを選ぶのもいいのでは。

そして花期が長いのも特徴で、ドルチェという品種は梅雨から秋まで花を咲かせています

 

あじさいは形・姿にも注目したい

あじさい

あじさいはまるで宝石箱の中のように、輝くばかりの魅力ある花が多いです。

花のように見えているのは「花弁」ですが、古来からあるオーソドックスな丸い弁が「丸弁」、剣のようにとがった弁が「剣弁」、ふわふわっとした「フリル弁」などに分けられます。

咲き方によっては、手まりのような丸い形の「手まり咲き」額縁のような「額咲き」とがあります。

またひとえ咲きと八重咲きもあって、花の形が無限にありそれがまたステキです。

 

ネーミングが愛らしい

あじさいの品種は改良を重ねて3,000にもなりますが、その一つひとつに風流な名前がついています。

「八丈千鳥」「宵の星」「銀河の輝き」「清少納言」「コンペイトウ」など

シーボルトが持ち帰ったあじさいには、「オタクサ」という名前がつけられていたといいますが、それは好きだった楠本滝さんという女性からとった名前なのだそうです。

あじさい園には、それぞれの名前が掲げてあるはずですから、そのネーミングにも注意してみてください、きっと情緒あふれる名前を楽しめるはずです。

 

あじさいを長持ちさせる方法

あじさいは鉢で購入して庭に植えかえることで、大きく育っていきますが、庭のない家庭でも永くあじさいを楽しむことができます。

それは水に強い性質を利用して、水中花にするというもの。

花瓶に生けて楽しむ以外に、花だけを筒状のガラスの花器にいれて水で満たします。

水中花にするとこの上なく涼やかです。

またリースにする方法も長く楽しめます。

あじさいの花を細いワイヤーで留めて束にしてから、リースに太目の針金で留めていきます。

途中にユーカリなどの木の実をまぜると変化と深みがでます。

それを風通しのよい日陰につるすと、ドライフラワーになり、クリスマスの時期まで楽しめます

1年経過するころには、色が抜けてきますが、それもまたよい雰囲気です。

ガラスの浅い鉢に水をはって、あじさいのはなびらを浮かすだけでも、涼やかさ満点です。

雨の多い季節だからこそ、あじさいの花が美しく咲き誇る様を、ぜひ楽しみたいですね。

※この項目はNHKの「美の壺」という番組を参考にさせていただきました。

 

あじさいが母の日に人気上昇中

あじさいが母の日のプレゼントに人気が上昇中です、数年前から一気に人気に火がついています。

カーネーション売り場の面積と同じくらいの面積を、あじさいのプレゼントが占めています。(あるホームセンターにて2016年5月初旬)

母の日のプレゼントとして販売中のあじさい

花言葉の「家庭」や「寛容」「元気」といいった意味が、お母さんを連想させるためうってつけともいえます。

その華やかさ、花の長さが特に魅力だそうで、カーネーションよりも母の日の花として定着してしまうかも?の勢いです。

母の日は5月の第二日曜日に祝いますから、地物のあじさいの咲く時期よりすこしばかり早いので、プレゼントに間に合うように栽培にも余念がないようです。

あじさいの人気のお寺や花園をこのサイトでも紹介していますが、たいてい売店があってお手頃なあじさいを鉢で売っています。

母の日が過ぎた6月になってしまいますが、お庭のあるご家庭なら植え替えて毎年咲かせることもできます。

愛知県のあじさいの名所にすべて行ってみましたが、やはり充実度でいえば蒲郡市の「形原温泉あじさいの里」です。

見渡す限りのあじさいの里は、のんびりと家族で友達で初夏の一日を楽しめるところです→「形原温泉あじさいの里・広大な敷地に品種の多さで魅了される

愛知県内、名古屋市内のあじさいの名所をランキングで紹介しましたので、お出かけの参考にしてみてください⇒「愛知県内(名古屋市内)あじさいの名所ランキング2017(H29)すべて行ってきました




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy