スポンサーリンク



若い女性ふたり温泉に入っている

温泉の中でも「美人の湯」といわれる温泉をよくみかけませんか?

温泉にはいるだけで美人になる?なんて嬉しい効果ですが、単に美肌効果のことを言っているような。。。

ちょっとあいまいな「美人の湯」と「美肌の湯」の違いについて、温泉ソムリエが豆知識を伝授します!

 

スポンサーリンク

「美人の湯」とはどんな意味?

「美人の湯」というのは、温泉の成分の作用によって肌が美肌になる温泉をいいます。

肌が美肌になるのですから、「美人の湯」=「美肌の湯」ということです。

もう結論でちゃいましたね。^^

「美人の湯」といわれる温泉に入ると、美人になれるというわけではなかったのですね。

 

スポンサーリンク

「美人の湯」を決める温泉成分

各地にある通称「美人の湯」は、以下のような特徴がある泉質です。

「美人の湯」の基本事項

乳化作用があるため、肌の角質を取り除く・毛穴の汚れをとる。

そのため肌がきれいになる。

ツルツル!白くなった!といった実感が得られるのが、美人の湯ということですね。

それでは温泉の成分としては具体的にどんな泉質なのか。

それは

  • 「炭酸水素塩泉」(クレンジング効果)
  • 「硫酸塩泉」(肌の蘇生効果)
  • 「硫黄泉」(シミ予防効果)

 

この三つの泉質を「三大美人泉質」とよんでいます。

「美人の湯」よという温泉は、このいずれかの泉質がある温泉なのです。

 

「四大美人泉質」もあるよ

三大美人泉質に、もうひとつ「美人の湯」といえる泉質があります。

それはpH7.5以上の弱アルカリの温泉です。

肌がツルツルする効果があるので、「美人の湯」の仲間といえます。

pH7.5以上の弱アルカリの温泉は、けっこうたくさんあるので、「美人の湯」をうたっているはずです。

 

「日本三大美人の湯」

さて、「日本三大美人の湯」の話題にしましょう。

「日本三大美人の湯」はどこでしょう?

これは以前からよく耳にすると思います。

日本三大美人の湯
  • 川中温泉(群馬県)
  • 龍神温泉(和歌山県)
  • 湯の川温泉(島根県)

誰が決めたのか、出典は不明です。

最初に「美人の湯」=「美肌の湯」といいましたね。

そこで次は「日本三大美肌の湯」について、それはどこでしょう?

 

スポンサーリンク

「日本三大美肌の湯」

若い女性がひとり岩風呂に入っている

中央温泉研究所と藤田聡さんによる選定によると「日本三大美肌の湯」は、

日本三大美肌の湯
  • 嬉野温泉(佐賀県)
  • 斐乃上温泉(鳥取県)
  • 喜連川温泉(栃木県)

泉質の特徴でみてみると、

 

嬉野温泉の泉質

嬉野温泉は、重曹泉(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉)という泉質で、クレンジング効果のある炭酸水素塩泉なのです。

HPによると「皮脂や分泌物を乳化して洗い流し、湯上りはまるで一皮むけたようなつるつるスベスベの肌に!」なるとなっていますよ。

 

斐乃上(ひのかみ)温泉の泉質

旅館の説明には、「美肌効果が高く、湯上りの肌はビックリするくらいツルツル!!」とあります。

pH9.9のアルカリ性単純温泉です。

源泉の開発は昭和60年代だそうで、そう古くからあった温泉ではありませんね。

 

喜連川(きつれがわ)温泉の泉質

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、お肌がツルツルする効果があります。

昭和56年(1981年)に源泉を開発、ここも古くからの温泉地ではありません。

 

「美人」や「美肌」という言葉が気になってしまいますが、温泉の効果はその場で肌がきれいになるだけではありません。

温泉地に行くだけでリラックスした旅行気分になれますし、ストレスをいっとき忘れることができます。

美味しいものを食べたり、ゆったりくつろげるなども手伝って、体調がよくなるということもあります。

新陳代謝が自然と高まる、そして美肌が促進されるということも当然あります。

「美人」「美肌」にこだわらなくても、「温泉に入りに行く」だけで「美肌」に近づくといえるのです。

そして注目したいのは、特別な温泉地まで行かなくても、日本にはpH7.5以上の弱アルカリの温泉が数多く存在することです。

弱アルカリ性の温泉は、上でも紹介したように四番目の「美人の湯」です。

「単純温泉」と呼ばれる泉質の温泉の多くが「弱アルカリ性」です。

その「単純温泉」が、日本の温泉には一番多いので、近くでも「弱アルカリ性の温泉」=「美人の湯」がきっと見つかるはずですよ。

まずはそうした身近な温泉から堪能するといいですね!

(温泉ソムリエ・よっちゃん)




スポンサーリンク