スポンサーリンク



江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤

曼荼羅時公園の「江南藤まつり」は、2019年(H31)は4月20日(土曜日)から5月6日(月曜日・振替休日)です。

例年見ごろの時期に開催され、イベントも盛りだくさん。

早咲きの藤から遅咲きのものまで、12種類が順次咲き誇るので3度鑑賞できれば最高です。

江南市のHPの開花状況によると、

2019年4月30日(火・休)の藤の開花状況では、「中咲きの九尺藤と八重黒龍は見頃です。遅咲きの野田白藤は咲き始めました。」

という案内だったので、晴れのチャンスに行ってきました。

  • 江南の藤の素晴らしい様子
  • 所要時間や公園内の設備
  • 混雑筆致なので駐車場のこと

お伝えしますね。

 

スポンサーリンク

「江南藤まつり」5月2日見ごろの様子

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤

まさに満開の見頃でした。

この公園は曼荼羅寺の境内約43,000平方メートル(13,000坪)の内、約10,000平方メートルを公園としたもの。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤

園内には12種類約60本の藤が植えられています。

早咲きで終わりに近い藤も中にはありましたが、今は中盤に咲く藤が見頃です。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤、配置図

どの藤がどこで見られるか、曼荼羅寺公園の藤の配置がわかるようになっています。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤、そぞろ歩く人達

ベンチに座って観賞する人、そぞろ歩く人。

藤の花の下で、いい香りでいい気分。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤、そぞろ歩く人達

庭のしつらいもあり、ひときわ明るいところにある藤棚。

多くは紫ですが、ピンクがかったものや、白い藤もあり楽しめます。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤、蝶がはばたくような花

房が短い花は、よく見ると蝶が羽ばたくようなかわいらしさ。

江南藤まつり・藤棚に咲き誇る藤、見上げる人達

やはり大きくしだれ下がる藤が一番印象的です。

ひときわ目をひく藤は誰もが立ち止まって眺めています。

 

スポンサーリンク

藤以外にもつつじや牡丹が

江南藤まつり・庭園に咲くつつじも美しい

曼荼羅寺公園内にあるお庭のつつじもきれいに咲いています。

江南藤まつり・藤以外に牡丹も観られる

牡丹も何株かあって、こちらも見頃をむかえ素晴らしい!

 

スポンサーリンク

休憩スペース・お手洗いなどの設備

江南藤まつり(愛知県江南市)休憩スペース

休憩スペースは大きな屋根があり、テーブルと椅子が完備。

お手洗いは3か所あり、おむつ替えが可能です。

足元は行き届いていてバリアフリー

車いす・ベビーカーでも安心して散策できます。

 

イベントに合わせて藤観賞

江南藤まつり(愛知県江南市)屋外ステージ

また、公園内のステージでは各種イベントが開催されています。

この日は夕方4時を過ぎていたのでイベントは終わっていましたが、GW中は毎日イベントがありますよ。

戦国武将行列あり雑技ショーなど、詳しくは藤まつりのHPで。

 

江南藤まつりの露店・飲食店

江南藤まつり(愛知県江南市)本堂前の茶店

曼荼羅寺本堂前の茶店「まんゆう亭」、ここは「豆腐田楽」が 人気だそう。

のぼりにそう書いてますね。

露店もたくさん出ていますよ。

江南藤まつり(愛知県江南市)曼荼羅寺に並ぶ露店

ずらりと門から露店が並んでいます。

江南藤まつり(愛知県江南市)曼荼羅寺公園内の出店

曼荼羅寺公園の中でも、出店・露店が何店も出ています。

夜のライトアップ(午後6時半から9時まで)があるので、みなさんゆっくり時間をかけて鑑賞しているみたいですね。

 

江南藤まつりの駐車場

駐車場は有料で500円、最も近い駐車場は1,000円でした。

夜は営業しない駐車場もありますが、行ってみないとわかりません。

主に曼荼羅寺公園の南側に集中しています。

 

曼荼羅寺公園には、宝蔵、八幡社、平和塔、児童公園、稲荷社、放生池など、見どころが多いので藤の鑑賞とともに時間をかけてゆっくりするがおすすめな公園です。

詳しくは⇒江南市観光協会のHP

藤まつり期間は無料のシャトルバスも出るので、お酒好きは検討したいですね。

近くにはスーパー銭湯で天然温泉の「天風の湯」が⇒「「天風の湯」江南(天然温泉) 口コミ・料金やイベント/モーニング(愛知江南)

江南市前飛保町寺町202 曼陀羅寺公園




スポンサーリンク