スポンサーリンク



根道神社にある「モネの池」左からの撮影(岐阜県関市板取)

「モネの池」と呼ばれている美しい池(根道神社の池)、ちょうど見頃に行ってきました!

睡蓮が最も見頃の6月中旬、お昼12時ごろです。

晴天で、ひっきりなしに訪れる人があります。

錦鯉と可憐な睡蓮は絵画のような風景、ステキです!

  1. 「モネの池」の睡蓮の見頃の時期・開花時間
  2. 最も美しい撮影スポット
  3. 駐車場・アクセス
  4. お土産・カフェ情報

について報告しますね!

(※「モネの池」は根道神社の鳥居そばにあります)

 

スポンサーリンク

「モネの池」の睡蓮の見頃の時期、時間

根道神社にある「モネの池」(岐阜県関市板取)

モネの池の睡蓮の開花の時期は、5月下旬から10月の下旬

最盛期の見ごろは、6月の中旬から7月の中旬です。

そして毎日咲いては閉じるので、咲いている時間に見ておきましょう。

咲く時間は、午前11時頃からで閉じるのは夕方です。

この時間帯になるのは、ここモネの池の湧き水が、夏も冬も14度ぐらいだからです。

モネの池の水温は、一年中14度なのです。

早朝なら空いているから、と思っていくと咲いてませんので気をつけて。

<モネの池の最も見頃の時期・時間>

  • スイレンの最盛期 6月中旬から7月中旬
  • スイレンの咲く時間 午前11時から夕方まで

以下の写真は、その最も美しい時期に近い、6月14日のお昼ごろの様子です

 

スポンサーリンク

クロード・モネの「睡蓮」より「モネの池」の方がきれい

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)

画家のクロード・モネの絵画「睡蓮」より絶対きれい、っという意見もあるようで、

それで絵画よりきれいな池を想像していったのです。

錦鯉と睡蓮のコントラスト、確かにきれいです。

それに鯉が動くのです。

って当たり前ですが、錦鯉が集まった絵画よりも動く絵画のようで見ていて飽きません。

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい写真とりまくり(岐阜県関市板取)

周りは新緑から濃い緑色に山が色づき始めているのも、額縁のようできれいです。

素敵な一枚をおさめたい!

そんな想いで、写真とりまくり。

みなさん思い思いにとってるとってる。

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)

でも、「絶対きれい!」といえるかどうかは、見た人だけが感じることですね。

睡蓮のきれいな花のところばかりではありませんし。

 

最も美しい「モネの池」の撮影スポット

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)錦鯉とスイレンが絵になるところは橋のそば

一番の撮影スポットと思えるところは、橋のそばでしょう。

橋のそばにある湧き水に、鯉がよく集まってくるということですよ。

確かに橋のそばに鯉が多くいます。

それにこのあたりが最も水が澄んでいるような気がします。

この日は池のあちこちに、小さい鯉を始めいろんな鯉が見えていました。

湧き水の所あたりを泳ぐ鯉はスピードも早く元気そうです。

動きの早い鯉たちを、まとめて一枚におさめるということは至難のワザ。

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)錦鯉とスイレンが絵になるところは橋のそば

池の端の方にはスイレンの葉が多いので、そういうところは 泳ぎにくいということもあるかもしれません。

ゆったりとした動きの鯉、ほぼ静止している鯉もいますね。

藻類の多い場所は、鯉の姿は隠れてしまいよく見えません。

 

橋の近くは池の底が白くて幻想的

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)錦鯉とスイレンが絵になるところは橋のそば

橋の近くに、 一番光を受けて明るい明るく見えるところがあります。

池の底が白っぽいです。

地底で湧き水により、白っぽい岩(石英質が多い 岩)の有機物が 流出して、砂が残ったもので白っぽくなっているということです。

睡蓮の花が多いのは池の両端です。

根道神社にある「モネの池」絵画よりきれい(岐阜県関市板取)錦鯉とスイレンが絵になるところは橋のそば

池の両端は 湧き水がわかないので 植物が根を張りやすく繁殖しやすい。

花もよく咲くということです。

「思った通りの水のきれいさと睡蓮の花たち」を見られて、私は満足できました。

 

「名もなき池」モネの池ができたいきさつ

根道神社にある「モネの池」が有名になったわけ(岐阜県関市板取)

<モネの池の解説>

この池は湧き水によって自然にできたものです。

特に名前は付いていなかったのですが、池を魅力的な場所にしようと、地域の皆さんが周りの環境整備して、睡蓮を植えました。

あるとき池を見た人が、絵画クロードモネの名画にあまりにも似ていて美しすぎるなどと SNS で書き込んで、それが瞬く間に広がりました。

いつのまにかモネの池と呼ばれるようになったという経緯です。

池の周りのあじさいが咲く時期、紅葉の時期も綺麗です。

紫陽花は6月下旬から7月上旬、 紅葉は11月中旬から12月上旬が見頃

 

モネの池の周囲はあじさいが並んでいます

◆6月中旬のモネの池・周囲のあじさいはこれから咲くところ

モネの池のまわりはあじさいがたくさん植えられています!

6月14日の時点でまだ咲いていません。

ここはまだでしたが、あじさい園が根道神社の左手に広がっていましたよ。

そこはまだ咲いていない株もありましたが、五分咲きのものも⇒「モネの池」の隣のあじさい園・杉大木とのコントラスト(岐阜県関市)」

 

 

スポンサーリンク

モネの池の駐車場とアクセス

根道神社にある「モネの池」駐車場より(岐阜県関市板取)

◆駐車場から根道神社とモネの池をみたところ

モネの池へは、無料駐車場から徒歩数分です。

モネの池の駐車場は、道路の向かい側、道路沿いにあります。

大きく案内が出ているのですぐわかります。

料金は無料。トイレもあります。

人がいないと、どこが「モネの池」なのか検討がつかないほどの風景ですが、神社の鳥居がわかるので大丈夫ですよ。

お天気がよくて睡蓮の開花時期は、混雑間違いでしょう。

もし一番近くの無料駐車場が空いていなかったら、 西方向へ400 M 先にも無料駐車場があります

モネの池方向の右手には、お土産店のあるビニルハウスです。

モネの池へのアクセス

モネの池の場所は、「 岐阜県関市板取441 モネの池」

または、「岐阜県関市板取448 根道(ねみち)神社」

周囲は40メートルほどの小さい池です。

 

モネの池、お土産と飲食店

根道神社にある「モネの池」(岐阜県関市板取)のお土産店売店

お土産はモネの池のすぐ隣に、ハウス栽培の植物を中心に販売されているところと、お土産店が一件あります。

根道神社にある「モネの池」のお土産店でのあじさい(岐阜県関市板取)

◆ハウスの中のあじさいのお土産販売

お饅頭や飲み物、かき氷を販売するお店も一件。

飲み物の自販機が三台あります。

駐車場の向いに、カフェが一件あります

冬は睡蓮の葉が枯れずに赤く紅葉してくるそうで、その時期もいいかも。

あじさい園が根道神社の左手にあるので、ついでに見てきました⇒「モネの池」の隣のあじさい園・杉大木とのコントラスト(岐阜県関市)」

モネの池の周囲のあじさいが満開になるころ、6月下旬~7月上旬が最高に華やぐときでしょう

岐阜県関市板取 モネの池




スポンサーリンク