東山動植物園(名古屋市千種区)園内食事と愛らしい動物たち

スポンサーリンク



あじさい

東山動植物園へはあじさいを観に、6月の中旬にでかけました。

あじさいを鑑賞し愛らしい動物たちを見て回るうち、お腹がすいてきます。

昼食どきでもあり、みなお弁当を広げたり、売店で思い思いの軽食を食べたりしています。

どこで何を食べようか。。。迷いに迷ってから食事をしました。

6月で曇っているにも関わらず暑いので、つい冷房のきいたところに入りたくなり、おしゃれなカフェが園内にできていたので、そこにしました。

入ってみると若いパパママが好きそうなメニューが並びます。

一瞬とまどいましたが、カロリーが少なそうなものをと選びました。

 

スポンサーリンク

東山動植物園園内で食事できるところ

東山動植物園には食事ができるところはあります。

主にきしめんやカレーライスといったところです。

お店も昭和なお店ばかりで、軽食をとるのには困りませんが、家族連れならお弁当を持っていくのが一番いいでしょう。

おしゃれな店舗が続々誕生している最中なので、2017年には雰囲気は変わっているとおおいます。

お弁当を広げる場所はたくさん用意されています。屋根付きのところもありますので、よほど混んでいない限り場所は確保できるはずです。

他にもハンバーガ―、みたらし団子などもあり、飲み物はどこの売店にもあります。

コアラ舎のそばの池のほとりに、しゃれたカフェができていたので、そこで食事することにしました

東山動植物園のカフェ

カフェの外観、繁華街にあるようなおしゃれさ。東山動物園も変わりつつあります。

東山動植物園のカフェメニュー

メニュー、飲み物が充実しています。

とろーり玉子のオムライス

とろーり玉子のオムライス、どんなかな?と思ったけど、

とろーり玉子のオムライス

中がほんとにとろーりで、美味しい!

半熟卵のポロネーゼ

半熟卵のポロネーゼも、こってりすぎず、くりーみーなお味がいいです。

小さなサラダとアイスコーヒーをセットにして、各1000円です。

ここからは池とボート、スカイタワーが見られて、いい景色です。

お店の中は、子供たちの声でかなりな騒音。子供嫌いな人は入らない方がよいです。(って、そういう人は来ないところですね)

 

愛らしい動物たちをチェック

東山動植物園キリン

キリンが食事中でした。

東山動植物園シロクマ

シロクマは室内でだらっとしていました。暑いので無理もありませんよね。

東山動植物園コアラ

コアラ舎は涼しげですが、いつも寝ているのがコアラの習性かな?全員寝てました。

東山動植物園くじゃく

孔雀のオスが羽根を広げているところを観られました。

メスに向かって、羽根を何度もバサバサさせています。メスは知らん顔ですが。

いろんな姿を見せてくれる動物たち、みていて飽きません。

6月にはあじさいを、東山動植物園の駐車場とトイレのことを書いています。 

↓↓

東山動植物園(名古屋市千種区)のあじさいと駐車場トイレ

東山動植物園公式HP

(よっちゃん)

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy