坪内逍遥生後10年過ごした中山道の太田・休憩できる旧小松屋で(岐阜県美濃加茂市)

スポンサーリンク



岐阜県美濃加茂市の太田宿の旧小松屋にある坪内逍遥のパネル展示

岐阜県の中山道太田宿は、明治の文豪 坪内逍遥が生まれ育ったところでゆかりの地です。

坪内逍遥を詳しく知りたいなら、太田宿の「旧小松屋」さんに行ってみて。

そこには、坪内逍遥と中山道太田との関係が、パネル展示して解説してあります。

 

スポンサーリンク

「旧小松屋」さん・今はお休み処で休憩できる

岐阜県美濃加茂市の太田宿の旧小松屋・お休み処入口

「旧小松屋」さんは太田宿の東の脇にあって大きな宿屋さんでした。

「登録有形文化財」となっていて、今は「お休み処」として利用してよいことになっています

岐阜県美濃加茂市の太田宿の旧小松屋・お休み処登録有形文化財

無料で室内にもあがれるようになっていて、畳の上に腰をおろすこともできます。

また無料で奥のお手洗いを貸してもらえます

坪内逍遥の略歴

坪内逍遥は、近代日本文学の成立に寄与した人で、「小説神髄」「当世書生気質」およびシェイクスピア全集の翻訳が有名ですね。

幕末の動乱期に、美濃の太田代官所の役人の息子として生まれた坪内逍遥。

太田で過ごしたのは10年ほどの幼少期のみですが、書や絵を愛し「未(ひつじ)年生まれの紙くい虫」と呼ばれていた幼いころが、文豪の原点だったことがわかります

坪内逍遥奥様との写真熱海で

 

旧小松屋さんの屋内の様子と庭

旧小松屋さんの家屋内は、広い土間に腰かける椅子があり、当時の家具・調度品がおかれています。

岐阜県美濃加茂市の太田宿の旧小松屋・お休み処の土間から玄関に向かって

パネル展示は写真の右側。

左側は畳の部屋が続いています。

二階への急階段は立ち入り禁止です。階段下は箪笥になっていて、歴史を刻んだ建具を拝見できるのはうれしいです。

岐阜県美濃加茂市の太田宿の旧小松屋・お休み処の庭

お手洗いは一番奥で、明るいお庭から光が差し込みます。

太田宿関連のパンフレットも玄関そばに置いてあります。

坪内逍遥は、晩年は熱海の見晴らしのよい高台で住まわれていて、日曜のみ見学できるようになっていますよ

熱海の海を見下ろす邸宅は晩年の十数年を過ごしています。

そこは母屋とお庭だけでなく書屋も建てられていて、逍遥の一生を詳しく知ることができます⇒「双柿舎(そうししゃ)坪内逍遥の邸宅を見学日曜のみ・逍遥のすべてを知るなら

坪内逍遥生誕の岐阜県美濃加茂市の太田宿は、名古屋から1時間ほどで行けます。

太田宿の観光を兼ねてじっくり散策するのにいいところです。

あじさいが美しい6月に行ってきました。⇒「市の花はあじさい・岐阜県美濃加茂市のあじさいの見どころ中山道名古屋から1時間

岐阜県美濃加茂市太田本町3丁目3-31 太田宿中山道会館 からほど近いです




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy