日本昭和村・昭和パビリオンで「昭和の暮らし展」・図説団塊の世代史(岐阜県美濃加茂市)

スポンサーリンク



アx日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)やまびこ学校(昭和パビリオン)内の案内板

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)のやまびこ学校(昭和パビリオン)の二階で、「昭和の暮らし展」が開催されています(2016年11月いっぱいまで)。

団塊の世代の方たちが子供時代を過ごした、昭和30年ごろ~30年代の子供の遊び、電化製品、暮らしの風物などが、イラストレーター木村章一さんの手によって、本になって残されています。

その本の元というか拡大して見やすくしたページ(解説)が展示されていたので、面白く見させていただきました。

ググッと胸にせまる懐かしさです。話もはずみます。

 

スポンサーリンク

日本昭和村「昭和の暮らし展」

「昭和の暮らし展」の展示の一部です。

当時の男の子と女の子の服装アイテム

髪型、持ち物、服装、履物、制服など。そうそう。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)図説団塊の世代本男の子と女の子の服装アイテム

子供の遊びが詳しい。ままごと、紙の着せ替え、お手玉。おはじき、またのぞきなどなど。そうそうやってましたね。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)図説団塊の世代ままごと、子供の遊び

それから教室の机で、本やノートを利用してのピンポン。ものがなくてもあり合わせのもので遊んでましたね。

馬乗りは屋外でも大人気の遊びでした。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)図説団塊の世代本ピンポン馬乗り

当時の玩具、文具、駄菓子や食品も事細かに解説と絵がのっています。

当時がよみがえりますね。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)図説団塊の世代本玩具文具駄菓子食品

そしてよく公園などにやってきたバッカーン。ほんとにそういう名称だったのですね。

お米と砂糖をもっていって、お菓子にしてもらってました。

ものすごく大きな音がするのですよね。出来立ては甘くてあったかい。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)団塊の世代本バッカーン

こうした日常、暮らしの様子が、事細かに解説してあります。

絵と文は木村章一さんです。

愛知岐阜三重あたりに住んでいる方なら、木村章一さんの絵をどこかで見たことがあるはずです。

 

日本昭和村「図説団塊の世代」本

これらの資料が本になっています図説「団塊の世代史」という立派な本です。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)図説団塊の世代本

子供たち孫たちに、ぜひ見せて話して聞かせたい内容になっています。

この本は日本昭和村の中、二カ所で販売されています。

地図6番の駄菓子屋、美濃屋と、38番のおんさい館です。

図説団塊の世代本が販売されているところ、日本昭和村

いずれれも入場口付近です。カレンダーもいいですよ、絵が大きくて。

これだけ昭和の暮らしを楽しくまとめたものはないと思います。一家に一冊の必需品になりそうです。

一階は昭和の暮らしが再現してあります。懐かしさいっぱい→「日本昭和村のやまびこ学校(昭和パビリオン)昭和の暮らしにタイムスリップ(岐阜県美濃加茂市)

日本昭和村 岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1

日本昭和村の入場料・駐車場などのことは⇒「日本昭和村・入場料・駐車場・昭和銭湯「里山の湯」お得な年間パスポート(岐阜県美濃加茂市)」

日本昭和村

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy