スポンサーリンク



茶屋ヶ坂公園と小径とあじさい

茶屋ヶ坂公園は、名古屋市の千種区にある静かな住宅街の中にある公園です。

茶屋ヶ坂池や高い木々に囲まれた散策の小径が整備されていて、とても名古屋市の中心付近の公園とは思えない静けさです。

あじさいの数もとても多くて見ごたえがあります

名古屋市内では最大級というあじさい園です。

丁寧に管理されているので、見ていてとても気持ちがよく、散策路はまるで山の中歩いているように小鳥のさえずりも聞こえてきます

静かなたたずまいの公園と周りの落ちついた住宅街、穏やかな気持になれる都会のオアシス的場所です。

あじさいを見た後、森の中のような小径をあるいてきました。

写真は2015年のものですが、2019年の今年も素晴らしいあじさいを見られるはずです。(見ごろは6月の初めから下旬まで)

 

スポンサーリンク

茶屋ヶ坂公園散策の小径と石碑

茶屋ヶ坂公園散策の小径地図

茶屋ヶ坂公園のあじさいはとても見事!

あじさいを見た後は小径の散策を地図のように歩いてみました。

茶屋ヶ坂公園入り口

正門の石碑に「茶屋ヶ坂公園」と刻んであります。

周囲は高級そうな住宅が並んでいます。

 

スポンサーリンク

茶屋ヶ坂公園散策の小径を歩いてみると

茶屋ヶ坂公園散歩道

ここはどこの山の中?と思えるくらい高木が並んでいます。

茶屋ヶ坂公園散歩道

歩きやすいようになっていますし、木洩れ日がさしてひんやりした空気です。

茶屋ヶ坂公園散歩道

標識もわかりやすいです。

ほんと、名古屋の中心付近とはとても思えない、ひんやりした森の中です。

 

茶屋ヶ坂池・展望台そしてあじさい

茶屋ヶ坂池がありますが、近寄ることはできないです。

茶屋ヶ坂池

散策の小径を進んでいくと、小高いところに上がっていき展望台があります。

茶屋ヶ坂公園展望台

高い木におおわれているので、公園内はよく見えないですが・・・

公園の周囲は、すべて住宅、高層マンションです。

 

名古屋市千種区の花はアジサイ

茶屋ヶ坂公園あじさい

千種区の花はアジサイなのだそうです。

ここ茶屋ヶ坂公園にはあじさいが4000株以上あり、展望台を進んでいくと、遊具のある公園方向に出ます。

そこからまた青や紫、白のあじさいを、たくさん眺めることができます。

茶屋ヶ坂公園と小径とあじさい

もう一度海のように広がるあじさいの咲き誇る姿をみました。

茶屋ヶ坂公園あじさい

ここが一番素敵な場所です。

みわたす限りあじさいが咲いていてステキです。

茶屋ヶ坂公園は、6月の初めから下旬まで、手入れされたあじさいの数々4000株以上が見られます

2019年(令和元年)の今年も、例年通り美しいあじさいの数々を見ることができるはず。

 

スポンサーリンク

2018年(平成30年)6月2日のあじさい

茶屋ヶ坂公園(名古屋市千種区)のあじさい2018年平成30年6月2日

今日2018年(平成30年)6月2日に茶屋ヶ坂公園に行ってみました。

公園に向かってのあじさいの様子です。

だいたい三分咲きです。

茶屋ヶ坂公園(名古屋市千種区)のあじさい2018年平成30年6月2日

全体的に三分先です。

花見に来ている人たちもいて、「きれいね~」と歓談されてます。

これからが本格的なあじさいのシーズンで見ごろを迎えます。

 

散策の小径はついでに歩いてみてください。

木の葉が枯れた道はとても心地よいです。

茶屋ヶ坂公園には駐車場はありません。

付近にコインパーキング一か所、駅近くに2か所。

すぐそばの茶屋ヶ坂公園野球場に駐車できますが、料金は、

  • 午前08:30~12:00 1900円
  • 午後13:00~16:30 1900円
  • 昼間08:30~16:30 3,000円
  • 薄暮(17:00~日の入)3/1~10/31 1,100円となっています。

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」下車、徒歩5分

市バス基幹2「茶屋ヶ坂」「赤坂」下車すぐなので、徒歩がベストです。

茶屋ヶ坂公園の駐車場トイレのことはこちら⇒「【茶屋ヶ坂公園】あじさいの見頃2019/駐車場やトイレ(名古屋市千種区)

(よっちゃん)




スポンサーリンク