熱田神宮駐車場・料金と時間 有料なのはいつ?夜間は?(名古屋市熱田区)

スポンサーリンク



熱田神宮東門駐車場付近

名古屋市熱田区の熱田神宮の駐車場、いつもは無料で駐車できます

熱田さんこと「熱田神宮」は、近隣県からの参拝者の多いことでも有名。

そのため広い駐車場が無料で利用できます!

ただしお正月以外です!

熱田神宮駐車場の料金と時間を、地元民が詳しくお知らせします。

 

スポンサーリンク

熱田神宮の駐車場の料金

熱田神宮の駐車場はお正月を除き、参拝者と結婚式場利用者は無料です。

駐車場は三か所あって、合計400台分とめられます。

内訳をみると、

東門駐車場 約300台
西門駐車場 約40台
南門駐車場 約60台

つまり東門駐車場が最も大きいです。

東門といえば、名鉄電車の「神宮前駅」からすぐアプローチできる門です。

確かにとめやすいので、ここを目指す人が多いですが、

地元民のおすすめは、狭いながら西門です

その理由はあとでお話します。

※大型バスは西門の指定場所に駐車です

 

熱田神宮の駐車場の時間

熱田神宮の駐車場、閉まるのは午後5時です

朝は普通の日の朝8時でも、開いています。

それより遅い夜間に駐車場を利用したい方は、

※夜間ご利用の場合は西門の指定場所に駐車してください

 

駐車場の使用制限がたまにある

熱田神宮は、祭典行事が頻繁にあります。

見学の方も多く詰めかけることがあり、駐車場の使用制限が行われることがあります

駐車場使用制限いついては、熱田神宮トップページ「最新情報」がのるのでみてくださいね!

 

注意!年末年始は有料に!

お正月は熱田神宮にお参りにいこう!と思っても、

年末年始は無料駐車場はなくなります!

いつもは無料の駐車場は、露店が並び人でごった返します。

熱田神宮駐車場にとめることは不可能な状態です。

近隣の駐車場をさがすしかありません。

 

熱田神宮付近の駐車場・お正月

年末と元旦から数日の間の付近の駐車場の料金は、

1時間1,000円が相場で、上限なしです

詳しくはこちら⇒「熱田神宮2017年元旦駐車場と本殿参拝・宝物殿特別展

 

熱田さんの混雑具合、七五三の祝日の例

熱田神宮の混雑具合は、行事のときはそれはもう混みあいます。

先日お参りに行ったのは10月10日(月)祝日。

この日は、土曜日からの三連休のお昼ごろで、七五三詣りのピークの時期です。

最も広い東門の駐車場に向かいました。

でも、待たずに停めることができました!

晴天でもあり連休でもあったので、混雑していると予想したのですが、

東門は300台とめられ、案内の方の誘導があり、とめられました。

近くの有料駐車場でなくまず熱田神宮の駐車場を目指した方よいです。

熱田さんに参拝の方は、たいてい1時間か1時間半で入れ替わります

 

熱田神宮の駐車場の様子

熱田神宮の三か所の駐車場を紹介します。

 

熱田神宮の西門の駐車場

これは西門の駐車場で参拝者は無料です。40台分。

熱田神宮の西門駐車場

熱田神宮の西門に停めるには、国道19号を北から南下していきます

西門駐車場は午前5時から午後5時までとなっています。

朝早いですね!

この日は朝8時半ごろにここに到着していますので、祭日でしたが西門駐車場はガラガラです。

熱田神宮の西門駐車場入り口の様子

熱田神宮西門の鳥居です。

大型バスは西門駐車場の指定の位置にとめる決まりです

朝の明るい陽射しがさしていますが、熱田神宮内は「熱田の森」といわれるように、

樹齢の高い木々が生い茂っているので、木洩れ日がわずかにさすだけです。

熱田神宮の西門駐車場から見る鳥居

さて全体の地図を見て見ると、南門に60台とめらる無料駐車場があります。

熱田神宮の案内図

西門の40台にとめられなかったら、左折して南門を目指すのがおすすめ。

正統派の方は南門でしょう

南門が正門ですし、南門からはまっすぐ北に本宮へ向かう参道が、

最も厳かで熱田さんのよさを感じることができますから。

 

最も広い東門駐車場の特徴

東門には、第一、第二、第三と全部で300台分です

このうち第一駐車場は結婚式場である熱田神宮会館の利用者だけになっています。

一般の参拝者は、第二第三の駐車場に停めることになります

七五三の休日、午前9時前でガラガラ状態でした。

混みあうのは午前10ごろからです!

 

熱田神宮の参拝は東門駐車場から左へ

一般の参拝者は東門からはいって左方向に行きます。

ちゃんと画像のように案内板が出ているのでわかりやすいですよ。

熱田神宮東門駐車場付近

東門から入る第三駐車場は、朝9時少し前の時間に、祭日で七五三日和でしたがガラガラです。

熱田神宮東門からはいる第三無料駐車場

こちらの駐車場の開門時間は見てきませんでしたが、西門と同じなら朝5時から午後5時。

 

東門の第一駐車場は熱田神宮会館用

東門の右手にある第一駐車場は、結婚式場である熱田神宮会館の専用駐車場です。

開門は午前7時から午後5時まで。

熱田神宮東門駐車場案内版

結婚式場である熱田神宮会館の門

 

無料駐車場にとめるおすすめのアクセス方法

自家用車で熱田神宮にお参りというとき、おすすめの駐車の仕方をご案内します。

熱田神宮を左回りに回る方法です。

<目的地 熱田神宮>

国道19号線を南に向かう。

⇒「西門」をまず目指す。

⇒満車であれば、そのまま南下し信号で左に折れる。

⇒南門の案内で「南門」に向かう。

⇒南門が満車であれば、伝馬町の信号で左に折れる。

⇒するとほどなく熱田神宮の「東門」の駐車場入り口があるので入る。

このように熱田神宮を左回りにまわることで、

三か所の駐車場にたどりつけ、どこかに入ることができます

周囲には有料駐車場があって、呼び込みの人がいたりしますが、

まずはあきらめず熱田神宮の駐車場に行ってみましょう!

 

年末年始は乗用車はやめた方がいい

熱田神宮は正月三が日の参拝者数が、全国で5位なのです。

明治神宮、伏見稲荷、住吉大社、鶴岡八幡に続いて5番目。

235万人にものぼります。

そのため初詣は自家用車は不向きです。

正月は車でなく地下鉄、または名鉄電車を利用するのが行動しやすいです。

地下鉄は「神宮西」または「伝馬町」で降りればどちらからでも近いですよ。

名鉄電車は「神宮前駅」ですぐ。

案内もわかりやすく出ていますし、人の流れができてしまっているので間違いようがありません!

年末と元旦から数日の間の付近の駐車場の料金は、

1時間1,000円が相場で、上限なしです

詳しくはこちら⇒「熱田神宮2017年元旦駐車場と本殿参拝・宝物殿特別展

 

追記

2017年11月の上旬の三連休初日に、七五三参りに車で出かけたところ、広い東門にずらっと待ちができていました!

熱田神宮に到着したのが午前10時近かったので、七五三や初参りのピークの時間でした。

40分以上駐車場に入るのに待ちましたが、お昼に近づくにつれ参拝者は減っていきました。

午前中なら午前9時までに到着するのが、行事のとき混雑を避けるコツです

(よっちゃん)

名古屋市熱田区神宮1丁目1-1 熱田神宮




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください