大塚性海寺公園(愛知県稲沢市)2017年あじさい祭りの楽しみ・おみやげ

スポンサーリンク



大塚性海寺公園あじさい

「大塚性海寺公園」は愛知県の西部稲沢市にあるあじさい寺です。

一万株に及ぶあじさいは、品種も多く見ごたえがあります

第26回稲沢あじさいまつりは平成29年6月1日(木)~6月18日(日)まで開催です!

メインの行事日程は6月10日(土)と11日(日)です。

歴史のある大塚性海寺の中で、非常にきれいに整備されて気持ち良く過ごせる場所です。

大塚性海寺公園あじさい

公園内のあじさいには、多い種類を判別しやすいように、あじさいの名称が取り付けられています。

コンパクトにまとまった解説を読みながら進めるので、博識になった気分です。

それぞれの名称の小さな看板には、稲沢市のマスコットの「いなッピー」が躍動的に描かれているのでつい目がとまります。

 

スポンサーリンク

解説上手なマスコットの「いなッピー」

稲沢市のマスコットの「いなッピー」は、この地で有名なはだか祭の姿、つまりふんどし姿です。

頑張るいなッピーの姿が、いくつも見られ、その姿が何を頑張っているのか考えるのも面白いです。

いなッピー

いなッピー

いなッピーいなッピー

いなッピー

 

大塚性海寺公園で見つけた「おまんじゅうやでござる」

大塚性海寺公園おみやげ

大塚性海寺公園の周りには、飲食店がありません。

門のところに飲食店の案内地図がありましたので、近場で食べたいときは、それを参考にしてください

門の前の道を挟んで、「おまんじゅうや」さんがあったので、ここで小腹を満たすことにしました。

おまんじゅうやでござるとある通り、お饅頭がメインですが、山菜おこわ、お赤飯、黄色いおこわごはん、わらびもち、ジュースなどが販売されていました。

元気なお姉さんが一人でやっていて、おしゃべり好きな方で地元の話題をしてくれました。

大塚性海寺公園おみやげ

赤飯の右に「桜ご飯」「黄飯」が目につき、どういうものか聞くと、

「端午の節句にこの地方で食べるおこわ」とのこと、おこわはもち米のごはんです。

尾張地方に住んではいるものの、私の住むあたりでは端午の節句でも売られていないので食べたことがありません。

大塚性海寺公園おみやげ

「黄飯」と「わらびもち」をいただくことにしました。

クチナシで色づけされた鮮やかな黄いろのごはん、もっちり。

黒豆はふっくらと柔らかく甘いおかず味なので、ご飯とともにどんどん頂けます!

わらびもちは冷凍してあったので、少しだけ待ってからにしましたが、カチコチではないのでひんやりしてとても美味しかったです!

このあとまだ出かける先があるので、おみやげとして持ち帰ることはできませんので、すぐに完食しましたが、帰るのならお饅頭がよかったな。

大塚性海寺公園は愛知県稲沢市のあじさい寺です。

整備された公園に一万株90種類のあじさいが咲き乱れています。

あじさいの見ごろは6月はじめから下旬まで、「おまんじゅうやでござる」さんはお客さんがいる間はお店を出しているそうです。

大塚性海寺歴史公園(愛知県稲沢市)あじさいの様子を写真におさめてきましたので、あじさいの様子とお寺の由緒ある文化財のことなどはこちらを見てね!(文化財のことはチンプンカンプンでごめんなさい)

大塚性海寺歴史公園(愛知県稲沢市)あじさい寺文化財の見ごたえも

第26回稲沢あじさいまつりは平成29年6月1日(木)~6月18日(日)まで開催です!

メインの行事日程は6月10日(土)と11日(日)です。

2017年(平成29年)の今年もたくさんのあじさいを楽しめますね!(写真は2015年のものです)

詳しくは稲沢市のあじさい祭りHPを見てね。

愛知県稲沢市大塚南1丁目33 大塚性海寺公園

 

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy