尾形光琳屋敷・MOA美術館で無料で観られる庭園など(熱海市)

スポンサーリンク



MOA美術館無料開放庭園

MOA美術館(熱海市)には無料で観られる庭園があります。

そこには尾形光琳の終の住み家の復元屋敷をはじめ、茶道具を観賞しながら抹茶をいただける「一白庵」などがあり、庭園の厳かな雰囲気を存分に楽しむことができます。

無料開放の庭園の入り口は、上の写真の「唐門」で神奈川県大磯町の三井家別邸の城山荘内にあったものです。

日本建築が立ち並ぶ「茶の庭」と名づけられた庭園で、新緑や紅葉など四季折々の風情を感じることができます。

茶の庭に出る前に地図があるのでそれを見てから行くといいです。

MOA美術館(熱海市)茶の庭の地図

ここでは歴史を感じる本物の建築物をみることができます。また四季折々の風情も素晴らしいとのこと。

今日は梅が満開の2月10日です。

MOA美術館茶の庭の四季

 

スポンサーリンク

MOA美術館無料開放の日本庭園

まずはその落ち着いた風情をゆったりたのしみました。

20160210_113057828

MOA美術館無料開放庭園

「そばの坊」11時から15時営業していてそばをいただけます。

MOA美術館無料開放庭園のそばの坊

歴史的な建造物、おおわらびてがたの金具のついた「片桐門」豊臣秀吉の重臣、片桐且元ゆかりのもの。

MOA美術館無料開放庭園の片桐門

茶室、岡山藩家老 伊木三猿斉の荒手屋敷に設けられていた茶席「大炉の間」だそうです。

MOA美術館無料開放庭園の茶席大炉の間

MOA美術館の無料開放の庭園にある抹茶どころ「一白庵」で、梅満開。

MOA美術館抹茶どころ「一白庵」

 

MOA美術館・復元された尾形光琳屋敷

尾形光琳復元屋敷解説

広いお屋敷でした。お屋敷内に通路もあります。

尾形光琳が自ら描いた図面と大工の仕様帳、茶室起し絵などをもとに復元されています。

1712年ごろに京都の新町通り二条下ルの地に屋敷を建て最晩年の5年間を過ごしたところです。

二階の絵所で尾形光琳晩年の最高傑作、国宝「紅白梅図屏風」を描いたと推測されています。

お屋敷内の台所。

尾形光琳復元屋敷

中庭を臨む渡り廊下

尾形光琳復元屋敷

あがることはできませんが、屋敷内の通路を歩いて観賞できます。

3月からのリニューアルではここはそのまま保存されるのかもしれません。

他にもレストラン「桃山」、ミュージアムショップ、能楽堂などへは無料で入ることができます。

MOA美術館のリニューアル期間は、2016年3月7日から2017年2月までですが、その間もこちらは開放されているといいなあ。

MOA美術館の駐車場などのことは→リニューアル前最後の展覧会MOA美術館・駐車場・長ーいエスカレーターで

MOA美術館

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy