作曲家中山晋平の記念館で童謡や愛用品を(熱海梅園内)アクセスも

スポンサーリンク



熱海梅園にある中山晋平記念館愛用のカップ

作曲家の中山晋平(1887年~1952年)の作品を知らない人はいないはず、「てるてる坊主」「シャボン玉」と聞けば、メロディが浮かんできますよね。

生涯に1700曲もの童謡や唱歌を発表してきた大作曲家・中山晋平さんが晩年に住んだ別荘が、熱海の梅園の中にあります。

別荘が移築されているものですが、愛用品の数々や五線譜に作曲中の自筆の遺品などを拝見できる記念館として、無料公開されています。

子供の頃に聞き覚えのある曲だけでなく、名曲が生まれた背景もうかがい知ることが出きますから、邦楽好きんにはたまらないところしょう。

広いガラス窓から海を見渡しながらの曲もあったのでしょうね。

熱海梅園内の中山晋平記念館入り口

 

スポンサーリンク

熱海梅園梅まつり中の梅に囲まれた中山晋平の別荘

もしも梅園の中に別荘があったら、どんなに素晴らしい住まいでしょう!外観です。

熱海梅園内の中山晋平記念館の外観

実際中山晋平さんがお住まいになっていたのは、熱海市の西山町というところで、昭和19年から27年のおなくなりになるまでの期間です。

お住まいになっているときはこの景色をご覧になることはなかったのですが。

部屋から見る梅園の景色はそれは素晴らしいです。

熱海梅園にある中山晋平記念館からの景色

 

まずは記念館=別荘のお部屋の様子を。

一階の角部屋から外を見渡せます。日差しが明るくて気持ちのよいお住まい。

熱海梅園にある中山晋平記念館からの景色

床の間。

熱海梅園にある中山晋平記念館・座敷

二階からの景色。窓際に立つと遠くまで見通せます。梅園内なので盛りの梅がいっぱい。

熱海梅園にある中山晋平記念館からの景色

二階の廊下、ここでお昼寝したくなります・・・

熱海梅園にある中山晋平記念館からの景色

廊下のライト、当時のままのもの。

熱海梅園にある中山晋平記念館二階廊下のライト

 

中山晋平が愛した品

別荘内には中山晋平さんが愛用していた品物も多数あります。

一番大切だったはずのピアノ。

熱海梅園にある中山晋平記念館愛用のピアノ

蓄音機もありました。当時のレコードなども。

愛用の紅茶カップ、洗練されてます。

熱海梅園にある中山晋平記念館愛用のカップ

名曲「肩たたき」の歌詞や当時の資料など。

熱海梅園にある中山晋平記念館の肩たたきの解説

これは「背くらべ」の直筆楽譜の複製みたいです。

熱海梅園にある中山晋平記念館の楽譜複製

と、いろいろな品物が展示してあります。

 

中山晋平記念館(熱海)へのアクセス

中山晋平記念館は「熱海梅園」内にあります。住所 熱海市梅園町8-1

・JR熱海駅より『梅園・相の原団地方面』行きバス約10分《澤田政廣記念館前》下車
・JR熱海駅よりタクシー 約8分
・JR来の宮駅より徒歩 約10分

 

熱海梅園梅まつりの期間は梅園に入るのに入場料300円かかります。

でもそれ以外の期間は梅園も無料です。

開館時間 10:00 ~ 15:30(梅まつり期間中は10:00~16:00)

休館日 毎週木曜日(梅まつり期間中は無休)
梅園まつりは1月9日から3月6日までです。
中山晋平記念館のチラシは中山晋平記念館HPでダウンロードできます(熱海市の中山晋平記念館のページ)

熱海梅園梅まつり2月上旬

上の写真は2月9日の熱海梅園梅まつりのものです。

色とりどりの梅が咲き誇っています!

中山晋平記念館(熱海市)

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy