2016年(平成28年)名古屋祭りの日程と催事・昨年のメインの英傑行列と姫様

スポンサーリンク



名古屋まつり英傑行列家康

平成28年の第62回名古屋まつりは、10月15日(土)16日(日)の二日間開催です!

先日の8月25日をもって、強度英傑行列の「三英傑」の募集は終了しています。

これから本格的な準備が始まります。

写真は昨年平成27年の名古屋まつりの様子です。今年も大きな変更はありません。

昨年名古屋まつりの期間に無料開放された施設は、名古屋城はじめ10施設です。

■名古屋城   ■徳川園  ■文化のみち二葉館  ■文化のみち橦木館

■名古屋市美術館(常設展無料)  ■名古屋市博物館(常設展無料)

■東山動植物園、東山スカイタワー  ■揚輝荘

■白鳥庭園  ■東谷山フルーツパーク(世界の熱帯果樹温室無料)

行ってみたかったところに行くチャンスですね。混雑も予想されますが。

昨年は英傑行列を見たあとで、名古屋城に無料で入場してきました。

写真は昨年の第61回名古屋まつりのメインイベントの「郷土の英傑行列」の様子です。

毎年行われる名古屋のお祭り、地元ではあまりに有名な織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人を、市民の方が演じます(立候補者が多く選ばれるだけでもたいへん)。

また三姫の濃姫、ねね、千姫も可愛らしい女性が演じます。

英傑行列は地元のデパート、松坂屋、三越、名鉄がスポンサーになっての、絢爛豪華な行列ですよ!

市の発表によると650人もの人を携えての大行列だとか。全ての行列を観ようとたくさんの方が集まっていました。(平成27年10月17日と18日)

 

スポンサーリンク

名古屋まつりの英傑行列は早めに行って場所取りを

名古屋まつりの英傑行列は、あらかじめ経路と時間が公表されているので、観やすい場所をとってじっと待つのが賢明です。

そうしないと出発間際の観やすいところは、どんどん人で埋まってしまい、移動しようものならすぐに場所はとられてしまいます。

二日間の行列の経路は違っていて、2015年(平成27年)の今年は二日目が市役所から矢場町への行進でした。(前日は名古屋駅前から笹島で折れて柳橋、伏見、栄そして矢場町まで)

そこで地元の私は出発直前のスタンバイの位置に行ってみました。すると準備を終えた行列が今か今かと出番を待っているところでした。

そのためいざ行進が始まるというところでは、みなさん満面の笑みで手をふってくれました。

名古屋まつり英傑行列の姫たち

姫たちはなぎなた隊を従えていました。

名古屋まつり英傑行列のなぎなたを持った女性

これは利休さんと思われます、そして奥務めの女性たち。

名古屋まつり英傑行列の奥務めの女性

かごではなく桶にのったご隠居さんかな。戦国通ならいろいろ解説できそうなのですが・・・

名古屋まつり英傑行列

まるで参勤交代で江戸に向かうみたいな行列ですが、殿様も姫様もお顔を拝見できます。

名古屋まつり英傑行列ののぼりを持った陣笠隊

名古屋まつり英傑行列の姫たち

この近辺で織田信長も豊臣秀吉も、昔昔に活躍していたんだと思うと、やはり誇りに思えます。

 

名古屋まつりは毎年10月に開催

61回になる名古屋まつり、例年10月の中旬の土日に連続二日間行われています

英傑行列だけでなく、様々なイベントが盛りだくさんにあって趣向も毎年凝ったものが登場しています。

パレードだけでも、フラワーカーやナナちゃん隊、スポーツ文化パレード、山車ぞろえ、神楽ぞろえ、子供かいみこしパレード、姉妹友好都市親善パレードなどが、連日パレードを行います

また久屋大通広場では、ご当地武将隊や忍者隊、ご当地アイドルが大集結してパフォーマンスを繰り広げています

もうひとつのイベント会場がオアシス21です。郷土芸能の棒の手公演や芸能公演があるんです。

今回はパレードを見てきたのですが、たまたま名古屋城を無料解放していたので、寄ってきました。

本丸御殿の解放も観られ、お特な一日を過ごせました。

<追記>

平成28年の第62回名古屋まつりのは、10月15日(土)16日(日)の二日間開催です!

無料開放施設は昨年同様と思われます。

詳しいことが分かり次第、また追記しますね

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy