エイジフリーコンサート第10回ピアノとチェロ・赤ちゃんも本格志向で(名古屋市守山文化小劇場)

スポンサーリンク



赤ちゃんや幼児にも、本格的なクラッシック音楽を聴かせてくれる「エイジフリーコンサート第10回ピアノとチェロ~どこかで聴いたクラッシック×秋の調べ~」に行ってきました。

本格的なクラッシック音楽を朝から聴ける、そうそうないチャンスです。しかも1,000円。

守山文化小劇場のグランドピアノは、あのスタインウェイ!熱田文化小劇場とここの二カ所にしかないそうですよ。(名古屋で)

0歳から大人まで楽しめるクラッシック音楽で、10回目の開催。

チェロは新井康之さん、ピアノは西岡雄太さん。

チェロの新井康之さんは、現在名古屋フィルハーモニー交響楽団のチェロ奏者です

チェロ奏者・新井康之さんのプロフィール

ピアノの西岡雄太さんは、小学生のころからピアノに秀でていてコンクール入賞も多数。

室内楽奏者、伴奏者として活躍している若いピアニストです。

ピアニスト西岡雄太さんのプロフィール

 

スポンサーリンク

「エイジフリーコンサート第10回ピアノとチェロ~どこかで聴いたクラッシック×秋の調べ~」感想

秋のクラッシックの調べを丁寧な演奏でたのしめました。

小さい子がいるからといって、子供向けにしていない構成がよかったです

本物志向のクラッシックとはいっても、安易なアレンジなどで子供向けになっているコンサートがあるのですが、そうではなくて大人も落ち着いて楽しめました。

こうした内容で1,000円で聴けるなんて、素晴らしい企画だと思います。

チェロの新井康之さんが案内役をされていましたが、お話しもとても分かりやすくユーモアもあります。

チェロの弦をとって、馬のしっぽのように(馬のしっぽなのです)ふわりと振って見せてくれたのは初めてでした!

 

エイジフリーコンサートの特徴

エイジフリーコンサートは、未就学児不可になることの多い本物志向のコンサートを、小さなお子さんにも大人と同じ様な環境で聴いてもらえるようにという思いで始まった企画です。

小さいお子さんがいるので、ざわめきなどがある点、ご了承ください。

演奏中は場内が暗くなり、席を離れたり走ったりすると大変危険です。

別室にてモニターテレビの鑑賞をお願いする場合があります、ご協力お願いします。

といったお知らせが最初にあります。

了解済とはいえ、乳児や幼児はどうしてもぐずったり泣いたりしますので、お母さんやお父さんが抱っこして、すみであやす姿があります。

クラッシック好きのお母さんお父さんは落ち着いて聴いていられませんが、よい経験ができますね。

 

守山文化小劇場の駐車場

守山文化小劇場は小幡駅に隣接している建物の中にあります。

駐車場も同じ建物(同じ敷地内)にあり、立体駐車場入り口で、どこへ行くかのボタンがあるので、「守山文化小劇場」のボタンを押してから、切符が出てきます

25台分確保してあるようなのですが、立体駐車場を上がって行っても、ここが守山文化小劇場の分です、という案内はありません。

ですからどこに止めてもいいようになっています。

駐車場は下の方から埋まっていきます。

私たちはあと11台空きがあるという表示で駐車場に入っていき、4階でとめることができました。

コンサートの20分前につき、コンサート約1時間、入ってから出るまで1時間40分ほどで、300円でした。

愛知県名古屋市守山区小幡南1丁目24−10 名古屋市守山文化小劇場

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy