七五三・初宮参りの由来・いつお参り(お詣り)に行く?

スポンサーリンク



伊奴神社(名古屋市西区)の参道

赤ちゃんができたとき、生まれてから、また成長を祝う七五三のお参り。

日本の伝統的なお祝いとお参りのことは、赤ちゃんが欲しいなと思ったら知っておきたいことのひとつですね。

以前は氏神様にお参りに行く習わしでしたが、若い世代の方には馴染みがないことも。

そんなときは、近くの神社でもいいですし、その地域で有名な由緒ある神社へ行かれる人もあります。

 

スポンサーリンク

妊娠がわかったら「岩田帯」の習慣について

妊娠がわかったら、お祝いの帯を巻く習慣があります。

そのお祝いの帯は「岩田帯」といい、妊娠して5か月めの戌(いぬ)の日に巻く習慣があります

犬は一度に多くの子を産み、生むときもあまり苦しまない、安産であるために戌の日に巻く習わしです。

岩田帯の由来意味

安産の祈願、岩のように上部で健康な赤ちゃんが生まれますようにとの願いが込められています。

岩田帯は長い白い木綿の布で、今でいうガードルの働きもするもので、昔は岩田帯を出産間際まで毎日巻いて、お腹の安定を保っていました。

神社によっては岩田帯を授与しているところもあります(初穂料必要)。

 

初宮参り男の子と女の子の参拝日

赤ちゃんが生まれて最初のお参り(詣り)の「初宮参り」

まだ生まれて間もなく、首もすわっていません。

お母さんの体調ももどったころという時期で、初宮参りをするにあたっては細心の注意も必要です。

「初宮参り」はいつ誰といくか?ですが、

初宮参りとは安産祈願とは

人生の一番最初の儀式である「初宮参り」は、神様に赤ちゃんの誕生を報告して、赤ちゃんのすこやかな成長を祈るものです。

男の子は32日目、女の子は33日目にお参りするとされています。

里帰りして出産したなど事情があれば、この日より遅くなっても大丈夫です。

また出産100日祝いにとお宮参りする人もあります。

父母と赤ちゃんの三人でのお宮参り、祖父母と一緒でのお宮参り、赤ちゃんの誕生と健康を祝う身内でのお祝いになります。

 

七五三のお参りはいつ行く?

七五三詣(参り)とは

七五三のお参りは、今まで見守ってくださった神様に感謝し、子供の幾久しい健やかな成長をお祈りする儀式です。

三歳は男女とも髪をのばす「髪置(かみおき)祝い」、五歳は男子の「袴着(はかまぎ)祝い」、七歳は女子の「帯解(おびとき)祝い」がいわれです。

平成28年の七五三のお祝いは、

三歳の男女、数え年平成26年生まれ、満年齢平成25年生まれ

五歳の男児、数え年平成24年生まれ、満年齢平成23年生まれ

七歳の女児、数え年平成22年生まれ、満年齢平成21年生まれ

七五三の日は11月15日ですが、その日だけというわけではなく、その前後一か月の間に参拝する方が多いです。

10月中旬から11月末までですね。

お父さんがお休みの日にという家庭も多く、土日祝に参拝が集中します。

そのためもう少し幅をもたせて、9月から12月になっても、七五三詣でを受け付けている神社も多くなっています

子供と両親、加えて祖父母が参加するご家族もあります。

 

いずれも赤ちゃん、子供、お母さんお父さんの体調がよく、あまり寒くない時期に行うのがよいですね。

名古屋市西区にある「いぬ神社」は主祭神の一柱が、伊奴姫神(いぬひめのかみ)で、大年神のお妃様です。

子授けや安産、夫婦円満そして家内安全などに大きな御神徳を授けてくださる神様として、神社名の由来にもなっています。

安産祈願に訪れる人も多いそうですよ。⇒「伊奴(いぬ)神社(名古屋市西区)安産・子授けのご利益・七五三は12月下旬まで

伊奴神社(名古屋市西区)の参道

 




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy