スポンサーリンク



稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)外観と手前駐車場

◆稲武温泉「どんぐりの湯」外観

豊田市の稲武にある天然温泉「どんぐりの湯」は、とっぷりのんびりできるいい温泉です。

湯舟の種類が多いだけでなく、一階は「花の温泉」二階は「森の温泉」と週替わりするのもうれしい。

今回は大井平公園の紅葉を見に出かけた折に寄ってきました。⇒「大井平公園の紅葉/2019年もみじまつりは鮮やか!/駐車場(豊田市稲武)」

ハイキングやツーリングにも最適の稲武にある「どんぐりの湯」は、日ごろの喧騒を忘れるのにうってつけです。

再入場OKの確認もとれたので、足しげく通いたくなりました。

  • 稲武温泉「どんぐりの湯」料金・時間
  • お風呂の設備
  • 休憩室やアメニティ
  • 再入場の方法
  • 温泉の泉質について

2019年11月中旬に体験してきたので報告しますね!

スポンサーリンク

稲武温泉「どんぐりの湯」料金・時間

稲武温泉どんぐりの湯、料金と時間

稲武温泉「どんぐりの湯」の営業時間

  • 平日:午前10時から午後9時
  • 土日祝:午前9時半から午後9時
  • 最終受付:午後8時
  • 休館日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日) 12月30日から1月1日

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)自販機にて購入

料金は自販機にてチケット購入。

<通常料金>

  • 大人600円(中学生以上)
  • 小人300円(3歳から小学生まで)

<夜間利用料金(午後5時以降)>

  • 大人500円
  • 小人250円

低温サウナ利用の場合 大人のみ 1回200円

※JAF会員は通常料金のとき割引100円があるので、フロントで会員証を提示して支払う(夜間料金のときは割引なし)。

スポンサーリンク

お風呂の設備

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)下足ロッカー無料

下足ロッカーはコイン不要。

入場券をフロントで渡して、いざお風呂へ。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)男湯入り口、本日は一階

この日は男湯が一階の「花の温泉」、女湯だった二階の「森の温泉」で紹介すると、

  • 杉の湯
  • けやきの湯(露天、寝湯ジェットバス)
  • ブナの湯(露天)
  • もみじの湯(替わり湯)
  • くぬぎの湯(露天、岩組のの壺湯)
  • ひのきの湯
  • いちょうの間(高温サウナ)
  • 水風呂

「くぬぎの湯」(壺湯)を除いては湯舟は広くて、のんびり手足を伸ばせます。

サウナが屋外にあり、水風呂も屋外。

テレビがどこにもなかったので、のんびりと入れました。

替わり湯と水風呂以外は、すべて天然温泉です。

浴室のアメニティ・パウダールーム

浴室では個別の洗い場でスペースも広く、洗顔用のフォームも個別においてあります。

もちろんボディソープ・シャンプー・コンディショナーあり。

パウダールームの設備も満足です。

綿棒・ブラシもあって、快適快適。

休憩室やアメニティ

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)中二階のラウンジ

◆稲武温泉「どんぐりの湯」中二階のラウンジ

中二階にあるラウンジからは、外の山並みが一望できます。

お風呂上りにここを利用する人が多いです。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階のたたみの休憩室

◆二階のたたみの休憩室

二階には広いたたみの休憩室あり(本物の畳でした)。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階の多目的室

◆二階の多目的室

同じく二階にある多目的室では、大きなクッションに全身をあずけて休憩できる。

テレビもありました。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階の休憩室横にあるお酒ビールの自販機

休憩室の横には、ビール、日本酒、おつまみの自販機があります!

普通ないですよね。

食事処、どんぐり亭

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階の食事処どんぐり亭

食事は2階のどんぐり亭で。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階の食事処どんぐり亭

◆どんぐり亭の店内

座敷とテーブル席があり、机も椅子も、床も天井も、すべて天然木とおぼしきしつらいです。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)二階の食事処どんぐり亭のメニュー

どんぐり亭のメニューは、和食中心で、地元の天然鮎、わっぱご飯、とろろを使った料理をメインに種類が多いですよ。

そのほかの設備

スーパー銭湯にあるような、子供向けの遊び場(キッズスペース)やゲームコーナーはありません。

スポンサーリンク

再入場の方法

その日にもう一度入りたい!そんな希望を叶えてくれる「どんぐりの湯」。

再入場するには、玄関に置いてある「ぞうり」を履いて外出するだけ。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)外履き用草履6足

◆どんぐりの湯の外履き用

玄関に草履がおいてあるので、それを履いて外出すればOK。

どんぐりの湯の利用者だとわかるからです。

またフロントに声をかけて、再入場したい旨を伝えれば、小さいチケットがもらえます。

そのチケットを出せば、何時間後でも再入場が可能です。

例えば、午前中にハイキングしてから温泉に入り、いったん外にでて、食事や買い物をし、ドライブした後でまた夕方に温泉に、ということができます。

すごい。聞いてみてよかった!

温泉の泉質について

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)の温泉泉質分析表

◆稲武温泉「どんぐりの湯」の温泉泉質分析表

  • 単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)
  • 泉温32.8度
  • 湧出量 1分あたり95リットル
  • 無色透明で微弱な硫黄種とわずかな金気味を有する
  • 水素イオン濃度7.9

(平成21年2月 湧出地における調査)

加水加温していますが、湯あたりがやわらかで、わずかな硫黄臭が温泉の心地よさとなってくつろげます。

駐車場

専用駐車場は「どんぐりの湯」の前面および横に広くあります(無料)。

道の駅が隣にあり、そこからのアプローチがまたいいですよ。

稲武温泉「どんぐりの湯」(愛知県豊田市)へのアプローチ階段、道の駅どんぐりの里いなぶから。

◆道の駅「どんぐりの里いなぶ」から「どんぐりの湯」への道

露天風呂で風に当たる爽快感が非常に気持ちのいい「どんぐりの湯」です。

高い天井(二階のお風呂)ですべてが天然木を使った施設です。

奥三河方面への旅にぜひおすすめしたい温泉です。

(2019年11月12日訪問)

「道の駅どんぐりの里いなぶ」で車中泊した体験談⇒「道の駅 どんぐりの里いなぶで車中泊・温泉すぐで景色よし!(愛知県豊田市)」

翌日は南信州の平谷村へ温泉よかったですよ⇒「ひまわりの湯(信州平谷温泉)・料金時間/天然ぬるすべ広々の露天風呂/(長野県) 」

愛知県豊田市武節町針原22 稲武温泉「どんぐりの湯」




スポンサーリンク