二黄卵の見分け方/確率1%で縁起がいい!濃厚な味わい(愛知県知多市)

スポンサーリンク



知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」で購入した二黄卵

黄身が二個ある「二黄卵」、生卵を割っただけなのに、「おおっーーー!」

っと驚いてしまいました。

さっそく卵焼きにしてみたところ、黄身が多いので、とろっと濃厚な味です

黄みが二個の卵の確率は約1%といいます。

珍しいので縁起がよさそうです。

たまたま、これが直に買えるところが県内にあったので、ドライブがてらGO!

  • なぜめったに「二黄卵」がないのか?
  • 黄身一個の卵との見分け方は?
  • 「二黄卵」が買えるお店

につい調べたことを報告しますね!

 

スポンサーリンク

二黄卵1%の確率の貴重さ なぜ?

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」で購入した二黄卵アップ

1つの中に黄身が2つ入ったたまご「二黄卵」は、産卵を始めたばかりの若鶏に多くみられる現象です。

ということは若鶏の一時だけ生むことができるのですね。

それもたまに産むだけなのだそう。

鶏が一生のうちに産む数の総数は150前後で、そのうちの一回か二回ということです。

なので双子のたまごって、珍しいのです。

 

「二黄卵」どうやって見分ける?

二黄卵と普通の卵の比較

普通の卵とどう違うか、見分け方はというと外見です

写真左が普通の卵、右が「二黄卵」です。

普通のたまごに比べて、やや縦長です

見た目だけで判断するので、中には黄身が一つの場合もあるようです。

そのため店頭には「ほとんど二黄卵」と書かれています。

もしかして黄身が一個の場合もあるよ、だそう。

 

スポンサーリンク

「二黄卵」が買える知多の「食と健康の館」

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」で購入した二黄卵

向かったのは愛知県知多半島、美浜町の小野浦海岸にある「食と健康の館」です。

野間灯台にほど近いところです。

ここでは「二黄卵」を常時(ほぼ)おいてあるそうです。

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」で購入した二黄卵

◆「食と健康の館」愛知県知多市美浜町

「食と健康の館」の入り口は築10年ほどですが趣のあるつくりです。

無料の駐車場が広いです。

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」内

施設の中にはいって、右手の奥の方にいくと野菜売り場があり、

そのそばに「二黄卵」はおいてあります。

 

幸せを呼ぶ卵・二黄卵の縁起のいい理由は

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」で購入した二黄卵

「幸せを呼ぶ卵」

という文字が目に飛び込んできます。

非常に珍しいから縁起がいい、だから幸せを呼ぶ卵と呼ばれてきたそうです。

なんと

  • 開運招福
  • 家内安全
  • 恋愛成就
  • 合格祈願

にご縁があるそうですよ。

そんなに貴重な卵だというのに、お値段 6個で178円!

一個あたり、30円もしません。

なんでもネット通販では6個480円するのが相場らしい。

娘夫婦もびっくりさせようと、買ってきました。

割ったときのびっくりする顔が楽しみです。

 

「食と健康の館」にはほかにも珍しい卵あり!

知多半島でしか買えない限定卵「食と健康の館」

「食と健康の館」にはほかにも珍しい卵があります。

世界初の卵、25本つまようじをさしても崩れない!

という強い黄身の卵があります。

つまようじをさしてある生卵の黄身の写真、圧倒的な迫力あります。

これも超珍しいので、食通のタレントさんが絶賛しています。

 

知多半島はドライブや日帰り温泉もいいところです。

海産物のランチなどでゆっくりしたあとは、「二黄卵」を買いに「食と健康の館」寄ってみてね。

知多市美浜町小野浦海岸「食と健康の館」知多半島特産品いろいろ

知多市の小野浦海岸の「食と健康の館」には、知多半島特産品も数々そろっています。

 

ここ「食と健康の館」では塩づくりが体験できるのもいいですよ。

「塩ソフトクリーム」も食べられます。

塩ソフトってほんのり青かったです⇒「塩作りを体験するなら「食と健康の館」・塩ソフトの味は?(愛知県美浜町)

愛知県知多郡美浜町小野浦西川1 食と健康の館

 




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください