庄内緑地公園のあじさい園2018年(平成30年)駐車場・家族で楽しい施設

スポンサーリンク



庄内緑地公園のアジサイ

名古屋市西区山田町にある庄内緑地公園でゴロ散歩です。

メタボ解消で、散歩より小走りでジョギングにもよく行くコースです。

四季折々の花々が咲いています。

よく管理された園内は木々も生い茂り、木漏れ日のある気持ちのいい空間です。

5月から6月は、花菖蒲や薔薇、そして紫陽花が見ごろで、何度きても気持のいい公園なんです。

先日、ジョギングがてらこの庄内緑地公園を一回りしてきました。

ちょうど、アジサイが終わり頃で、なんとか写真に納めることができました。(写真は2016年のもの)

施設も充実しているので、紹介しますね。

 

スポンサーリンク

庄内緑地公園のアジサイ園

他のアジサイの有名な所に比べれば、規模は小さいですが、周りの木々とのバランスがよくて、自然にはえている雰囲気のアジサイがとても綺麗です。

庄内緑地公園のアジサイの写真

庄内緑地公園のアジサイ写真水辺の横にあるアジサイ

庄内緑地公園のアジサイ写真水辺の横にあるアジサイ

庄内緑地公園のアジサイ写真・園内のサイクリングコース脇にもたくさん咲いています。

庄内緑地公園のアジサイ写真・園内のサイクリングコース脇にもたくさん咲いています。

写真は一昨年のものですが、昨年の2017年(平成29年)も同じようにきれいに咲いていました。

2018年(平成30年)の今年も、ちらほらと咲き掛けのアジサイにであいました。

5月下旬です。

やはり手入れが行き届いているので、例年のように咲き誇るはずです。

園内の6月の花の案内がありました。

アジサイは中央あたりと南側に集まっています。

園内の6月の花の案内がありました。アジサイは中央あたりと南側に集まっています。

庄内緑地公園へのアクセス

庄内緑地公園は、名古屋市営地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園」下車で 2番出口すぐに入り口があります。

庄内緑地公園は、名古屋市営地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園」下車で 2番出口すぐに入り口があります。

 

庄内緑地公園の施設や遊具紹介

庄内緑地公園内にある大きな温室です。

庄内緑地公園内にある大きな温室です。

グリーンプラザの施設があります。

ここでは年間を通していろいろな催し物をやっています。

植物園芸関係の図書質があったり勉強のできる施設です。

入場は無料です

グリーンプラザの施設があります。年間を通していろいろな催し物をやっていたり、植物園芸関係の図書質があったり勉強のできる施設です。入場は無料です。

園内は広くて、芝生の広場や森があったり、幼児の遊べる遊具もあります。

日曜日には家族連れがたくさんやってきて賑やかです。

噴水もあります。

夏な噴水の水遊びも盛んです。

レンタサイクルもあります。

テニス場もあります。

本当に綺麗に整備された気持ちのいい公園ですよ!

園内は広く、芝生の広場や森があったり、幼児の遊べる公園があったり、日曜日には家族連れがたくさんやってきて賑やかです。

園内の案内図です。

園内の案内図です。駐車場もたくさんあります。有料で一時間180円です。7時から21時30分まで使えますが、なぜか朝の7時から8時までは無料になってます。朝のお散歩に車でわざわざここに来て8時までに帰って行く人も結構います。

 

駐車場情報・主に有料

駐車場も広々として、たくさんとめられます。

有料で一時間180円です

7時から21時30分まで使えますが、なぜか朝の7時から8時までは無料になってます

近所の人は、朝のお散歩に車で来て、8時までに帰って行く人も結構います。

(最近私たちも朝のウォーキングで車できたりします)

森の中の駐車場です。

森の中の駐車場です。

 

庄内緑地公園の施設の案内

場所 〒452-0818  名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地3527

公園はいつでも自由に出入りできます。

庄内緑地グリーンプラザ

  • 開館時間が、9:00~16:45です。
  • 休館日 毎週月曜日(祝・休日の場合はその直後の平日)
  • 毎月第3水曜日(祝日の場合は第4水曜日)
  • 年末年始(12/29~1/3)
  • 入館料 無料(ただし室内広場は有料)

駐車場

  • 7時から21時30分利用可
  • 有料・1時間180円
  • なぜか朝の7時から8時までは無料開放

貸しボートやレンタサイクルもあります。

 

庄内緑地公園で遊ぶヒント

自然豊かで本当に緑や花のあふれる公園です。

野鳥もたくさんいます。

トイレ充実してます。

お弁当をもって、小さなお子さん連れでちょうどいい感じの所です。

たくさんの木々があり、気持ちのいい日陰がたくさんあります。

夏の日差しの強いときでも、シートを広げてお弁当ができるスペースがいっぱいあります。

あるとより楽しめるもの

  • シート(敷物)
  • 帽子
  • 食事(または軽食)
  • 運動靴
  • タオル

我が家も、子どもが小さかった時には、よくお世話になった公園です。

先日は、娘とその孫と一緒にここでお弁当を広げました。




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

1 dummydummy dummy dummy