スポンサーリンク



那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の入り口鳥居

那古野(なごや)神社は、名古屋城の南へ5分のところにある天王社です。

徳川家康を祀る「名古屋東照宮」の隣にあり、春は桜や藤が美しいところです。

名古屋駅からは地下鉄鶴舞線「丸の内駅」から徒歩5分。

  • 由緒
  • ご利益
  • アクセス方法
  • 駐車場

地元民でいながら初めて訪問しました、詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

那古野神社の由緒

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の拝殿と藤

◆那古野神社の拝殿と藤

ご祭神は、須佐之男命(すさのおのみこと)、奇稲田姫神(くしいなだひめのかみ)

創建は平安時代の延喜11年、当初は「亀尾天王社(かめのおてんのうしゃ)」と称されていた。

同じ愛知県の津島市にある、津島神社(津島牛頭天王社)を総本社とする天王社の一つ。

戦国時代に合戦の際社殿が焼失、織田信長の父の織田信秀により再建されている。

その後徳川家康が江戸幕府を開いた慶長の時代、名古屋城築城の際に、三の丸の郭内に取り込まれ「三之丸天王社(さんのまるてんのうしゃ)」と称されるように。

この時に、現在の「名古屋東照宮」である「三之丸東照宮」に隣接。

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の拝殿にて参拝

◆那古野神社の拝殿

明治維新時代に須佐之男神社(すさのおじんじゃ)」に一時改称され、

明治9年東照宮と共に現在の地に遷座、明治32年に現在の那古野神社に改称されている。

スポンサーリンク

那古野神社のご利益

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の手水舎

◆那古野神社の手水舎

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の拝殿前

ご利益は

  • 家内安全
  • 無病息災
  • 商売繁盛
  • 諸願成就

また「厄除け」と「延命長寿」。

那古野神社境内にある、延命長寿の「公孫樹」

◆「厄除け」と「延命長寿」の公孫樹(銀杏)

境内に銀杏の大木があるのですが、まっすぐに伸び、天高くそびえています。

昭和20年3月19日の空襲で焼失したそうですが、その後2、3年でまた新しい芽を出して、立派な大木に成長したということで、延命長寿の縁起の良い樹だそうです。

中心にまっすぐな樹を囲むように立ち上がる不思議な樹です。

那古野神社境内にある、延命長寿の「公孫樹」

◆那古野神社境内延命長寿の「公孫樹」

上の方を仰ぎ見ると、新芽が出始めてまばゆいばかりの緑がかすんでいます(4月下旬)。

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の藤と藤棚

◆那古野神社の藤棚

由緒記のそばに、咲き始めたきれいな藤がありました。

藤棚は小さいですが、すがすがしい境内に静かに映えます。

那古野(なごや)神社(名古屋市中区)の藤と藤棚

拝殿前には桜の並木があり、今は青葉が出始めていますが、4月上旬はさぞきれいだったでしょう。

御朱印帳について

御朱印は拝殿のとなりの社務所で。

宮司さんがいらっしゃらいこともあるようなので、事前に電話で確認されるといいですね。

アクセス方法

<市営地下鉄>

  • 鶴舞線 「丸の内」駅(1番出口)徒歩5分
  • 名城線 「市役所」駅(5番出口)徒歩10分

駐車場について

駐車場はありません。

名前の読み方について

那古野神社は『愛知縣神社名鑑』に「ナゴノ」とフリガナが振ってあり、それが正式のようですが、境内の名古屋市教育委員会が書いた説明板には「ナゴヤ」とフリガナがあります。

地名やお店の名前に「那古野」とあるときは「ナゴノ」と読むことが多いはずです。

 

境内から道続きで「名古屋東照宮」があるので、合わせてお詣りしてきました⇒「名古屋東照宮へご利益/アクセス方法と駐車場について(名古屋市中区)

愛知県名古屋市中区丸の内2-3-17 那古野神社

スポンサーリンク

名古屋城南側の外堀周辺のお散歩動画です。




スポンサーリンク