名古屋まつりの最後を飾る三英傑勢とお姫様・大須は元気!(名古屋市中区)

スポンサーリンク



名古屋中区大須観音の階段に勢ぞろいした三英傑と姫たち

2016年第62回名古屋まつりの最後を飾った「三英傑のそろい踏み」、大須観音で行われた様子を見てきました。

名古屋まつりの二日目の英傑行列が終わった後、三英傑がそれぞれ30名ほどの隊列を引き連れて大須商店街をあるくパフォーマンスです。

15時45分新天地通北側をスタートして、新天地通りを南下し、万松寺通りに入って大須観音まで約600メートルを歩きます。

最後は大須観音の階段の踊り場で、そろい踏みし、インタビューに応える流れです。

待ち構えていたお姫様も加わって、名古屋まつりの最後を飾りました。

多くの屋台やプロレスリングが設置された大須観音の境内には、大勢のギャラリーで埋め尽くされていました。

 

スポンサーリンク

名古屋まつりの最後は三英傑勢ぞろい

名古屋まつりの最後を飾ったのは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑。

隊列を従えて大須商店街を練り歩き、大須観音の南門から舞台となる大須観音の階段踊り場まで進みます。

最初に入場するのはやはり「織田信長」です。

名古屋中区大須観音南門から入場する織田信長

このあと、秀吉と家康の隊列がそろいます。といっても兵隊はここでおしまいです。

名古屋中区大須観音南門から入場する秀吉と家康

大須観音へ入場する際には、ドラが鳴り、隊列の気勢もあがります。「エイエイオー」

華やかな衣装み身を包んだ姿は、勇猛果敢なお姿でしたよ。お顔は満面の笑顔ですが。

大須観音へ入場して階段を上がっていくまでの様子です。賑わいと迫力が。

ご当地アイドルにも囲まれて、名古屋か、いえ和やかなムードに包まれてましたよ。

大須観音の境内は、プロレスのリングが張ってあり、このあとプロレスが興行されるようです。

子供用の遊具も用意され、屋台も立ち並び、すごくにぎわっていました。

名古屋中区大須観音南門の境内に設置されたプロレスリング

私たちは、南門の屋台に陣取って、隊列の一部始終を見学させてもらいました。

ドテ煮に串カツをつまんで、缶ビールで軽やかに。^^

名古屋中区大須観音南門の屋台のどてと串カツ

串カツは味噌にしたのですが、味噌だれは薄目の味。このあとドテ煮とビールをさらに追加してしまいました。

名古屋中区大須観音南門の屋台で串カツと缶ビール

大須観音南門に設置されている大きな屋台のお店。

焼き鳥やねぎまもあります。大盛況。

名古屋中区大須観音南門の屋台

大須商店街では、辻々でまた神社の門前で大道芸人さんが皆を楽しませてくれています。

名古屋中区大須観音の辻で披露されるパフォーマンス

大須商店街は様々なイベントをしていて、大須商店街にいるだけで一日中楽しめる企画が満載でした。

地元の人気アイドルグループOSUもたくさんのギャラリーに囲まれて、歌と踊りで楽しませてくれていました。

 

名古屋中区大須商店街を彩る地元のアイドルOSU

名古屋の発展の中心をになっているといってもいいかもしれない、大須商店街はものすごく元気です。

名古屋市中区 大須観音




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy