大名古屋ビルヂング丸わかり・駐車場アクセス・GAに行ってみました(名古屋市名駅前)

スポンサーリンク



名古屋駅前大名古屋ビルヂング外観

約50年間名古屋市の駅前の名物ビルだった初代の大名古屋ビルヂングがなくなり、二代がオープン(2016年3月9日)しました。

見慣れたビルがなくなるのは惜しかったですが、新しい大名古屋ビルは驚きの進化をしていました。

33階建てのスタイリッシュなビルになって、名古屋にはなかったレストランやおしゃれなお店が入っているため人気を博しています。

ゴールデンウイークに行ってみましたが、若いカップル、30代40代のお友達連れ、ご夫婦らしき方がたくさん来ていて、ショップも大賑わいでした。

入ってみたくなるお店をいくつかチョイスしてきました。

まずは駐車場やアクセス方法からお知らせしますね!

 

スポンサーリンク

大名古屋ビルヂング駐車場・駐輪場・アクセス

駐車場(136台分)

名古屋駅前の大名古屋ビルヂングは、名古屋駅から徒歩1分(地下鉄東山線)、名古屋の顔である名古屋駅のロータリーの真ん前にあります。

愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28−12 大名古屋ビルヂング

駐車場は建物の東側から入り、午前7時から24時までの営業です。

30分ごとに320円の料金体系です。

0時から午前7時までは30分ごとに160円ですが、この時間帯は入庫できません。(全長5.3メートル、幅1.95メートル、高さ2.0メートル、重量2.5トン以下)

駐車場割引サービス

大名古屋ビルのショップやレストランでの当日の利用につき、

合計5,000円(税込み)以上、お買い上げ・お食事の方・・・1時間無料

合計20,000円(税込み)以上、お買い上げ・お食事の方・・・2時間無料

対象駐車場は、大名古屋ビルとユニモール駐車場(提携駐車場)です。

 

駐輪場(952台分)

大名古屋ビルヂングには駐輪場が設けられています。

場所は建物の西側で、入り口がこんな風に並んでいます。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの駐輪場

それぞれの自転車の入り口には、詳細がわかるようになっています。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの駐輪場

今空車で利用できると表示されています。

一時利用は、24時間100円。定期利用は1か月2000円、3か月5500円(初期登録費用別途700円)

機械式の駐輪場で、写真のようになっています。事前に車検を実施していて合格しなければならないので、駐輪場を使いたい方は

大名古屋ビルHPのアクセスページに利用できる自転車のことや利用方法について書かれているので、まずはここを見るといいですよ。

自転車なら都心部も移動しやすいので、一日100円で利用できるっていうのはいいですね!

 

大名古屋ビルヂングへのアクセス・電車

〇東海道新幹線・地下鉄桜通り線・あおなみ線 名古屋駅から徒歩5分

〇JR・近鉄・名鉄 名古屋駅 徒歩3分

〇地下鉄東山線 名古屋駅 徒歩1分

地下鉄東山線のコンコースから、大名古屋ビルヂング連絡地下街(ダイナード)が直結しているので、雨にぬれずに行けますよ!

 

大名古屋ビルヂング5階スカイガーデン

5階にあがるとスカイガーデンがあって、眺めよし!です。風は強かったですが気分転換にもってこいの場所です。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの5階スカイガーデン

GA(ゴールデンウイーク)でもあり、まだ若い木々の若葉がきれいです。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの5階スカイガーデン

ベンチもあって都会のオアシスですね。

5階にはタリーズコーヒーが入っているので、お店の中でお茶してもいいですし、持ち出ししても気分がいいです。

コップ片手に名古屋駅前を見渡せます。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの5階スカイガーデンからの景色

カウンターやベンチがあります。こわごわ見てますが、ガラスの塀が高く設置してあるので大丈夫です。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの5階スカイガーデンからの景色

名古屋駅、名古屋の顔を見ることができる場所になってます。こんな風に見られます。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの5階スカイガーデンからの景色

 

大名古屋ビルヂングの行ってみたいお店

大名古屋ビルヂングには地下1階から地上3階までにショップとレストランがたくさん入店しています。

おしゃれを目指す人たちが商品の品定めをしていました。が私はまずおいしそうなものに目がいってしまいます。

名古屋名物のひつまぶしの名店「ひつまぶし名古屋備長」も入っていますが、ここは名古屋初出店という名古屋人に向けての目新しいお店が多いんです。

気になったお店の外観を写してきました。

ひときわ目につく「世界のビール博物館」

名古屋駅前大名古屋ビルヂング3階の世界のビール博物館

昼間ですが、珍しいビールが飲めるとあって、店内は8割くらいの人でにぎわっています。

名古屋駅前大名古屋ビルヂング3階の世界のビール博物館

ドアのないオープン式の店なので、気軽に入れそう。

名古屋駅前大名古屋ビルヂング3階の世界のビール博物館

ワインも飲めるということで、最近ワインにはまっている相方がメニューとにらめっこ

名古屋駅前大名古屋ビルヂング内のレストランメニュー

ほかにも気になったお店、

名古屋駅前大名古屋ビルヂング内のレストラン

ここは牛肉の専門店か?これからオープン。

名古屋駅前大名古屋ビルヂング内のレストラン

ドーンと迫りくるお肉お肉お肉!

名古屋駅前大名古屋ビルヂング内のレストラン

ととにかく名古屋では今までなかったお店がたくさんあって、楽しそうです。今度はランチで~~

 

名古屋駅前の顔になりそうな大名古屋ビルヂング

二代目大名古屋ビルヂングは、外観もスタイリッシュですし、建物の周りが歩きやすくなっていて、休憩できるスペースまでもうけてあるのがニクイです。

1階の北側に入っているお店が、ソロピッツアナポレターナなんですが、

名古屋駅前大名古屋ビルヂング1階北側のパーク隣接のソロピッツアナポレターナ

ここの手前というか広いスペースがあって、「大名古屋パーク」とネーミングされています。

ベンチもあって、ゆったりとしたスペース。とても名駅前には思えない。

名古屋駅前大名古屋ビルヂング1階北側のパーク

オフィスもバンクも病院も入っている地下三階地上33階のビル、大名古屋ビルヂング。

「上質で旬な店舗での買い物や食事が楽しめる」ようになっていますね。

大名古屋ビルヂングの先代を知っている名古屋人なら「なるほど」と見入ってしまう新しいロゴ。

名古屋駅前大名古屋ビルヂングの玄関のマーク

このロゴは、株式会社 tobufune の小口翔平(おぐちしょうへい)さんがデザインされました。

「長年親しまれた旧大名古屋ビルヂングと新ビルのシルエットを記号化して組み 合わせ」「大名古屋の躍進をイメージし、歴史を継承しながら新しい価値を生むビルの未来を 表現」しているのだそうです。

「カラーは「暖かみ」を表現した木漏れ日をイメージしながらも、施設を構成する、“大名古屋ビル Shops & Restaurants”、 “大名古屋ビル Lifestyle & Services”それぞれの視認性を高めて」いるといいます。

名古屋って発展していくんですねぇ。大名古屋ビルヂングの外観。

名古屋駅前大名古屋ビルヂング外観

上質で旬なお店はここ大名古屋ビルにありです!

観光やビジネスで他都市から訪問される人にも気にいってもらえそうな施設ですが、名古屋在住の人がすごく喜びそうな施設としてオープンしたのが何よりうれしいです。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy