スポンサーリンク

このサイトには広告が含まれます。

蔵王山展望台からの景観/夜景の四季/料金駐車場/日の出/体験クチコミ/田原市

スポンサーリンク



蔵王山展望台 景色 景観

◆蔵王山展望台からの景色

愛知県田原市にある蔵王山展望台は、息をのむほどの美しい景観で知られています。

この展望台からは、四季折々の自然の美しさを存分に楽しむことができ、特に日の出や日の入りの時は、まるで絵画のような壮大な景色が広がります。

海と空が一体となった壮大なパノラマは、実際にみてみると深い感動をおぼえます。

今回は、この蔵王山展望台の魅力についてご紹介します。

先日行ってみての体験クチコミ、感想をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

蔵王山展望台・料金時間

田原市のイチオシの観光スポットである蔵王山展望台。

高さは約250メートルで、車または徒歩で上れます。

スポンサーリンク

蔵王山展望台の料金

蔵王山展望台の料金は無料です。

蔵王山展望台の営業時間

  • 展望台・エントランスフロアの営業時間:9:00~22:00
  • カフェ・売店の営業時間:10:00~16:00
  • 定休日年中無休
    ※ 2階カフェ・3階体験フロアは火曜日定休
スポンサーリンク

蔵王山展望台の施設はどうなっている?

蔵王山展望台 施設内 フロア案内

◆蔵王山展望台のフロア案内

蔵王山展望台は、360度の大パノラマを満喫できる渥美半島の東の玄関口。

4階は「光」をテーマにリニューアルした展望台で大パノラマと夜景を楽しむ「展望フロア」です。

3階は光と遊ぶことのできる「体験フロア」。

蔵王山展望台 体験フロア

蔵王山展望台 施設内

◆3階 体験フロア

2階は星空テラスとカフェのある「エントランスフロア」。

田原市の観光拠点施設でもあり、再生可能エネルギーのシンボル施設でもあります。

4階展望フロアからの景観

蔵王山展望台 景色 景観

◆4階展望フロアからの景観

4階展望フロアからの景観からはこんな景色が開けています。

天気の良い日はなんと富士山が見えることもあるそうですよ。

蔵王山展望台 景色 景観

◆4階展望フロアからの景観 風力発電

蔵王山展望台 景色 景観

◆4階展望フロアからの景観 田原市

蔵王山展望台 景色 景観

◆4階展望フロアからの景観 ハウス栽培

360度ひらける景観は素晴らしいです。

蔵王山展望台 景観

◆4階展望フロアからの景観 望遠鏡で

ベンチもあるので望遠鏡を利用してゆっくりと楽しみたい場所です。

夜の夜景が素晴らしいです!

蔵王山展望台 夜景

◆蔵王山展望台からの夜景

夜になると、蔵王山展望台は見事な夜景スポットへと姿を変えます。

足元には渥美半島からの柔らかな光が広がり、上空では月や星がほのかに煌めいています。

この美しい光と影のコントラストは、「日本夜景100選」に選出されるほど。

さらに、展望台は季節に応じたライトアップで彩られ、夜空の下での幻想的な散策が楽しめます。

蔵王山展望台・光のアート/期間時間

蔵王山展望台 光のアート

光のアートという演出も期間ごとに行われています。

2階エントランスのテラスとスロープは、夜がメインの幻想的な空間が演出されます。

四季に合わせた光の演出として、4シーズン約1ヶ月半ぐらいの期間が照明演出されています。

春・夏・秋・冬それぞれに異なる景色を表現して楽しませてくれます。

点灯時間は19時から19時30分と20時から21時の2回です。

それ以外の時間は「星空テラス」と「星空の散歩道」の演出が楽しめるそうです。

蔵王山展望台の日の出

蔵王山展望台から見る日の出は、その絶景で訪れる人々を魅了しています。

高台に位置するこの展望台からは、太陽が地平線からゆっくりと昇る瞬間を、障害物なく一望することができます。

朝焼けに染まる空のグラデーションは、壮大で幻想的な雰囲気を演出し、訪れる人々に感動的な体験を提供してくれます。

初日の出に訪れる人は多いようで、山頂付近の駐車場は早くからいっぱいになるようです。

蔵王山展望台のカフェ・食事

「カフェでは田原産の牛肉を使ったビーフシチューなどが味わえる」と公式にありましたが、訪問した日は休業していました。

2024年3月上旬から営業の予定だそうで、メニューはそのときのお楽しみです。

蔵王山展望台へのアクセス方法と駐車場

蔵王山展望台案内図

◆蔵王山展望台案内図

アクセス方法・行き方

<電車を使った蔵王山展望台へのアクセス方法>

豊橋鉄道渥美線三河田原駅下車、市街地バス西線で「権現の森」下車、徒歩40分。

<車でのアクセス方法>

東名高速道路の浜松インターチェンジからは、車で約90分。

東名高速道路の音羽蒲郡インターチェンジからだと、車で約60分で到着します。

駐車場

蔵王山展望台 駐車場と南方向

◆蔵王山展望台 第一駐車場と南側景観

駐車場は無料で完備されています。全135台分。

展望台(施設)に近い方が第1で、下にいくほどあがってくることになります。

  • 第1駐車場 35台
  • 第2駐車場 28台
  • 第3駐車場 52台
  • 第4駐車場 20台

ウオーキングマップ

蔵王山展望台ウォーキングマップ

◆蔵王山展望台ウォーキングマップ

三河田原駅を中心にしたウォーキングマップがかかげてあります。

きれいな川あり資料館あり、神社仏閣あり、花ありのすてきな街ですね。

田原町は農作物が豊富ですし、豊橋から近く、エネルギーにも力をいれている風光明媚な地域です。

田原市では「農泊」という取り組みもされているとか。

(※「農泊」とは、 農山漁村地域に宿泊し、滞在中に豊かな地域資源を活用した食事や体験等を楽しむ「農山漁村滞在型旅行」 のことで田原市は農林水産省の認定を受けているようです)

蔵王山展望台からの景観/夜景の四季/料金駐車場/日の出/体験クチコミ/田原市・まとめ

田原市の蔵王山展望台に行ってみて本当に素晴らしいところだと思いました。

まさか250メートルしかない山が、夜景100選に選ばれているとは。

夜景がとにかくステキなところで、夜に訪れる人が多いようです。

また初日の出に訪れる人も毎年多いそうです。

もちろん昼間に眺めてもステキな景観で、楽しませてもらいました。

<関連ページ紹介>

◆道の駅田原めっくんハウス・レストラン・マスクメロン年中・車中泊と観光

道の駅 田原めっくんはうす/レストラン/マスクメロンは年中販売/車中泊/観光
道の駅 田原めっくんはうすには食べ放題のあるレストランが人気。マスクメロンは年中販売しています。車中泊に適していると思い現地を確認。近くの観光名所。

◆道の駅あかばねロコステーション・車中泊・サーフィン・食事・日の出

道の駅あかばねロコステーション/車中泊/サーフィン/食事/日の出/愛知田原市
道の駅あかばねロコステーションは渥美半島の中ほどに。車中泊について。サーフィンのメッカでショップもある。食事やバーベキュー可能。日の出は素晴らしい。サイクリングもコースがととのっています。愛知田原市

◆日出の石門ひいのせきもん・どうする家康のロケ地・洞穴の巨岩

日出の石門 ひいのせきもん/洞穴の巨岩/どうする家康ロケ地/愛知田原市
◆日出の石門 日出の石門・ひいのせきもん(愛知県田原市)は、巨大な岩に太平洋の荒波が浸食した大きな洞穴があいています。 見ごたえと恐怖?十分の名所です。 2023年大河ドラマ、どうする家康のロケ地にもなり、砂浜からそそり出る巨岩に驚きます。...

蔵王山展望台公式

※2024年1月10日訪問

蔵王山展望台 所在地:田原市浦町蔵王1-46

 田原市浦町蔵王1-46



スポンサーリンク
愛知県三河
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
スポンサーリンク
なごやねっと-na58.net-
スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました