スポンサーリンク

このサイトには広告が含まれます。

車中泊時の布製タイヤチェーン!軽い小さい!使い方と保管方法/突然の雪にも安心!【動画あり】

スポンサーリンク



布製タイヤチェーン

車中泊の旅で冬の季節には、突然の雪に見舞われることもあります。

冬に備えてタイヤチェーンを常備する必要がります。

金属の鎖やプラスチックの材質のものなどいろいろありますが、布製のもので収納スペースをとらない、しかも軽量というものがあります。

今回は、布製のタイヤチェーンについてまとめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

布製タイヤチェーン取り付け60代おばちゃんでも簡単にできた!AutoSock

スポンサーリンク

布製タイヤチェーン/AutoSockのタイヤチェーン

布製タイヤチェーン

今回使ってみる布製タイヤチェーンはAutoSockのタイヤチェーンです。

布製タイヤチェーン | AutoSock JP 公式通販サイト
AutoSock独自の繊維技術により誕生した、取り付け簡単でグリップ力抜群の布製タイヤチェーンです。60ヵ国以上で多くのお客様が愛用中。豊富な商品ラインナップで軽自動車、普通車、小型トラック・SUV、大型トラック、フォークリフトに対応。

Amazonでも販売されています。布製タイヤチェーンはタイヤのサイズに合わせて購入してください。

タイヤサイズはAutoSockさんのタイヤサイズ検索ページで確認するといいですね。

サイズ適合表:タイヤサイズに合った製品をお選びください。
オートソックサイズ適合表(乗用車、トラック、バス、フォークリフト) タイヤサイズに合った製品をお選びください。タイヤの幅、偏平率、直径を入力いただき、《検索》をクリックすると製品ページにジャンプします。
スポンサーリンク

AutoSockのタイヤチェーンの着脱方法

AutoSockのタイヤチェーン

装着方法

  1. タイヤの上部から被せます。ゴムバンドがタイヤの裏側に来るようにして徐々に下の方へかぶせていきます。
  2. 車を少し移動させてタイヤを半回転させます。
  3. 布製タイヤチェーンの残り半分をタイヤにかぶせて完了です。簡単です。少しぐらいのずれは走行中に自動的に中心に来るように調整されます。

取り外し方

  1. オレンジ色のベルトの上部を両手で持ち、手前に引っ張ります。
  2. 上部の半分が外れたところでタイヤを半回転移動させて取り外します。
  3. 非常に簡単です。あとは折りたたんで収納袋に入れておしまいです。

車中泊時の雪対策:布製タイヤチェーンの重要性

冬の車中泊は、突然の雪に直面する可能性があります。

そんなとき、布製タイヤチェーンがあれば、安心して対応できます。

なぜ布製タイヤチェーンなのか

布製タイヤチェーンは、軽量で持ち運びやすく、装着も簡単です。

突然の積雪や凍結路面でも、迅速に対応できるため、車中泊時の安全対策として非常に有効です。

布製タイヤチェーンのメリット

布製タイヤチェーンには、金属製やゴム製のチェーンにはない多くの利点があります。

軽量で持ち運びが容易

布製タイヤチェーンは、軽量でコンパクトなため、持ち運びが簡単です。

車内のスペースを取らずに収納できるので、車中泊時でも便利に利用できます。

簡単な装着方法

装着が非常に簡単で、時間と労力を大幅に節約できます。

特に緊急時や寒い環境下では、この素早い装着が大きなメリットとなります。

アルミホイールに優しい

布製の素材はアルミホイールを傷つける心配が少なく、車へのダメージを最小限に抑えられます。

車中泊時の備え:タイヤチェーンの常備

車中泊時には、予期せぬ雪道に遭遇する可能性があります。

そのため、タイヤチェーンを車内に常備することが非常に重要です。

なぜ常備が必要なのか

突然の積雪や凍結路面に直面した際、迅速に対応できるようにするためです。

特に、夜間や遠出の際には、この備えが安全運転に直結します。

タイヤチェーンの保管方法

タイヤチェーンは、使用しやすい場所にコンパクトに収納しておきましょう。

車内のアクセスしやすいスペース、例えばトランクや後部座席下などに置くのが理想的です。

管理と保管のポイント

布製タイヤチェーンの管理と保管は、その寿命を延ばし、性能を維持するために重要です。

トランクや荷室へ収納の利便性

トランクに保管することで、必要な時にすぐにアクセスできます。

さらに、スペースを有効活用しながら、他の荷物との干渉を防ぎます。

鋭利な物からの保護

鋭利な物から遠ざけて保管することで、損傷を避け、安全性を保ちます。

使用前の点検と使用後の洗濯・乾燥

使用前には必ず損傷がないかを確認し、使用後は洗濯と乾燥を行いましょう。

これにより、いつも最良の状態でチェーンを使用できます。

正しい使用方法

布製タイヤチェーンの効果を最大限に活用するためには、正しい使用方法を守ることが重要です。

乾燥路面での使用回避

乾燥した路面での使用は避けてください。

これにより、布製タイヤチェーンの摩耗を防ぎ、長持ちさせることができます。

駐車時の取り扱い

長時間駐車する際には、タイヤチェーンを取り外してください。

これにより、チェーンが凍結するのを防ぎ、次回使用時にすぐに装着できるようになります。

交換タイミングの判断

布製タイヤチェーンの劣化のサインを認識し、適切な交換タイミングを見極めることが重要です。

劣化のサイン

布製タイヤチェーンが摩耗し始めたり、破損が見られたりする場合、劣化のサインと考えられます。

特に、表面の繊維が明らかに損傷している場合は、性能低下の可能性があります。

交換のタイミング

劣化のサインが見られたら、早めに新しいタイヤチェーンに交換することが推奨されます。

これにより、安全な走行を常に保つことができます。

タイヤチェーンの材質別メリットとデメリット

金属製

メリット:強度が高く、耐久性があります。凍結した路面で優れたグリップを提供します。

デメリット:重く、取り付けが難しいことがあります。アルミホイールを傷つける可能性があります。

プラスチック製

メリット:金属製より軽量で、装着が比較的簡単です。ホイールへのダメージが少ないです。

デメリット:耐久性が金属製に比べて劣り、摩耗しやすいです。

布製

メリット:非常に軽量でコンパクトに収納でき、装着も簡単です。ホイールへの傷も少ないです。

デメリット:耐久性が低く、主に緊急用や短期間の使用に適しています。

AutoSockの布製タイヤチェーンの耐久性は?

AutoSockの公式ページには次のように書かれています。

耐久性はどれくらいですか?

社内および第三者機関を通じて定期的に耐久性テストを行い、乾燥した路面では120km、雪に覆われたテストトラックでは数百kmにわたる耐久性が実証されています。その結果、EN16662-1:2020に準拠した認証を取得することができました。

適切な使用を保証するため、使用前に付属の説明書をお読みください。AutoSockは不要なホイールスピンや降雪のない道路での長距離移動を回避することで、より長持ちします。

よくある質問 (FAQ)
こちらのFAQでは、オートソックの性能、脱着方法、お手入れ、使い方、法令や購入に関する「よくある質問」をご確認いただけます。

AutoSockの布製タイヤチェーンは、耐久性に関して社内および第三者機関でのテストを通じて、その性能が実証され、乾燥した路面では約120km、雪道では数百kmの耐久性ということですね。

タイヤチェーン必須の道路規制にAutoSock布製タイヤチェーンを使用できるのか?

AutoSockの布製チェーンは、米国や欧州で自動車・トラック用スノーチェーンの法的な代替品として認められています。

これは、最新の冬季トラクション規格EN16662-1:2020に準拠しており、スノーチェーンが必須のスイスでも公認されています。

そのため、チェーン規制が施行されている場合でも、布製チェーンでの走行が可能です。

これは国土交通省のサイトでも確認できる内容ということです。

公式ページをご覧ください。

法規制について

スノーチェーンが必須の場合でもAutoSockを使用できますか?

チェーン規制が施行されている場合でも、布製チェーンで走行可能です。以下、国土交通省のサイトでも確認できます。

AutoSockは米国および欧州において、自動車・トラック用スノーチェーンの代替品として法的に認められている製品であり、冬季トラクション規格EN16662-1:2020などの最新規格に従って認定されています。さらに雪道を走行する上でスノーチェーンが必須のスイスにおいても要件を満たし、AutoSockはスノーチェーンの代替品として正式に認定されています。

よくある質問 (FAQ)
こちらのFAQでは、オートソックの性能、脱着方法、お手入れ、使い方、法令や購入に関する「よくある質問」をご確認いただけます。

 

 

まとめ

この記事を通じて、車中泊時の安全対策として布製タイヤチェーンの重要性を再確認しました。

軽量で取り付けやすく、効果的に雪道を走行できる布製タイヤチェーンは、冬のドライブには欠かせないアイテムです。

正しい管理、保管、使用方法を守ることで、安全かつ快適な車中泊を楽しむことができます。

何より、予期せぬ状況に迅速に対応できるよう、常に準備をしておくことが大切です。




スポンサーリンク
VANCON-DIY車中泊仕様DIY
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
ゴロマル

熟年夫婦でVANLIFEを実践しようと頑張るゴロマルです。温泉ソムリエの妻よっちゃんの影響でスーパー銭湯、温泉巡りが趣味になってしまいました。ドライブ、DIY大好きです。一応、社長もやってます。ファスティング、プチ断食、筋トレで健康管理中。

ゴロマルをフォローする
ゴロマルをフォローする
スポンサーリンク
なごやねっと-na58.net-
スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました