MOA美術館「レストラン桃山」でランチ・限定の桃山御膳ヘルシー昼食

スポンサーリンク



MOA美術館のレストラン「桃山」のランチ・桃山御膳

MOA美術館(熱海市)にある「レストラン桃山」でランチをいただきました。

このレストランの特徴は、「MOA自然農法」や有機栽培、特別栽培など生産者が手塩にかけて育て上げた旬の食材で調理されていることです。

野菜や米だけでなく畜産物や海産物も飼育方法や原産地等、安全性を踏まえて厳選されているといいます。

和洋取り揃えたメニューでファミリーで食事するにもうってつけです。

私たちはこのレストランの人気メニューの「桃山御膳」と「ソースかつ重」をいただいていました。

手の込んだ御膳、特にお味噌汁と揚げ饅頭にうなってしまいました。

 

スポンサーリンク

ヘルシー自然農法の食事

MOA美術館内にあるレストラン桃山のイチオシのメニューで、一日30食限定の「桃山御膳」。

鉢の一品一品に手抜きのない上品な盛り付けとお味です。

MOA美術館のレストラン「桃山」のランチ・桃山御膳

平日だったらか、午後1時半を回っていましたが最後の一膳がまだありました。

お味噌汁はゆずや山椒の香りのする、今までに食べたことのない上品な味です。

焼き鮭はほろっと身が崩れ、粕漬けのほのかな甘味が広がります。

右奥の湯葉のあえものですが、湯葉がたっぷり、くるみ味噌でした。

奥中の鉢は、焼いたお饅頭が揚げてあり、大根おろしと野菜の餡がとっても旨い!

奥左の鉢は、きのこと野菜のあえもの、素材の味そのままといった感じです。

味わい深い「桃山御膳」でした。

お椀の蓋の裏も、楓がつゆに濡れて趣あります。

 

MOA美術館のレストラン「桃山」でランチお椀の蓋

 

もう一品は、「ソースかつ重」にしました。

豚肉が均一にスライスされて、とっても柔らかい。

MOA美術館のレストラン「桃山」でランチ・豚丼

カップに入っているソースは、いわゆるトンカツソースとは違い、醤油とソースの間くらいの濃厚さがあり、でも味は辛くありません。

ソースかつ重のご飯の量は多くなく、油はあっさり、衣も薄いので、ガッツリ食べたい人には向いていないかも。

上品なかつ重っていうところです、胃にもたれることもなく、素材がいいのでしょうね。

とにかく二人共、「美味しい!」「旨いねえ」と始終いいっぱなし。

 

MOA美術館のレストラン「桃山」からの景色

MOA美術館のレストラン「桃山」の窓際の席からは、美術館の庭がよく見えます。

店内は落ち着きのあるファミリーレストラン風で、ゆとりのある客席の配置でした。

MOA美術館のレストラン「桃山」の店内と景色

ランチで利用しましたが、美術品を見てからお茶をしたいときにももちろん利用でき、コーヒー・ジュース類もあります。

MOA美術館の創設者、岡田茂吉さんが、永続的かつ体系的な農業生産方式を実践され、「MOA自然農法」や有機栽培、特別栽培で生産されているものだけを食材にしているレストランです。

なんだか体の中がすっとするような、軽やかな食べ心地でした。

桃山御膳は2,000円、ソースかつ重は1,300円。

 

MOA美術館のレストラン「桃山」でランチお会計

MOA美術館は2016年3月7日から休館して、リニューアル予定です。

落ち着いた「レストラン桃山」で食事ができるのもあと少し、リニューアル後はどんな風に様変わりするのかな?

また来てみたいなあ~。

MOA美術館の「レストラン桃山」

TEL.0557-84-2727  FAX.0557-84-2799
喫茶/10:00〜15:30(オーダーストップ15:00)
食事/11:00〜15:30(オーダーストップ15:00)

MOA美術館の駐車場など→リニューアル前最後の展覧会MOA美術館・駐車場・長ーいエスカレーターで

MOA美術館

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy