【稲沢あじさいまつり】2022年/期間/駐車場/ランチは(大塚性海寺公園)

スポンサーリンク



大塚性海寺公園あじさい

◆大きな株が一万株も 稲沢あじさいまつり

約一万株(約90種)のあじさいが咲き誇る「稲沢あじさいまつり」は、大塚性海寺公園で開かれます。

  • 2022年(令和4年)6月1日(水曜日)から6月19日(日曜日)まで

ただし無料シャトルバスの運行はありません。

昨年は行くことができず残念でしたね。

毎年手入れの行き届いた大きなあじさいを楽しめる「稲沢あじさいまつり」、今年は見られます!

以前に訪問したとき、本当に素晴らしいところだったのでその様子を紹介します

↓↓↓

6月下旬にさしかかる時期のもので、まだ満開状態です。

あじさい寺の別名通り、あじさいの花と株の多さもすごいのですが、散策路を合わせて整備された大塚性海寺公園は、ていねいに手入れが行き届き清々しい公園です!

ちょっと「大塚性海寺」について紹介してから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大塚性海寺は歴史ある文化財が多数

大塚性海寺公園門

◆大塚性海寺入り口

「大塚性海寺」入り口の門のところです、あじさいが出迎えてくれてるみたいです。

このお寺は歴史が古く、多数の文化財があります。

建造物は年期の入った木造の建造物ばかりで、詳しい由緒なども記されています。

大塚性海寺公園境内

◆大塚性海寺の境内

歴史や建造物に興味のある人は、いくつもある重要文化財を見てまわってはいかがでしょう。

あじさい目的の私たちは、境内の右手から入るあじさい公園にすぐに行ってみました。

スポンサーリンク

大塚性海寺公園あじさい公園

大塚性海寺公園あじさい

◆大塚性海寺公園入り口

公園入口にある看板、ここを入ればあとは迷うことなく道が続いています。

最後は「古墳」を超え、境内の奥が出口です。

大塚性海寺公園には、あじさいの品種が90種も!

私の背より高いものも多く、一つの株でこんもりとたくさんの花をつけていました

スポンサーリンク

大塚性海寺公園あじさい・名称と花の色つやがステキ

大塚性海寺公園あじさい

◆手まり咲きのガクアジサイ

大塚性海寺公園あじさい

◆黒い軸が特徴的な「黒軸アジサイ」

名前も丁寧にしるされているので、いいですね。

大塚性海寺公園あじさい

◆大塚性海寺公園 あじさい

背の高さより高い、立派な株が多いので見ごたえ十分。

園内の庭園・松や岩の景観も

大塚性海寺公園あじさい

◆大塚性海寺公園 松や庭石と

松の木も植えられ、大きな岩(庭石)も鎮座し、庭園の美をいっそうひきたてています。

大塚性海寺公園あじさい

◆散策路

歩きやすいように、また川の流れを模した散策路が。

大塚性海寺公園あじさい

ついつい見とれて。。。時間を忘れそうです。

大塚性海寺公園あじさい

◆大塚性海寺公園 あじさい

水は流れていませんが、橋がかかり、庭園内の散歩という感じです。

大塚性海寺公園あじさい休憩所

◆園内の東屋

休憩所が設置されていて、休めるのもいいですね。

混んではいませんでしたが、この時期日陰があるのは助かります。

このあと上り坂が見えるので、何かなと思ったら「古墳」でした。

その上り坂にも数々のあじさいが、咲き誇っています。

古墳から見渡すあじさいの海と景色

大塚性海寺公園あじさい古墳

◆大塚性海寺公園 古墳

仰ぐように咲き誇るあじさいを見上げて。

ここが古墳で、あがっていけます。

大塚性海寺公園あじさい古墳

◆古墳から境内を見下ろす

道なりに行くと上がっていき、お寺の境内を見下ろすことができます。

そんなに高くはないですよ。

あじさい公園を一周しても、早くて15分~20分くらいかな。

とってもきれいで気配りされた「大塚性海寺公園」。

ゆっくりのんびりとあじさいを堪能できました。

大塚性海寺公園のトイレ駐車場

トイレは公園入り口付近に

大塚性海寺公園トイレ

公園の入り口には、頑丈なトイレが設置されています。

お寺の雰囲気とは別物のような近代的な雰囲気があります。

大塚性海寺の駐車場

駐車場は40台くらいとめられるでしょう。

お寺の門の向かって左手側にあり、無料です。

入場料・開園時間

  • 入場:無料
  • 開園時間:午前10時~午後4時

観賞の所要時間

さっと見て回るだけなら30分くらい。

売店があるので、休憩やお土産のために立ち寄る時間をプラスしてください。

稲沢あじさいまつりのイベント2022年

  • オープニングセレモニー:令和4年6月3日(金)午前9時30分~午前10時
  • 稲沢市PRブース(期間中毎日実施):市内の観光スポットなどを紹介
  • 稲沢特産品等の販売(期間中毎日実施):市内の特産品などを販売

稲沢あじさいまつり・ランチ食事

大塚性海寺公園には、ランチなど食事ができるところはありません。

入り口に付近の飲食店の位置がわかる案内版がありました(写真とりわすれ)。

いずれも車ならすぐのところばかりが紹介されていましたよ。

【稲沢あじさいまつり】2022年/期間/駐車場/ランチは(大塚性海寺公園)

愛知県稲沢市大塚性海寺あじさいまつり・満開のあじさい

整備の行き届いたきれいな公園に、大きな株と花のあじさいが見られ素晴らしい花園です。

稲沢特産品等の販売は期間中毎日あります。

お寺の建造物は文化財として価値あるものばかり、合わせて鑑賞させていただきました。

あじさいの名称が稲沢市のマスコットの「いなッピー」の看板で紹介されていました。

以前はお寺の入り口で露店があり、饅頭・わらび餅・もち米の黄飯・冷たい飲み物がなど売られていました、今年はどうかな?⇒「大塚性海寺公園・稲沢のあじさいまつりのおみやげ・露店」

◆愛知県内のあじさい名所をランキング形式で紹介しています⇒「愛知県内(名古屋市も)のあじさい名所ランキング!すべていってきました!

大塚性海寺公園 所在地:愛知県稲沢市大塚南1丁目33 下の行のワンクリックでコピーできます。

愛知県稲沢市大塚南1丁目33



スポンサーリンク
スポンサーリンク
愛知県尾張
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました