富士川SA上りは大観覧車・楽座・空カフェなど遊べる食べるがスゴイね!

スポンサーリンク



富士川SA上り(東名)の大観覧車

富士川サービスエリア(SA)によってみました。

観覧車があるのにはビックリ!まあ大きいこと!

これに乗ると、絶景の富士山を観覧車から見ることができるんですね。

また空カフェの食べ物飲み物を、観覧車に持ち込めるんです。

冷暖房完備のムーディな時間を楽しめそうです。

この日は曇っていたので、富士山はのぞめないということで乗ってる人はいませんでした。

他にも富士川サービスエリアには、「楽座」と呼ばれる施設があります。

お土産屋さんや飲食店だけではありません、「プラネタリウム」があるんですよ。

富士川SA、どんなところかというと。。。

 

スポンサーリンク

富士川SA・富士山の見える大観覧車

富士川SA上り(東名)の大観覧車をカフェから

大観覧車の名前は「富士スカイビュー」。

富士川SA上り(東名)の大観覧車の券売機

営業時間は10時から21時。

最終受付は20時45分。

3歳以上が有料で700円です。

一機に6人乗れます。

一周するのに約12分

 

観覧車に乗れない人

富士川SA上り(東名)の大観覧車乗り場

観覧車に乗れない人っていうのがあるんですね。

ご注意のところに書いてあります。

  • 高所恐怖症の方
  • 心臓の悪い方
  • 酒気を帯びた方
  • 高血圧低血圧の方
  • その他体調の優れない方

 

ドリンクとソフト持ち込みOK

富士川SA上り(東名)の空カフェの観覧車に持ち込めるメニュー

観覧車に持ち込めるのは、観覧車のそばの「空カフェ」のドリンクとソフトのメニューの中からです。

そうはいってもたくさんあって、特にドリンクはフレッシュジュースなんかもありそうですね。

富士川SA上り(東名)の空カフェ

空カフェからは富士山は見えません。

空カフェというだけあって、テラス席は最高です。

富士川SA上り(東名)空カフェのテラス席

屋外の景色はいいですよ。

ただ、この日は8月上旬で暑くて暑くて、皆さん室内でソフトを堪能されてました。

 

富士川SA上り(東名)の大観覧車

下から見上げる大観覧車、ド迫力です。

 

富士川楽座はアミューズメント施設

隣にある「富士川楽座」という建物に入ってみました。

富士川SA上り(東名)富士川楽座

入ったところが3階です。

ここは「道の駅」、珍しい複合施設の道の駅なのでした。

富士川SA上り(東名)富士川楽座施設案内

4階にはプラネタリウム、

富士川SA上り(東名)富士川楽座のプラネタリウム

富士山にまつわるギャラリー、富士山を見ながら休憩できるカフェ、世界遺産にちなんだ富士山グッズの販売所、無料休憩所、

富士川SA上り(東名)富士川楽座のレストラン駿河路

パノラマレストラン駿河路が。

こんなところで海鮮丼食べたら、さぞや美味しいだろうなあ。。。

そして3階には、富士山のフードコートテラス、富士山が見えるフードコートです。

この日は曇っていて見えませんでした、残念。

まるとく市場という、新鮮な食材やお土産が揃ったコーナー。

テイクアウトメニューのお店、またタリーズコーヒー。

2階に行くと「体験館どんぶら」という子供向けの体験館があります。

クラフトやスタンプラリー化学が楽しめる場所になってます。

 

そして地元新鮮とれたての農産物や花が販売されているところ、

富士川SA上り(東名)富士川楽の屋外名産品売り場

これは3階の屋外で。

この販売所を見ると「道の駅」らしさを感じます。

2階には、「戸塚洋二ニュートリノ館」というのもありますね。

そして1階へ降りると富士市の「観光案内所」があります。

どこへ行こうかなって迷っているなら、ここに来れば大丈夫。

富士川サービスエリアに来れば、家族連れが半日は楽しめるところだと思います。

 

スゴイなあ、ファミリーにバッチリ、とくに小学生の子は喜びそう。

それにしても食べるところありすぎで、迷う迷う。

富士川楽座(複合施設の道の駅)へは一般道からも行けます。

富士川SA上り

 




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

1 dummydummy dummy dummy