伊奴(いぬ)神社(名古屋市西区)安産・子授けのご利益・七五三は12月下旬まで

スポンサーリンク



伊奴神社(名古屋市西区)の本殿

名古屋市西区にある「伊奴(いぬ)神社」は安産・子授け・夫婦円満・家内安全などにご利益の大きい神社として知られています。

が、そればかりではありません。無事子宝に恵まれた後は、初宮参りと七五三参りでも賑わいます。

先日参拝にいったところ、七五三参りのご祈祷は12月下旬まで受けているそうですから、心の広い神社のようです。

伊奴神社は「いぬ」を連れてのお参りができそうですが、実は犬を連れての参拝はNGとなっていますので注意してくださいね。

では伊奴神社のご利益ですが・・・

 

スポンサーリンク

伊奴神社のご利益

伊奴神社(名古屋市西区)の主祭神の一柱は、伊奴姫神(いぬひめのかみ)で、大年神のお妃様。

子授けや安産、夫婦円満そして家内安全などに大きな御神徳を授けてくださる神様として、神社名の由来にもなっています。

伊奴=犬=安産で子沢山ということから、妊娠出産を望む若夫婦からの信望も厚いです。

 

病気平癒と商売繁盛にもご利益がある

伊奴神社は他にも「病気平癒」「商売繁盛」にもご利益が大きいといいます。

これは伊奴神社内にある「大杉社」で病気平癒の神様がまつられ、この大杉をなで患部をさすると治るといわれています。

伊奴神社(名古屋市西区)の大杉社

また樹齢800年を超える御神木があり、金運招来・心願成就を願えます。

伊奴神社(名古屋市西区)の白龍社

商売繁盛にご利益のある玉主稲荷社もあります。

伊奴神社(名古屋市西区)の玉主稲荷社

本殿にお参りしたあとは、これらの社へもいつもお参りしています(欲張りですね^^)。

 

伊奴神社(名古屋市西区)の七五三参りは12月中も

本殿前には、犬の石像があります。その横に看板があり、たいていは11月下旬には終わりになる七五三参りですが、伊奴神社では12月下旬までOKとなっています。

伊奴神社(名古屋市西区)の犬の石像

七五三参りの参拝期間は長くなっている?伊奴神社さんが心が広いから?

とにかく安産・子授けにかぎらず、病気平癒や商売繁盛の祈願についても、いつでも受け付けしていますよ。

時間は9:30~16:30まで、予約は不要です。

 

伊奴神社の外観と参道・境内

伊奴神社の外観です、鳥居のある南側を写しました。

伊奴神社(名古屋市西区)の外観

大きな幟があり、その間に大鳥居があります。大鳥居をくぐると、参道です。

伊奴神社(名古屋市西区)の大鳥居

大鳥居をくぐりました。

伊奴神社(名古屋市西区)の参道

次に見えている鳥居のことろからは、境内になりここからは「犬」は入れません。

境内の様子は、さきほどの樹齢800年のご神木が左手に、右手に玉主稲荷社があり、玉主稲荷社のすぐ奥に「大杉社」があります。

左奥には社務所があり、ご祈祷待合所、そして正面は本殿です。↓写真

伊奴神社(名古屋市西区)の本殿

広い境内ではありませんが、最初は参拝案内図を見るとわかりやすいです。

参拝案内図は、二番目の鳥居をくぐるとすぐに目にはいりますよ。

伊奴神社(名古屋市西区)のご祈祷案内、参拝案内図

伊奴神社には参拝者専用の無料駐車場が52台分完備されています。初詣でない限りは停めることができます。

安産・子授かり祈願のこととともに駐車場やアクセス方法についても書いたので、参考にしてね→安産子授かりは伊奴(いぬ)神社(名古屋市西区)で祈願・駐車場案内

伊奴神社 愛知県名古屋市西区稲生町2丁目12

犬を連れての参拝がしたい!というお気持ちはお察ししますが・・・→「伊奴神社(いぬじんじゃ)は犬ペットは連れていける?入れない?

恋みくじなどおみくじ充実!→「伊奴(いぬ)神社・満開の桜と恋みくじなどの選べるおみくじが人気(名古屋市西区)

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy