蛇池神社 初詣2023/信長の大蛇伝説/駐車場アクセス/栄名古屋駅/祭り(名古屋市西区)

スポンサーリンク



蛇池公園(名古屋市北区西区)満開の桜

◆蛇池神社と蛇池、満開の桜

名古屋市西区の蛇池公園にある「蛇池神社」には、若き信長の大蛇伝説が伝わります。

2020年大河ドラマの「麒麟(きりん)がくる」でも、その逸話が登場したことで、信長ファンならずとも気になる蛇池です。

蛇池は現在は静かに水をたたえた小さい池ですが、信長ゆかりの地ということで、ぜひ訪れてみてください。

  • 蛇池神社と信長の大蛇伝説
  • 龍神信仰に伴う祭礼
  • 駐車場やアクセス

についてお伝えしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蛇池神社と信長の大蛇伝説

蛇池公園(名古屋市北区西区)にある蛇池神社

◆蛇池神社のほこら

蛇池神社のほこらは、1909(明治42)年建立。

当時干ばつが40日以上も続き、近くの光通寺の住職が雨ごいをしたことで雨が降り、村民が龍神に感謝して建てたものとつたわります。

別名「龍神社」。

スポンサーリンク

信長の大蛇伝説とは

蛇池神社、蛇池のいわれ(名古屋市西区)

◆蛇池の由来

ここには若き織田信長の逸話が残ります。

大蛇伝説は「信長公記(しんちょうこうき)」に記されています。

戦国時代のある日、又左衛門という農民がこの池を通りかかった際、突然大雨に。

池(今よりも何倍も大きかった)から10m以上もある大きな蛇が現れた。

そのうわさが広まり、若き信長の耳にも入ります。

信長は退治するため、近隣の農民の手を借りて中の水をくみだし、自ら池へもぐり大蛇を探した。

しかしながら大蛇は見つからず。

そのことから「蛇池」とよぶようになったそうです。

すぐに確かめ行動するところが信長らしい逸話ということのようですね。

スポンサーリンク

蛇池神社の祭礼の行事について

蛇池神社で行われる大きな祭礼は二つあり、地元の人の協力で長年続いています。

蛇に感謝する「お櫃(ひつ)流し大祭」

助けられた蛇が、母を亡くした子を養育したという伝説があり、

蛇に感謝する「お櫃(ひつ)流し大祭」が、毎年4月第2日曜日に行われています。

蛇池神社の櫃流(ひつながし)神事の案内

◆蛇池のお櫃流し大祭

  • お櫃流し大祭の余興:午後1時ごろから
  • 神事:午後3時ごろから
  • お櫃流し:午後4時頃から

万灯流し大祭毎年8月20日

毎年8月20日に行われる「万灯流し大祭」は、地元の夏の風物詩。

「万灯」は手のひらほどの大きさの曲物にロウソクをのせ、色紙で覆ったもの。

家内安全、病気平癒などの願いを紙に書いて祈願します。

池の中央で浮かべられた万灯はとても幻想的な眺めに。

  • 神事:15時30分
  • 盆踊り:19時
  • 宮司が万灯に祈祷をささげる:20時
  • 白装束の男性が万灯を小舟にのせ蛇池中央へ:21時10分
  • 万灯流し:20時15分
  • 打ち上げ花火:20時30分
  • 終了:21時

蛇池神社の駐車場とアクセス方法

蛇池神社の駐車場

蛇池神社の専用駐車場はありません。

神社は蛇池公園の中にあり、蛇池公園用の駐車場はありますが、隣接のテニスコート利用者専用です。

ですから周辺の路上にとめることになります。

蛇池公園(名古屋市北区西区)南の広い道路で路上駐車

◆蛇池公園周辺の路上駐車

蛇池公園の南に広い道路があるため、そこに多く車がとまっています。

公園周辺は駐車禁止のマークはありませんが、自己責任でお願いします。

なお有料のコインパーキングは近くにはありません。

蛇池神社へのアクセス・最寄り駅

<地下鉄の場合>

  • 地下鉄鶴舞線「庄内緑地公園」下車 徒歩20分

<城北線の場合>

  • 東海交通事業城北線「比良」下車 徒歩1分

<市バスの場合>

  • 市バス「蛇池神社前」下車 徒歩すぐ

栄駅・名古屋駅からの行き方

  • 栄駅からは、名古屋市営バス栄11如意車庫前行にのり、蛇池神社前下車(乗車時間26分・大人210円)
  • 名古屋駅からは、名古屋市営バス 名駅12如意車庫前行にのり、蛇池神社前下車(乗車時間約28分・大人210円)
  • 名古屋駅から市営地下鉄は東山線 藤が丘行に乗車、伏見で鶴舞線 上小田井行に乗り換え、庄内通り下車(約13分・大人240円)

蛇池神社・初詣2023年

蛇池神社は池のほとりにある小さな神社で、初詣の期間も参拝者で込み合うほどではありません。

それでも三が日は、地元の方はじめ信長ファンの方たちが多数おとずれます。

行列ができて困るほどではないのですが、付近のコインパーキングはないため、少々はなれての駐車を覚悟してください。

公園内にあるため、参拝時間に制限はありません。

お花見のシーズンには屋台が数件でていますが、初詣のときは出る年、出ない年とあり、2023年は期待が持てます。

蛇池神社周辺は桜の名所

蛇池神社と蛇池、濃いピンク色の桜と

◆蛇池神社と蛇池、濃いピンク色の桜とともに

蛇池神社のほこらは蛇池のほとりに建ちます。

蛇池公園(名古屋市北区西区)満開の桜並木、お花見の人

◆蛇池公園の桜

蛇池の周辺と堤の上には、ソメイヨシノがたくさんあり大木ばかり。

お花見のシーズンには見事な花を咲かせています。

蛇池公園のと蛇池の桜満開

◆蛇池公園と池と桜

桜が咲き始めるころにはこいのぼりも掲げられ、蛇池が華やぎます。

蛇池神社 初詣2023/信長の大蛇伝説/駐車場アクセス/栄名古屋駅/祭り(名古屋市西区)おわりに

蛇池神社の周辺は蛇池公園で、芝生が広がり平坦な地面もあります。

幼児~小学生向け遊具もあり、陽気がよければピクニックもできる風通しのよい場所です。

<関連ページ>

おなじ西区にある伊奴神社は安産・子授かり

伊奴(いぬ)神社/初詣2023/安産祈願/初宮詣/七五三/御朱印/時間や料金/駐車場アクセス
名古屋市西区にある伊奴(いぬ)神社について詳しくまとめました。安産祈願の詳細。御利益、御朱印、お守り、いぬ守り。初宮詣・七五三のご祈祷時間、料金。予約不要。初詣2023の混雑屋台の予想。駐車場とアクセス方法についても。

蛇池公園はお花見にも!

蛇池(じゃいけ)公園のお花見は洗堰堤まで・名古屋の桜穴場/駐車場とアクセス(西区)
名古屋市西区の蛇池(じゃいけ)公園はお花見に最適な、穏やかな公園。 洗堰(あらいぜき)までの区間に桜並木があり、3月下旬から4月にかけて見ごろです。 桜並木も立派ですし、蛇池公園の桜は枝が目の高さで観られます。 お花見のシートは桜...

蛇池神社 所在地:名古屋市西区比良1-291 下の行のワンクリックでコピーできます。

名古屋市西区比良1-291



スポンサーリンク
スポンサーリンク
名古屋市
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました