丹敷(にしき)の湯・を体験(道の駅なち)・料金と時間/(和歌山県那智勝浦町)【動画あり】

「丹敷の湯」(道の駅なち)(和歌山県那智勝浦町)の入り口

◆「丹敷の湯」(道の駅なち)の入り口

「道の駅なち」に併設の温泉「丹敷(にしき)の湯」で温まってきました。

たっぷりあふれ出る熱い湯が、旅の疲れをいやしてくれリラックスできました。

JR那智駅にあり、那智、熊野の旅には立地が抜群。

では料金や時間、温泉のお湯など詳細を体験報告しますね。

「丹敷の湯」(道の駅なち)(和歌山県那智勝浦町)の入り口

◆「丹敷の湯」は交流センターの二階

「丹敷の湯」は道の駅なちの交流センターの中の二階にあります。

「丹敷の湯」(道の駅なち)温泉受付の案内◆「丹敷の湯」(道の駅なち)温泉受付の案内

スポンサーリンク

丹敷の湯(道の駅なちにある)の料金・時間

「丹敷の湯」(道の駅なち)(和歌山県那智勝浦町)温泉の入り口のれん

◆温泉入り口ののれん(丹敷の湯)

「丹敷の湯」料金

  • 料金:大人600円 子供300円

JAFの会員は430円。

受付は有人です。

「丹敷の湯」営業時間

  • 営業時間:13:00〜22:00(受付は21:00まで)
  • 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

駐車台数

50台、道の駅と共同

貴重品はコインロッカーに

「丹敷の湯」(道の駅なち)温泉受付のとなりにある貴重品ロッカー

◆「丹敷の湯」温泉受付のとなりにある貴重品ロッカー

貴重品を入れるコインロッカーが受付のとなりに置いてあります。

脱衣場にはコインロッカーはなく、かごが置いてあるだけなので、お財布・スマホなどはここに。

温泉・お風呂の様子

若い女性が温泉にはいってくつろぐ画像

内風呂のみ

「丹敷の湯」には露天風呂はありません。

お風呂は広い浴槽と、寝湯がふたつ。

熱めのお湯が湯口から大きな浴槽にあふれ出していて、寝湯の方にはさらに熱い湯が流れ込んでいます。

女湯ですが、シャワー付きカランが8人分、仕切りはないです。

シャワーがとても強力です。

女湯は窓ガラスが曇っていて、外から見えないようになっています。

※男湯での相方の話・・・サッシをあけて外に出てみると駅の上でその向こうは海、とても気持ちよい風に吹かれることができると。熱い湯に入れ風にあたるとサウナのように「ととのう」ようです。

アメニティや設備

ボディソープ・シャンプー・リンスあり。

ドライヤー3台、水は紙コップでいただけました。

サウナ、露天風呂なし。

テレビなし、BGMなしでしずか~に入ることができます。

脱衣かごなので、古くからある銭湯のような雰囲気でした。

泉質について

  • 泉質:アルカリ性単純温泉
  • 源泉温度:25.6度
  • 湧出量:毎分100リットル
  • 源泉名;錦の湯

加水なし、入浴に適した温度を保つために加温、循環ろ過とかけ流しの併用、週に1回完全換水している。

「丹敷の湯」おわりに

「丹敷の湯」は駅の隣ですが、テレビやBGMがなく、流れ出る大量のお湯の音だけが浴室に響き渡る、温泉そのものを堪能できる温泉でした。

男湯からはサッシをあけて屋外にでることもでき(そんなことをする人は少数か?)クールダウンもできそうです。

日曜夜の利用でしたが利用者は多くはなかったです。

「丹敷の湯」は静かに温泉を楽しむことができ、地元の人に愛されている温泉なのだと思います。

「丹敷の湯」(道の駅なち)温泉のいわれ

◆「丹敷の湯」温泉の由来

「丹敷(にしき)温泉」の由来によると、

那智駅の 交流センターの前面に広がる海岸は、日本書紀に登場する神武天皇の東征の上陸地とも言われている。

神武天皇が大和に向かうにあたりこの地に上陸する際、地元の豪族「丹敷戸畔(にしきとへ)」 の抵抗に あったが、これを抑え 八咫烏に導かれ大和に入られたと伝えられている。

「丹敷戸畔(にしきとへ)」は現在 熊野三所大神社 にまつられている。

(丹敷の湯にある由来による)

ということで源泉名「錦温泉」は、「丹敷(にしき)」温泉という名称というわけです。

静かに穏やかに熱い湯を堪能できるいい温泉です。

温泉の詳細は⇒「那智勝浦町 那智交流センターHP」

この後数キロにある「道の駅たいじ」へ移動して車中泊しました⇒「「道の駅 たいじ」で車中泊を体験・食事やモーニング/鯨の町(和歌山県太地町)【動画あり】」

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮361−2 道の駅なち

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮361−2 道の駅な

 

道の駅くしもと橋杭岩・道の駅たいじ車中泊還暦夫婦温泉旅【紀伊半島一周2020その10】【動画】

スポンサーリンク
和歌山県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました