那智の滝の観光・駐車場/所要時間/まずは歩かないコース(和歌山県那智勝浦町)【動画あり】

「青岸渡寺」の三重の塔(和歌山県那智勝浦町)から那智の滝の絶景が見える

◆「青岸渡寺」の三重の塔から見た「那智の滝」

滝つぼまで落差133mもある「那智の滝」は、日本一の名瀑

また熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社のご神体として信仰と畏敬を集めてきました。

先日間近まで行って見ることができ、その真っ白で雄大さまが目にやきついています。

近づきがたい熊野の奥にある「那智の滝」ですが、幸い車を近くで停めることができるので、徒歩わずかで見学できます。

まずは一目見たい、という観光に近くの駐車場をお知らせします。

スポンサーリンク

「那智の滝」の駐車場

那智の滝 那智大滝 (和歌山県那智勝浦町)

◆那智の滝 那智大滝

「那智の滝」を目指して曲がりくねった県道46号を進むと、やがて「那智の滝」の案内版を見つけます。

現地につく少し手前に有料駐車場が出てきますが、やり過ごし、「那智の滝」が見えた瞬間の左手に出てくる駐車場にとめると、最も近いです。

那智の滝 那智大滝 有料駐車場(和歌山県那智勝浦町)

◆那智の滝 那智大滝 有料駐車場

最も近い駐車場は一回500円

駐車場は複数あり、この付近は500円のところが何か所かあります。

またそのまま少し進むと、「那智の滝」から少し離れるので400円の駐車場も見えてきます。

熊野那智大社・那智の滝・那智山への駐車場 400円(和歌山県)

◆那智の滝 那智大滝 有料駐車場

「那智の滝」が見たいだけの人は、遠くになるのをいやがるので、一番近い所にとめるのが得策。

「那智の滝」を間近に見る「お瀧拝所」

お瀧拝所 滝のそばまでいける(有料)

◆お瀧拝所 滝のそばまでいける(有料)

「那智の滝」を間近に見るには、「お瀧拝所」に行くことになります。

ここに入らないことには、那智の滝の全景は見ることができません。

(ペットははいれません)

「お瀧拝所」の料金(参入料)

  • 大人300円
  • 中学生以下 200円
  • 団体(30人より)一人 280円

参拝可能時間

  • 午前7時~午後4時30分

お瀧拝所からの「那智の滝」

那智の滝「お瀧拝所」の参入口(和歌山県那智勝浦町)

◆那智の滝「お瀧拝所」の参入口

参入料を支払い、那智の滝がまじかに見える舞台へとすすみます。

那智の滝「お瀧拝所」へあがる(和歌山県那智勝浦町)

◆那智の滝「お瀧拝所」へあがる

階段を少しあがり、お瀧拝所にあがります。

 

この間に、「延命長寿の水」が飲めるところがあり、飲みたい人は盃を100円で購入。

那智の滝(和歌山県那智勝浦町)延命長寿の水を飲むための盃

◆那智の滝・「延命長寿の水」を飲むための盃

常時流れる水はいくら飲んでもOK。

那智の滝「お瀧拝所」(和歌山県那智勝浦町)

◆那智の滝「お瀧拝所」から

ただ流れ落ちる水の音が、眼前で響き渡ります。

日本一の大滝がここに。

滝つぼは位置を変えてみることができます。

那智の滝「お瀧拝所」から見る那智の大滝

ここにいるとほんのりと清々しい水しぶきがかかります。

流れは滝つぼから山を下り、那智川へと流れて行きます。

素晴らし光景です。

昔々から、この神々しい滝を畏敬の念をもって眺めてきたのですね。。。

見学が終われば、来た道とは別の道で「お瀧拝所」をおります。

那智の滝で日本一のおみくじをひく◆那智の滝で日本一のおみくじをひく

日本一の滝にちなんで133センチあるという、「日本一のおみくじ」をひいてみます。

年季のはいった日本一のおみくじ、重いです!(腱鞘炎なのでちょっとつらい)

夫に助けてもらい逆さにできたおみくじ(91番かとおもいきや16番でした 巫女さんに笑われる)。

努力をすればむくわれるという「中吉」でした^^

「那智の滝」所要時間

一番近い駐車場にとめて、「那智の滝」を見学鑑賞して、また車に戻るまでの所要時間は、約15~20分。

滝までの距離が短いので、こんな短時間で観光ができます。

「那智の滝」車で最短で行くまとめ

「那智の滝」の見学鑑賞は、車から下りて最短で15分。

費用は一番近い有料駐車場(500円)、「お瀧拝所」参入料300円。

那智の滝お土産

那智の滝・那智大社のお土産 那智黒

◆那智の滝・那智大社のお土産 那智黒

昔から有名なお土産は黒い飴の「那智黒」ですね、子供の頃テレビでよくCMを見ました。

那智の滝・那智大社のお土産 黒い石、すずり、碁石など

◆那智黒石(なちぐろいし)の硯・文鎮・置物などのお土産品

那智黒石でつくられた製品のお土産も多数あります。

昔は金の品位を鑑定するために、こすってその条痕を見るための石そのものを試金石といっていて、その試金石として那智黒石は最良のものだったそうです。

「那智の滝」まとめ

古くから人々の畏敬を集めてきた那智の滝は、「一の滝」とも呼ばれ日本三大名瀑の一つ。

真っ白で勢いよく落ちるさまは潔く、心が洗われる感じがします。

車ですぐ近くまで行けるので、滝を観るだけならわずかな距離を歩くだけで行けます。

「推奨されているコース」あり

石畳が美しい「大門坂」を上り、熊野那智大社、那智の滝へのコースがおすすめコースで推奨されています。

距離:約2.7km 標準歩行時間:約1時間(※歩行時間に休憩時間は含まず)のおすすめコース

散策時間を含めて考えると、大門坂駐車場~大門坂~那智山~大門坂駐車場に戻るまで、余裕をもって、約2時間半から3時間ほどの所要時間を見込むとよいです。

※毎年7月9日と12月27日には、古来からの神事にのっとり、神社(飛瀧神社)の御神体としてこの滝を崇め、「御滝注連縄張替行事」が行われる。

大晦日から元旦にかけて那智の滝ではライトアップが行われる。

私たちは「那智の滝」の前に「那智大社」を見学、駐車場は無料のところから那智大社に上がり、那智の滝を見学しました、その所要時間は1時間50分でした。

那智山をのぼりおりるという工程なので、トレッキングのような感じでした。

その詳細記事はこちら⇒「「熊野那智大社」の観光・駐車場/ランチ/所要時間/(和歌山県那智山)」

(2020年11月16日(月)訪問観光)

 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 那智の滝

 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 那智の

那智の滝・熊野那智大社・車中泊還暦夫婦温泉旅【紀伊半島一周2020その11最終回】【動画】

「道の駅ウミガメ公園」が観光に利用しやすいので、車中泊可能かどうか見てきました⇒「「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」車中泊は?現地確認。食事メニュー(三重県紀宝町)」
スポンサーリンク
和歌山県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました